入れ歯とインプラントの違いが知りたい! それぞれのメリットは?

「入れ歯とインプラント、どちらにすればいいのか?」と悩んでいる方は多いでしょう。どちらとも本来の歯の代わりになるものですが、素材やメリット・デメリットなどに大きな違いがあります。きちんと違いを把握することで、目的や治療に見合ったほうを選ぶことができるでしょう。

そこで、本記事では、入れ歯とインプラントの大きな違いについて解説します。

  1. インプラントと入れ歯の共通点・違いは?
  2. インプラントと入れ歯、それぞれのメリット
  3. インプラントか入れ歯か迷ったときは?
  4. インプラントと入れ歯治療の医者選び
  5. インプラントと入れ歯に関してよくある質問

この記事を読むことで、入れ歯とインプラントそれぞれのメリットが分かります。2つの違いが分からない方はぜひチェックしてください。

1.インプラントと入れ歯の共通点と違いは?

最初に、インプラントと入れ歯それぞれの特徴を把握することが大切です。この2つにはどんな共通点や違いがあるのでしょうか。

1-1.インプラントは人工歯を埋め込む

人の体に埋め込む人工物のことで、歯科診療に用いられるインプラントはデジタルインプラントが正式名称です。何かしらの原因で失った歯の部分に人工の歯根(インプラント)を埋め込み、歯を補います。

従来は、本来の歯を補う方法として入れ歯やブリッジが使われていましたが、インプラントが登場してからは希望される患者が増加しているのです。それだけ、インプラントには大きなメリットがある証拠といえるでしょう。

1-2.入れ歯治療は歯茎の上に義歯を置く方法

インプラントと異なり、入れ歯治療は歯を失ったとき、歯茎の上に義歯を置く方法です。基本的に、部分入れ歯と総入れ歯の2つの方法があります。

部分入れ歯は部分的に入れ歯を置き、総入れ歯はあご全体の歯を失ったときに歯茎全体にかぶせるように置くのが特徴です。近年は、インプラントが主流になりつつありますが、現在でも入れ歯を選択する方は大勢います。

1-3.共通点は本来の歯を補うこと

インプラントと入れ歯治療は、どちらとも自分の歯を失ったときに、代わりになるものを使って補う方法です。食べ物を噛み砕くためには、歯が必要不可欠となります。歯を失ったままの状態ではうまく飲み込むことができず、思うままに食べることすらできません。しかし、インプラントの人工歯と入れ歯を用いることで、本来の歯のように役割を果たすことができます。

1-4.大きな違いは「歯根の有無」

インプラントと入れ歯の違いはたくさんありますが、大きな違いは「歯根の有無」です。歯根とは、歯の歯槽(しそう)部分にあるもので、像牙質がセメント質でおおわれています。歯根がしっかりしているからこそ、噛む力が強くなり、歯と歯茎を支えることができるのです。

インプラントは歯根を人工的に作るため、完全に人工歯を固定することができます。一方、入れ歯には歯根がありません。この違いが、2つのメリットが変わる大きなポイントになるのです。

2.インプラントと入れ歯、それぞれのメリット

インプラントは値段が高い、入れ歯は噛む力が弱いなどのデメリットがあります。では、それぞれのメリットは一体何なのでしょうか。それでは、インプラントと入れ歯それぞれのメリットを項目ごとに詳しくチェックしていきたいと思います。

2-1.噛み合わせ・噛みごたえの違い

前述した「歯根の有無」に関係していますが、インプラントと入れ歯では噛み合わせと噛みごたえに大きな違いがあります。歯根があるインプラントのほうが優れており、歯根がない入れ歯は不安定になってしまうのです。

特に、固いものを食べる際は、入れ歯に大きな負担がかかってしまいます。インプラントなら、自分の歯と変わらず固いものでも難なく食べることができるでしょう。噛み合わせも優秀です。

2-2.審美性が高いのはインプラント

インプラントと入れ歯では、見た目の美しさにも大きな違いがあります。入れ歯はクラスプと呼ばれる金具が入っているのでどうしても目立ってしまうでしょう。しかし、インプラントは自分の歯とほぼ変わらず、審美性に優れている特徴があります。主に、インプラントは接客業やサービス業などで働いている方に人気です。

2-3.費用が抑えられるのは入れ歯

気になる治療費に関しては、入れ歯のほうが安く抑えることができます。入れ歯は保険が適用されるため、数千円~数万円の費用で作ることができるでしょう。一方、インプラントは保険が適用されないケースが多く、1本あたりの治療に30万~40万円もの金額が発生する可能性があります。

2-4.治療期間・方法にも違いがある

インプラントと入れ歯には、治療期間にも大きな違いがあります。入れ歯はレントゲン撮影や形取りをしてから作り、装着するだけなので約2か月程度と治療期間は短めです。インプラントは人工歯を埋めるための手術などで外科治療を伴い、さらに固定するための期間を要します。そのため、治療完了まで1年以上かかる可能性もあるのです。治療を早く済ませたい方は、入れ歯のほうがメリットが大きいといえるでしょう。

2-5.懸念すべき、ほかの歯への影響

新しい歯を使用する場合は、ほかの歯への影響も考慮しなければなりません。ほかの歯への影響を考えると、負担が少ないのはインプラントのほうです。入れ歯は一生ものではないため、経年劣化によって周囲の歯に悪影響を与えてしまう面があります。

また、口の中の環境が変わるたびに、作り直しが必要になることもあるのです。一方、インプラントはしっかりケアをすることで長年使用し続けることができ、他の歯への悪影響もないでしょう。

3.インプラントか入れ歯か迷ったときは?

では、インプラントか入れ歯か迷ったときは、どちらを選べばいいのでしょうか。ここでは、迷ったときの判断基準を紹介します。

3-1.きちんと治るにはどうすべきか、知ることが大事

噛み合わせを踏まえながら、きちんと治るにはどうすべきか考えることも大切です。インプラントか入れ歯か悩んだときは、今の問題点を明確にしましょう。

歯や口内環境がどのような状態なのか把握し原因を追求することで、どちらのほうを選択すればより改善できるのか分かります。それぞれのメリットだけに注目するのではなく、きちんと治ることができるのはどちらを選んだらいいのか考えることが大切なのです。

3-2.まずは口の状態を調べよう!

今感じている不快感や歯の悩みを解決するためには、まず口の状態を調べなければなりません。インプラントか入れ歯か迷ったときこそ、きちんとした検査が必要です。そして、検査結果を踏まえながら、歯科医師と話し合い、ベストな選択をしてください。CT撮影は歯の骨の状態も分かるので、失敗しない代わりの歯を作ることができます。

3-3.医師の説明を十分に受けてから決める

口の状態を調べてもらった後は、医師の説明を十分に受けることが大切です。素人では、インプラントか入れ歯どちらのほうがいいのか判断しづらいため、説明を受けてからじっくり考えてみてください。また、正しい判断ができるよう、インプラントと入れ歯のノウハウを把握している実績のある歯医者を選ぶことも大切なポイントです。

3-4.インプラントに向いている人は体力・骨の厚みがある方

インプラントは機能性・審美性に優れていますが、手術に耐えられる体力や骨の厚みが必要です。体力がなく、骨の厚みがない人はインプラントの手術に向いていない可能性があります。検査によっては手術ができない場合もあるので注意してください。また、糖尿病・腎不全・肝炎・心臓病・妊婦・リウマチ・高血圧の方もインプラントに向いていません。

3-5.入れ歯に向いている人は高齢者

入れ歯は保険適用ができるので、導入しやすい点から高齢者向きといえるでしょう。高齢者はインプラント手術ができるほどの体力がなく、在宅医療などで日ごろの手入れも難しい傾向があります。着け心地になれるまで違和感があるかもしれませんが、自費診療のものを選ぶと改善できるでしょう。逆に、健康的な食生活を維持したい・入れ歯を作ったのに痛みがあるという方は向いていません。

4.インプラントと入れ歯治療の医者選び

自分に合ったインプラントと入れ歯を作るためには、医者選びが重要なポイントです。ここでは、歯医者選びで押さえておきたい内容をチェックしておきましょう。

4-1.インプラントや入れ歯治療の実績があるか

なるべく、インプラントや入れ歯治療の実績がある歯医者を選んでください。実績がある歯医者ほど、患者1人1人の口の状態に合った方法を提示します。どちらか選ぶ前に、しっかりと検査もしてくれるため、安心して治療を受けることができるでしょう。また、治療方針の説明なども分かりやすく丁寧にしてくれるかチェックしてください。

4-2.無料相談を行っているか

無料相談を受けつけているか否かも、歯医者選びの重要なポイントです。無料相談を行っている歯医者の多くは、患者の抱えている悩みに対し親身に向き合います。逆に、きちんとした治療を行わない悪質な歯医者は、じっくりと話を聞かず、勝手に治療を進める傾向があるのです。無料相談を利用する際は、歯医者の雰囲気やスタッフの対応にも目を光らせてください。

5.インプラントと入れ歯に関してよくある質問

インプラントと入れ歯に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.ニオイが気になるのはインプラントと入れ歯のどっち?
A.ニオイがつきやすく気になることが多いのは、入れ歯です。インプラントは樹脂部分がないのでニオイがつきにくく口臭の心配がありません。ただし、メンテナンスを怠ると口内環境が悪くなり、悪臭を放つこともあります。ニオイが気になる方は、こまめなメンテナンスが必要になるでしょう。

Q.噛む力はどちらのほうが強いの?
A.噛む力はインプラントのほうが強い傾向があります。インプラントは本来の歯のように噛むことができるため、不自由なく固いものでも食べられるでしょう。一方、入れ歯は噛む力が本来の歯に比べて20%も小さくなってしまいます。

Q.入れ歯で噛めない状況が続くとどうなるの?
A.あごの骨が萎縮してしまい、どんどん小さく薄くなってしまうでしょう。噛み合わせがどんどん悪くなると、上下のあごが自然とずれていき、輪郭が歪んでしまう恐れまで出てくるのです。「とりあえず入れ歯でいい」と考える方がいますが、しっかり歯の状況をチェックした上で決めたほうがいいでしょう。

Q.インプラントを検討するのは早いほうがいい?
A.はい。特に、入れ歯にしていて痛みが出てきたり、違和感を覚えたりしている場合は、インプラントの使用を考えたほうがいいでしょう。インプラントの治療は期間が長くなるため、早いほうが断然いいのです。

Q.ブリッジとは?
A.失った歯の両側にある歯を削り、冠を橋渡しすることで補う方法です。数本の歯を失った場合に採用される方法ですが、周囲の健康な歯を削る必要があります。そのため、健康な歯に大きな負担がかかること、痩せてしまうことが難点です。

まとめ

インプラントと入れ歯の大きな違いは、歯根の有無にあります。インプラントは人工の歯を根元に完全固定するため、噛む力が大きな点がメリットです。一方、入れ歯には歯根がないので不安定になり、噛み合わせをとるのが困難な点があります。近年は、メリットのほうが大きいインプラントに注目が集まっており、接客業やサービス業の方に人気です。それぞれの特徴を知り、治療方針に見合ったほうを選択してください。また、インプラントを選択する際は、その治療に対する知識が豊富で治療実績がある歯医者を選ぶのがポイントです。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供