歯を残したまま虫歯を治療! 根管治療の流れを知ろう!

ひどい虫歯は抜歯するしかないと思っている方も多いようですが、実は根管(こんかん)治療と呼ばれる保存療法が存在するのをご存じでしょうか?

歯は私たちの『宝もの』です。歯がなくなれば食事をおいしくとる事もできませんし、何より見た目の点で大きなハンデになります。できる事なら残したいですよね。

そこで今回は、歯を残しつつ重度の虫歯を治す『根管治療』について、虫歯の基本的な知識などと共にご紹介いたします。ぜひ、最後までお付き合いください!

  1. 根管治療とは?
  2. 歯の重症度について
  3. 根管治療の流れ
  4. 治療を受ける時の注意点

1.根管治療とは?

『根管(こんかん)』とは、歯の中の歯髄(神経や血管)が入っている細い管のことを指します。 根管治療とは、その根管の中の駄目になった歯髄や汚染された象牙質をリーマーやファイルといった器具で除去し、歯の根の病気を治療・予防することをいいます。英語ではRoot Canal Treatmentと書く事から、『RCT』と略して呼ばれる事もあるようです。

虫歯が歯髄にまで進行してしまうと歯髄が死んで駄目になってしまいます。これを放置すると症状が進み、歯を抜かざるを得なくなってしまいますので、この段階で何とか治療しなければなりません。その際に行われるのが根管治療であり、きちんとした治療ができれば歯を助けることができます。根管治療では何度も通院する必要があり患者にとっては負担になるかもしれませんが、この治療は中途半端にやると危険です。治療中は通院をサボらないようにしましょう。

2.歯の重症度について

歯の治療は虫歯の重症度の診断から始まります。虫歯には『C0~C4』までの症状レベルがあり、数字が大きくなるほど重症度が高くなります。根管治療が必要とされるのは基本的にC3~C4の症状が重いことが多いようですね。ちなみに、数字の前に付く『C』は英語のCaries(骨が侵食破壊される状態)という医学用語を略したものです。

2-1.C0……治療の必要ない初期の虫歯

C0は歯の表面(エナメル質)からカルシウムが溶け出し始めた初期の虫歯で、基本的に痛みはありません。健康な歯の表面は透明感がありますが、カルシウムが溶け始めるとその部位が白っぽくなるのが特徴です。

以前はこの状態も治療が必要とされ歯を削る処置をしていましたが、研究が進んだ現在では適切な歯みがきやフッ素を表面に塗る事で進行が防げる事が分かっており、削る必要はないとされています。ただし、ひどい歯科医院だと患者が分からないと思って削る所もありますので気を付けてくださいね。

2-2.C1……歯の表面の虫歯

歯の表面(エナメル質)が菌に浸食された状態です。これも初期の虫歯で、基本的に痛みはありません。この段階だと基本的に、麻酔を使わない治療で済みます。治療内容も虫歯を取り除いて削った場所にレジンという修復材を詰めるだけと簡単です。さらに、レジンは光に反応してすぐに固まりますので、型取りなどの面倒な作業をする必要がないので時間も掛かりません。C1の段階で虫歯が発見できると、1回の治療で終わります。麻酔なども使わないので治療費用が高額にならないというメリットがあります。歯に違和感を感じたら我慢せずになるべく早く診察を受けに行きましょう。

2-3.C2……象牙質の虫歯

歯の表面を覆うエナメル層の下には『象牙質(ぞうげしつ)』という層があり、最下層にある歯の神経に直接触れる層なのでここまで侵食されると痛みを感じたり、冷たいものがしみるようになります。

歯の状態によっては局所麻酔を使用した治療が必要となり、さらに削る範囲が広い場合はインレーという修復材を歯に詰めなければなりません。このインレーは型をとる必要がありますので、治療に時間がかかります。

また、C2でも1つの歯に複数の虫歯ができている場合には、差し歯治療が必要となる場合もあるようです。ちなみに、差し歯などを使う場合、インレーのみの治療よりも期間が長くなってしまいます。

2-4.C3……神経(歯髄)まで進んだ虫歯

エナメル質、象牙質のさらに奥、最下層部分には『歯髄(しずい)』と呼ばれる歯の神経部分が存在します。この歯髄まで虫歯が侵食すると激痛が歯を襲うようになり、冷たいものなども酷くしみるようになります。さらに、歯だけではなく体にも痛みを感じるようになる事もあります。このような激しい歯の痛みや体の痛みを感じる段階はかなり危険な状態です。侵食率が高く、症状が重い場合だと『根管治療』が必要になる事があります。

2-5.C4……歯が崩れた末期の虫歯

C3のような激しい痛みが発生しているにもかかわらず虫歯を放置すると、やがて痛みがなくなる『C4』の段階がやってきます。なぜ痛みがなくなるのかというと、痛みを感じる神経そのものが壊死してしまうためです。痛みがなくなったから治ったのだと勘違いしてこの状態をさらに放置すると、今度は歯の根に膿みを持つようになり、強烈な痛みを感じるようになります。この段階まで進行した虫歯では麻酔も効きにくくなり、根管治療のような歯を残す治療も困難になり、やむを得ない場合には抜歯する事にもなる最悪の状態です。

さらに、あまりに放置しすぎるとやがて歯を突き抜けて『あごの骨』にまで侵食し、骨髄炎などを引き起こす可能性もあります。こうなると歯科医院でできる治療範囲を超えてしまい、外科的な手術などをする羽目となり大変ですので絶対に放置しないようにしましょう。

3.根管治療の流れ

3-1.初診

初診には1時間程度かかります。マイクロスコープによる診査診断・写真及びレントゲン検査(デンタル・パノラマ必要に応じてCT)をして、どんな治療が必要なのか、大まかな治療回数・期間、治療にかかる費用が伝えられます。

3-2.精密検査

歯のみの治療であれば、その歯の前後やかみ合う歯に合わせて修復ものを作ります。複数本の歯を同時に治療しなければいけない場合は、応急処置が終了後、口の中全体の精密検査が必要になります。

それぞれの歯の状態を調べるためにレントゲンや歯周検査、かみ合わせの状態を把握し、矯正治療の必要性や歯を保存して治療ができるか等を判断します。

3-3.治療計画の提示

精密検査のデータを元に治療計画が書類で提出され、説明を受けます。その後、どのように治療を進めてどこまで治療するのかを相談し、最終的な治療ゴールを決めて治療契約を行います。

3-4.治療開始

計画に沿って実際に治療します。通常は根管治療用の小さな器具を使って、細菌に感染している歯質や歯髄などを除去したあと、薬剤を使用して洗浄・消毒し症状に応じた薬剤を詰めて終わりです。

3-5.治療再評価

治療が計画通りに進んでいるかを確認をします。やむなく治療計画の見直しが必要な場合は、患者と相談の上で決めます。

3-6.治療終了

根管治療が終わって痛みや炎症などの症状が落ち着いたら、根管内への細菌の侵入を防ぐために専用の薬剤で根管を埋める『根管充填(じゅうてん)』という治療を行います。根管充填後に症状が出なければ、詰めものや被せものをして治療自体は完了です。

4.治療を受ける際の注意点

この根管治療には技術力が要求されるため、下手な医師に治療を受けるとトラブルの原因となるため気を付けなければいけません。

歯の根の中は直接見ることができず、形状も人によって異なるため完全に細菌を取り除くのが難しいのです。しかも、半端な技術で細菌を取り残してしまうと、詰めものや差し歯などでふさいだ後に中で細菌が増殖し、虫歯が再発してしまいます。このようなトラブルが起こると、多くの場合は治療した詰めものや差し歯などを作り直さなければならず、最悪の場合は抜歯する羽目になってしまいます。

4-1.根管治療にかかる期間

治療にかかる期間は、炎症の状態や根管の形態によって大きく異なります。炎症や形態に問題がなければ通常1~2週間程度、何かしらの問題があると2~3ヶ月かかることもあります。

まとめ

今回は根管治療についてご紹介しました。

  • 根管治療とは?
  • 歯の重症度について
  • 根管治療の流れ
  • 治療を受ける時の注意点

虫歯は早期発見が大切です。根管治療という素晴らしい治療法はありますが、なるべく早い段階で歯科医院に行くように心がけましょう!

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供