ラバーダム防湿を行う根管治療

根管治療、痛いの原因

根管治療に関する痛みについて

歯髄(神経)がある歯で虫歯が進行すると、感染がエナメル質、象牙質内での感染で冷たいものがしみる、何もしないくても痛い自発痛が現れたり拍動性の痛みが出てきます。虫歯の感染が神経まで到達すると一般的には、神経を取る処置、すなわち抜髄と言われる処置が必要になります。そのまま根管治療をしないで放置すると何度かの炎症を繰り返し、歯の中の神経は、知覚を失い完全に死んでしまいます。これでは根管治療が必ず必要になります。

一般的な診断では、打診痛や冷水痛があると抜髄処置が多くは行われますが、吉松歯科医院では、マイクロスコープを使って感染部の徹底した除去、再び感染しないようにきちんと封鎖をして、バイオセラミック系材料を用いて歯の神経の一部を除去して、残りは可能な限り神経を残す事が可能です。
吉松歯科医院では根管治療、歯の神経がない状態であって通常麻酔をしてから根管治療を行います。これは根管治療中に激しい痛みの可能性はいつも有るからです。根管内に感染部、汚れが残ったままだと根管治療中の痛みの原因になり、かつ根管治療の失敗になります。根管治療中は麻酔が効いているので痛みはありませんが、こ根管治療後に根尖部から器具を根尖外に出してデブリ、感染部を取り除くような技術を持っています。その処置を行うと麻酔が覚めた後、数日違和感を感じる事があります。

痛みの原因は、基本的には炎症の症状ですのでその炎症を取り除く事が一番になります。そのため、麻酔をして完全なラバーダム防湿を行い唾液による感染がない環境にしてから根管治療をマイクロスコープで拡大した状態で取り残しがないように根管治療を行い事が最も重要な事です。

解剖学的に根尖部は非常に複雑な形態をしているので、再根管治療をなんども受けている歯であれば、根尖部が元々の形から壊れてしまっているので感染部を取り除くため大きく開けてMTA,

バイオセラミック系材料で封鎖する事がとても重要になります。象牙質には、象牙細管という管状になっていて、その管状の中にまで細菌が入り込んでいる事がわかっています。そのため機械的な根管拡大をしたのちに、化学的な根管洗浄を行う必要があります。吉松歯科医院では17%EDTAで無機質を脱灰して6%NaOCLj次亜塩素酸にて根管内を化学的に洗浄いたします。レーザーを用いたり音波を用いて薬剤の効果を最大限に引き出し、細かい側枝や分岐部、薬剤が行き渡るような工夫をしています。根管治療は細菌との戦いなので徹底たした衛生管理が必要となります。

根管治療の痛みとして、他に歯が割れている事があります。神経がある歯で歯が割れてしまうとエナメル質から象牙質にかけてヒビが入っていると、硬いものを噛むと痛い、時々冷たいものでしみるなどの症状が現れます。臨床ではヒビがどこまで入っているのかは判りませんが、可能な限りヒビを少しずつ削り歯の神経を残すための努力を吉松歯科医院ではしています。

歯の神経がない歯でヒビが入っている場合は、標準的な根管治療専門医の診断では抜歯の対象になります。しかし吉松歯科医院では予後10年を超える破折歯の治療例を数多く持っています。破折線に沿って細菌が繁殖して炎症を起こして痛みの原因になっているのでは破折線を清潔な状態にして接着をさせると言う事をするのですが、技術的にとても難易度が高く、誰でもができるような歯科治療ではありませんが、吉松歯科医院では、破折歯の治療保存にも力を注いでいます。