根管治療後に歯が痛くなることはある? 痛みの原因や対処方法は?

歯をそのまま残し、悪影響を及ぼす菌だけを排除することができる根管治療。歯の治療の中でも高度な技術が必要とされており、失敗してしまうと治療後に痛みを引き起こすこともあります。根管治療後に痛みを感じている人も少なくはありません。

なぜ、痛みが出てしまうのか、どのようにすれば痛みを抑えること、防ぐことができるのか詳しくみていきたいと思います。これから根管治療を行う人、すでに施術して痛みが出てきている人は必見です。トラブルを防ぐためにも痛みの原因について把握しておきましょう。

1.痛みの原因はさまざま

根管治療後にみられる痛みの原因はさまざまなケースが考えられます。
もし、痛みを感じている歯が治療した歯とは違う場合、痛みの原因となっている本当の原因はほかの部分にあると考えることができます。
歯は神経でつながっており、痛みはその神経を通して脳が感じているのです。
自分ではなにが直接的な原因になっているのか調べることはできません。
また、さきほども言った通り、非常に高度な技術であるため、歯科医師の不手際で痛みが引き起こされることもあります。
根管を守る施術が逆に根管を傷つけてしまった、歯の土台となるところに菌が入ってしまったケースがあるので要注意です。
急性歯髄炎、急性根尖歯周炎、歯根破折、刺激の強い薬の投与など、痛みの原因はほんとうにさまざまです。
それでは、どのように対処していけば良いのか次の項目でみていきましょう。

2.慌てずに対処することが大事

歯は本当に大事な部分です。
入れ歯もありますが、できるだけずっと自分の歯をキレイに保ち続けたいものですよね。
根管治療後、痛みが現れるのであれば、自分で処置することも、そのままにしておくことも危険です。
すぐに治療をしてもらった歯科医院に調べてもらいましょう。
治療した歯とは別のところから痛みがきている場合は、詳しく調べてもらわなければ原因を判明することはできません。
いろんなところから検査を行い、全体的に調査しなければならないでしょう。
小さい歯科医院で治療を行った場合、もしかすると専門的な機器が揃っている大学病院に行かなければならないかもしれません。
担当した医師の技量がなかったからと別の歯科医院を利用する人もいますが、その歯科医院も自分のところに通ってもらうために適切な判断をしてもらえないケースがあります。
本当に信用できる歯科を選ぶ必要があるでしょう。

3.どうすれば未然防ぐことができる?

できれば根管治療を行った後ではなく、未然に痛みを防ぎたいものです。
未然に防ぐためには歯科選びが大切になってくるでしょう。
とても高度な技術である根管治療は、医師の不手際による痛みも多いので、本当に信用できる腕の良い歯科医師がいるところで治療を受けなければなりません。
高い治療費を払うので失敗はしたくありませんし、痛みが出た後はまた治療費を払わなければならないでしょう。
自分が安心して通うことのできる歯科医院で治療してください。
友人や知人に薦められても口コミや評判はチェックしておきましょう。
また、治療をうけるまえにどのような施術で治療をおこなっていくのか確認し、カウンセリングをしっかり受けてください。

まとめ

根管治療後に出てくる痛みの原因はひとつだけではありません。
神経による別の要因での痛みや歯科医師の不手際、歯根破折、急性歯髄炎などさまざまです。
痛みを対処するためには自分で判断せずに、安心して治療を行うことができる歯科医院での治療を行っていかなければなりません。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供