ラバーダム防湿を行う根管治療

マイクロスコープ歯科治療、顕微鏡歯科治療東京

虎ノ門 吉松歯科医院では歯科治療に顕微鏡を使う事で肉眼による治療の何倍もの視野を得て多くの情報を確認できるようになりました。歯科治療の大きな役割は歯の感染部分を徹底的に取り除く事だと前回お話ししましたが見えれば見えるほど徹底してやり抜く力と根気が必要になります。それを助けてくれる相棒が私にとってはマイクロスコープ(顕微鏡)なのです。

歯科治療においてマイクロスコープの役割は単純に一方向から拡大して視野を広げているだけではありません。術者が自由にフットスイッチやマウススイッチで本体を操作することで見る角度も変えています。手は診療をしながら足で動かせるマイクロスコープが開発されたことは画期的な出来事でした。数年前までは吉松歯科医院でも診療しながら手で操作するアナログなマイクロスコープを使用していました。診療中ドレープをしているにしても唾液や血液がついた手でマイクロスコープに触れなければならない状況はとても煩わしいものでした。より安全でスムーズな歯科治療をするために現在のマイクロスコープを導入しました。どのメーカーでも上位機種であればフットスイッチでマイクロスコープのズーム、フォーカス、X軸Y軸移動ができるようになり更に記録のための静止画、動画撮影の機能が初期装備になりました。

顕微鏡映像を治療直後に患者様にお見せできることは最も解りやすい説明ではないかと考えています。2時間を超える治療の後で疲れているのに現実の映像を見せられてショックを受ける方も中にはおられるのかもしれません。しかし元々歯科は何をされているのか最も分かり難い診療科と言われ、痛みがでるまで敬遠される傾向にありますから客観的に見えるということに安心感を持ってくださる方は多いように思います。

マイクロスコープ本体と最も切り離せない道具はミラーです。歯を360度周りからや根管内部奥までをよく見る為に傷がなく一定の反射率のミラーを何種類か使い分けながら作業をしています。顕微鏡歯科治療におけるミラーの重要度は非常に高いのですが繊細な表面は傷つきやすく管理してくれるスタッフ泣かせな器具の一つです。

つづく