根管治療

根管治療(根幹治療)の目的や必要になる状況・流れについて

根管治療(根幹治療)

顕微鏡下根管治療(根幹治療)の目的

健全な歯の中心には神経が通っています。しかし、虫歯などにより感染部分が神経まで達してしまうと、神経を取ることになります。空洞になってしまった神経が通っていた道(根管)の感染部をきれいに取り除き、空洞に清潔な薬を隙間なく詰めてきちんと蓋をすることが目的です。

根管治療(根幹治療)は言い換えれば歯の内側から感染した歯を削る行為です。根管の形状はそれぞれの歯によって形態が違い、治療器具が届かない部分もあるので慎重に進めなければなりません。顕微鏡を通して拡大視野下で歯の内部を黙視することで削る部分を最小限にし、感染部分の取り残しの無い精密な根管治療(根幹治療)を行うことができます。

根管治療(根幹治療)が必要になる状況

細菌が歯の表面のエナメル質、象牙質を溶かし歯髄(神経)まで達すると神経を取ることになります。これが初回の根管治療(根幹治療)です。

主な要因は、虫歯やかみ合わせによりできた表面の亀裂から細菌が入り込むことです。以前根管治療(根幹治療)を受け被せ物をした歯も修復物の適合やかみ合わせの環境により後年細菌が入り込み噛むと痛いなどの自覚症状がでて再根管治療(根幹治療)が必要になります。

根管治療(根幹治療)は歯の内側から感染した歯を削る行為ですから、できれば何度も繰り返さないほうがよいのです。神経があることが最も望ましいのですが、残念ながら神経を取ることになった場合、初回の根管治療(根幹治療)がきちんと行われることが歯の寿命を守ることにつながると考えています。

また、以前根管治療(根幹治療)を受けているが、その後予後が悪く、再根管治療(根幹治療)が必要になる場合、日本では神経を取る根管治療(根幹治療)よりもこちらの再根管治療(根幹治療)の頻度の方が多くあります。その最大の原因は、ラバーダム防湿をしないことにあります。唾液の中は細菌だらけなので、その細菌が根管に入るとその時点で感染が始まります。

吉松歯科医院の根管治療(根幹治療)の流れ

1回のご予約は2時間以上(1回の麻酔で進められる時間)で状態により予定回数は異なります。初回診療時お知らせしますが、その通りとは限りません。ご了承ください。

お急ぎでない場合は、麻酔や治療のお疲れの回復を見越して10日以上開けて次回のご予約をお取りいただきます。ご遠方からお越しの患者様は次回のご来院予定日に合わせて処置をさせていただきますので、ご相談ください。

  1. CTやレントゲンなどで根管治療(根幹治療)の必要性を検証します。神経を残せる可能性がある場合はご説明します。

  2. 麻酔と並行して口腔内清掃を行います(理想的な治療に出会えても口腔内が不潔な場合は歯の寿命が短くなります)。

  3. 唾液の侵入や薬液の漏れを防ぐために、患歯を隔離するための装置を付けます(ラバーダム防湿)。

  4. 顕微鏡で確認しながら感染部分を検知薬で染め出し少しずつ削り取っていきます。

  5. 根管の形状はそれぞれです。器具で届かないところは塩素で洗浄します。

  6. 清潔になったことを確認後、バイオセラミックを隙間ないように密に詰めます。

  7. 歯と適合のいい土台で蓋をして根管治療(根幹治療)終了です。