歯の着色汚れを落とすには? ホワイトニングという方法も!

「最近、歯が汚れてきた気がする」「歯みがきをしても歯の汚れが落ちない」など、歯の着色汚れを気にしている人は多いでしょう。歯の着色汚れの原因はなんでしょうか? また、効果的な落とし方はあるのでしょうか?

そこで今回は、歯の着色汚れの原因とその落とし方、さらに歯科医院で行われているホワイトニングの効果についてもご紹介しましょう。歯の着色が気になるという方や、ホワイトニングに興味があるという方はぜひ読んでみてください。

  1. 歯の着色汚れの原因は?
  2. 着色汚れを防止する方法は?
  3. ホワイトニングの効果はどのくらい?

1.歯の着色汚れの原因は?

この項では、歯の着色汚れの原因をご紹介していきましょう。私たちが好んで食べているあの食べ物や飲み物、そして歯の汚れを落とすために行っていることが実は着色汚れの原因なんです。

1-1.色の濃い色の飲み物や食べ物

コーヒーや紅茶・緑茶などの色の濃い飲み物、そしてイチゴやブドウ・カレーなど色の濃い食べ物は歯の着色汚れの原因になります。色の濃い飲み物を真っ白いマグカップで飲んでいるとだんだんマグカップの内側が汚れてきますが、あれと同じことが歯でも起こっているのです。

また、イチゴや赤ワインに含まれている「タンニン」という物質の色や、カレーの黄色い色を出す「ターメリック」という香辛料の色は特に歯に着色しやすいので要注意。その他合成着色料の色の中にも、歯に着色しやすいものがあります。これら色素による着色は、最初のころは単に歯の表面の汚れにすぎません。しかし、時間がたつにつれて歯のエナメル質の中にしみこみ、取れにくくなっていくのです。

1-2.タバコのタールやニコチン

タバコを吸っている人の歯が黄色くなりやすいのは、タバコのタールヤニコチンが原因。たばこに含まれているニコチンやタールは唾液の中のカルシウムと結びついて歯に固着してしまうのです。この汚れはとても頑固で落としにくいので、歯科医院でホワイトニングをしてもなかなか落ちません。しかも、歯周病の原因にもなるのです。やはり喫煙をしてよいことは何もありませんね。

1-3.歯の磨きすぎ

意外なことに、歯を磨きすぎても歯は黄色くなっていきます。歯を強くみがきすぎたり、研磨剤が多く入っている歯磨き粉で歯を磨きつづけたりすると、エナメル質がはがれてしまいます。すると中の象牙質がすけてみえてくるため、歯が象牙質の色である黄色に変色してくるのですね。

歯の汚れを落とそうとゴシゴシ歯を磨くほど逆に歯は黄色くなっていくでしょう。これを防ぐためには歯を優しくみがくくことと、研磨剤があまりはいっていない歯みがき粉を使うことが大切です。

1-4.口腔内の乾燥

口呼吸をしていたり、歯並びが悪くて口が完全に閉じられなかったりすると口の中が乾燥しやすくなり、唾液がうまく口腔内を循環しません。唾液には歯の汚れを落とす効果があるので、唾液の循環がうまくいかなければ汚れが歯にいつまでも残り、着色汚れになりやすいのです。

2.着色汚れを防止する方法は?

では、歯の着色汚れを防止するにはどうしたらよいのでしょうか。この項ではその方法をご紹介しましょう。

2-1.食事の後すぐに歯を磨く

歯の汚れは時間がたつにつれて落ちにくくなります。ですから食事の後はできるだけ時間をおかずに歯をみがきましょう。その際あまり強く歯をみがきすぎないことも大切です。

2-2.コーヒーや紅茶を飲んだ後は口をすすぐ

食後にコーヒーや紅茶など、色素の濃い飲み物を飲んで食事を終える人も多いでしょう。しかしこれは、歯に汚れをつけているようなもの。コーヒーや紅茶を飲んだら軽く口を漱いで歯についた汚れを落とす習慣をつけましょう。そうすれば歯みがきができなくても、汚れが付きにくいです。

2-3.ホワイトニング剤が入った歯みがき粉を使う

歯みがき粉を選ぶ際にホワイトニング剤が入った歯みがき粉を使えば、歯の着色汚れを防止できます。歯みがき粉を選ぶ際は研磨剤ではなく、ホワイトニング剤が入ったものを選びましょう。

この他にも喫煙者は禁煙をするだけで歯の汚れを防止することができます。禁煙をすれば健康にも良いですから喫煙が原因で歯が汚れているという場合は、禁煙外来などに通ってみるのもひとつの方法でしょう。

3.ホワイトニングの効果はどのくらい?

近頃は、ホワイトニングを施術してくれる歯科医院が増えてきました。ホワイトニングにはどのような方法があるのでしょうか?この項ではホワイトニングの種類やメリット、デメリットをご紹介していきましょう。

3-1.ホワイトニングって何?

ホワイトニングとは歯みがきや通常のクリーニングでは落としきれない歯の汚れを、歯の色素を分解し、明度を上げることで白くする方法です。安全性が高く、歯への影響も少ないですから、歯の着色汚れがどうしても落ちないという方にはお勧めでしょう。ホワイトニングは大きく分けて以下のような3つの種類があります。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングです。歯に専用の薬剤を塗布して専用の器具でホワイトニングをする方法が一般的。即効性はありますが、持続時間が短く費用が高いのが難点です。

ホームホワイトニング

こちらはまず歯科医院でマウスピースを作り、そこに薬剤を塗って自宅で装着することで歯を白くしていく方法です。こちらは効果が出るまで2週間ほどかかるのが難点ですが、オフィスホワイトニングよりも効果が持続しやすく、安価でできるというメリットがあります。

デュアルホワイトニング

これは歯科医院でオフィスホワイトニングを行った後、ホームホワイトニングで効果を持続させるという方法です。費用と手間がかかるのが難点ですが、ホワイトニングの効果が一番長続きしやすいのです。最近はこの方法を選ぶ人も増えているんですよ。

3-2.ホワイトニングのメリット・デメリットは?

ホワイトニングのメリットとは、やはり見た目の美しさです。歯が汚れているとどうしても口元が気になって不自然な表情になってしまいがち。また、白い歯というのはそれだけで見る人に清潔な印象を与えるのです。一昔前まではホワイトニングをすると不自然なほど真っ白になってしまうこともありましたが、今は薬剤の進歩により自然な色にすることも可能です。

一方のデメリットは費用が高いということと、効果は永久的ではないということでしょう。ホワイトニングは健康保険の適用外の治療ですので、平均して5万円前後の費用がかかります。しかもオフィスホワイトニングの場合は数か月に一度、ホームクリーニングの場合でも1年に一度程度の再施行が必要。つまり、白い歯を保つには毎年10万円近くの出費が必要になるのです。

3-3.ホワイトニングはすべての人が行えるの?

ホワイトニングは非常に安全性が高く、今のところ医療事故の報告はありません。しかし、ホワイトニングは人工の歯には効果がないのです。歯の一部が差し歯やインプラントの人がホワイトニングをした場合、人工の歯と自分の歯の色が違ってしまうかもしれません。

また、妊婦のホワイトニングは万が一のことを考えて断っているという歯科医院も多いでしょう。

おわりに

今回は歯の着色汚れの原因と予防法、そしてホワイトニングについてご紹介しました。

まとめると

  • 歯の着色汚れの原因は食べ物や飲み物、喫煙などである。
  • 歯の磨きすぎも変色の原因。
  • 濃い色の飲み物や食べ物を食べた後はすぐ歯をみがいたり口をすすごう。
  • どうしても汚れが落ちない場合はホワイトニングを試してみよう。

ということです。歯の着色汚れに悩んでいるという方は一度歯科医院に相談に行ってみませんか? クリーニングやホワイトニングなど、あなたの歯を白くする最善の方法を教えてくれますよ。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供