「食事はよく噛んで食べなさい」としつけられた方は、多いと思います。では、なぜよく噛むことが大切なのでしょうか?

そこで今回は、よく噛むことの効果やメリットをご紹介します。今は柔らかい食品も多く、その気になればほとんど噛まずに食事をすることもできるでしょう。しかし、子どものころからよく噛まずにものを食べる習慣をつけてしまうと、成長にも悪影響が出るのです。

また、よく噛んで食事をするコツもご紹介しましょう。興味がある方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. あごが細いのはよく噛まないことが原因?
  2. あごが発達しないと起こるデメリットは?
  3. よく噛むメリットは?
  4. ものをよく噛むにはどうしたらいいの?

続きを読む


危険8020運動をご存じですか? 80歳まで自分の歯を20本維持しようという啓発活動。歯科医院では、患者の口腔(こうくう)環境をきれいにする意識向上に向け、8020運動の呼びかけを行っています。
自分の歯を残せるのは、見栄えの良さだけに着目しているわけでありません。自分の歯でしっかり噛(か)める喜びを、患者さん自身で感じ取ってもらいたいからです。
若いころは、歯が抜け落ちてしまう心配などなかったでしょう。しかし、加齢・生活習慣・ケア不足などの悪条件が重なると、自分の歯を維持できなくなります。
若い方でも、歯がぐらつくなどの症状を引き起こすことも。
歯がぐらぐらする原因や対処法などをご紹介しましょう。

  1. 歯がぐらつく原因
  2. ぐらつきを放置したことによる影響
  3. 歯がぐらついたときの対処法
  4. まとめ

続きを読む


食事中に起きるお口のトラブルといえば、『口の中を噛(か)む』『逆流して鼻の方に食べ物が詰まる』『歯間に食べ物が詰まる』が3大トラブルではないでしょうか。

どのトラブルも、せっかくの食事を台無しにし、大きなストレスを私たちに与えてきます。特に、歯間に食べ物が詰まると見た目にもみっともないものです。

そこで今回は、歯間に食べ物が詰まりやすい方たちのために、原因や予防法・対処法についてご紹介します。ぜひ最後までおつきあいくださいね。

  1. 歯間にものが詰まりやすい原因
  2. 詰まった食べ物を放置してはいけない理由
  3. 予防法と対処法

歯にモノが詰まりやすい方必見! 詰まる原因と放置の恐ろしさとは?

続きを読む


「八重歯がチャームポイント」と言われている芸能人はたくさんいます。実際に、笑うと見える八重歯がアクセントになり、かわいらしいイメージがあるでしょう。しかし、最近になって八重歯を矯正する芸能人も増えています。八重歯をコンプレックスに感じている人も多いのではないでしょうか。

見た目の問題だけではありません。実は、八重歯があることにはさまざまなデメリットも。

「八重歯を抜歯すべきか迷っている」「八重歯を抜歯するメリットを知りたい」「そのままにしておくとどうなるのか?」そんな人たちのために、八重歯を抜歯するメリットとデメリット、そのままにしておくことの問題点などをまとめてみたいと思います。

  1. 八重歯を抜歯するメリットとデメリット
  2. 八重歯をそのままにしておくとどうなる?
  3. 抜歯以外の選択肢は?

続きを読む


硬い食べ物を噛(か)んだとき、急に歯が欠けてしまったという経験をされた方もいらっしゃるでしょう。突然のことで、誰でも驚いてしまい、戸惑いますよね。特に前歯が欠けてしまうと、痛みだけでなく、恥ずかしさも感じてしまうはずです。歯は、原因が虫歯でなければ、欠けてしまっても修復することができます。前歯でも、きちんと元の状態につけることが可能です。

すぐに歯科医院に行かなくてはと慌ててしまうはず。歯が欠けてしまったときの応急処置による対処法や、欠けた歯を放置したことで起こるリスクなどをご紹介します。

  1. 歯が欠ける原因
  2. 歯が欠けたときの応急処置
  3. 欠けた歯を放置した場合のリスク

続きを読む


口の中にできた口内炎が気になる。治ってもすぐに再発してしまう。こんなお悩みを抱えていませんか? 口内炎ができると、飲食したりしゃべったりする際に痛みを感じ、日常生活に支障が出ることもあります。また、口内炎は体調のバロメーターです。口内炎が頻繁にできる人は免疫力が低下している可能性があり、そのままにしておくともっと深刻な病気を発症することもあるでしょう。

そこで今回は、口内炎を早く治すためにできることや、口内炎の予防方法を紹介します。この記事を読めば、口内炎を予防するために日頃から気を付けることもよく分かるでしょう。口内炎が頻繁にできて悩んでいるという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

  1. 口内炎を早く治す方法
  2. 口内炎を悪化させないために
  3. あまりに口内炎が痛いときは病院へ

続きを読む


ストレスに潜んでいる虫歯の危険性
「しっかり歯磨きをしているのに虫歯になる…」と悩んでいませんか? そのような場合、ストレスによって虫歯になっている可能性があります。ストレスは私たちの体にさまざまな悪影響をおよぼすのです。

虫歯を防ぐためにも虫歯とストレスの関係、自分でできる虫歯対策、定期的に歯医者へかようメリットについて説明します。虫歯で悩んでいる人は要チェックです。

  1. 虫歯とストレスの関係
  2. 自分でできる虫歯対策
  3. 定期的に歯医者へ通うメリット

続きを読む


眠れないほど激しい歯痛! 効果的な応急処置は?

歯が痛いけれど、歯医者に行きたくないと悩んでいる方は少なくありません。子どもだけでなく大人でも、歯医者が苦手な方は多いのです。しかし、虫歯は放っておいても絶対に治りません。痛みをがまんしているうちに、夜間激痛に襲われることもあるでしょう。

そこで今回は、眠れないほどの歯痛に襲われた場合の応急処置をご紹介します。夜間、激しい歯痛が起こったときに試してみてください。ただし、今回ご紹介するのはあくまでも「応急処置」です。痛みが治まったらすぐに歯医者に行きましょう。

  1. 激しい歯痛が起こる原因は?
  2. 歯痛の応急処置法は?
  3. 歯が急に痛み出さないようにする方法

続きを読む


食後の歯磨きが虫歯の原因? 虫歯になりやすい人の共通点とは?

気がつくと鋭い痛みが走る虫歯。初期のものでも痛みがひどく、仕事や学業に大きな支障をきたすでしょう。鎮痛薬などを飲んでごまかすこともできますが、放っておくとどんどん悪化します。そして、ひどくなるとアゴの骨が腐ることもある恐ろしい病気。できることなら虫歯になりにくい人になりたいものですよね。

そこで今回は、虫歯になりやすい人となりにくい人の特徴について中心にご紹介します。

  1. 虫歯になりやすい人の共通点
  2. 虫歯になりにくい人の共通点
  3. 虫歯を予防するために行いたいこと!

続きを読む


親知らずはいつ生えてくるのかわからないものですが、しっかりと対処方法を知っておけば恐れる必要はありません。痛みがなくても親知らずを放置すると思いがけない問題を抱えることもあるのです。

それでは、親知らずを放置するとどうなるのかを含め、対処方法をご説明します。

  1. 親知らずを知っておこう
  2. 親知らずを放置するとどうなるのか知っておこう
  3. 親知らずの対策方法を知っておこう

続きを読む