歯を抜かない治療ってどんなもの? 主なメリットや治療の流れを解説!

「虫歯や歯周病が悪化してしまったが、歯を抜かれないか心配だ」とお考えではありませんか? 虫歯や歯周病の治療をしたくても、歯を抜かれるのが嫌で二の足を踏んでいる人もいることでしょう。しかし、放置するとますます悪化してしまうので早めに治療を開始することが大切です。

そこで今回は、歯を抜かない治療について詳しく解説します。

  1. 歯を抜くことによる問題点は?
  2. 歯を抜かないことによるメリット
  3. 歯を抜かない治療が可能なケース
  4. 歯を抜かない治療の流れ
  5. 歯を抜かない治療に関するよくある質問

この記事を読むことで、歯を抜かない治療のメリットや治療の流れがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.歯を抜くことによる問題点は?

最初に、歯を抜くとどんな問題点があるのか確認しておきましょう。

1-1.歯を抜いた部分の歯骨や歯肉が衰える

歯を抜くと、抜いた部分の歯骨や歯肉が退化し、衰えてしまいます。すると、周囲の歯にも悪影響を与えてしまいやすくなるのです。特に、両隣の歯は本来支えるはずの歯骨や歯肉が減少することで、ぐらついたり抜けやすくなったりするので注意してください。

1-2.周囲の歯が虫歯や歯周病になりやすい

周囲の歯が虫歯や歯周病になりやすくなるのも、歯を抜くことの大きなデメリットです。歯を抜いた部分には、食べかすや歯こうがたまりやすくなります。きちんと歯磨きをして除去しないと、すぐに虫歯や歯周病になるので気を付けましょう。歯を抜いた場所によっては歯ブラシの先が届きにくく、いつのまにか虫歯や歯周病が悪化することもあります。

1-3.歯並びが悪くなる

歯を抜くと、抜いた場所に周囲の歯が倒れるように移動して歯並びが悪くなります。歯を抜いた部分は、歯骨に穴が開いた状態です。すると、周囲の歯が倒れやすくなって、歯並びに影響が出てしまいます。奥歯を抜いた場合でも、前歯の歯並びまで影響を受けてガタガタになることもあるので注意してください。

1-4.かみ合わせが悪くなる

歯を抜くと、かみ合わせが悪くなるのも大きな問題点でしょう。正常なかみ合わせは、上下の歯がきちんと合っているはずです。しかし、歯を抜くことで、かみ合わせが狂ってしまえば、ものを食べづらくなるだけでなく、全身のバランスが崩れたり、頭痛などの原因になったりすることもあるでしょう。

歯を抜くことはデメリットも多いんですね。
はい。ですから、できるだけ歯を温存する治療を受けるほうがおすすめです。

2.歯を抜かないことによるメリット

歯を抜かない治療にはどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

2-1.歯の寿命が延びる

歯を抜かずに根幹治療を行うことで、歯の寿命を延ばすことができます。歯を抜くのは簡単ですが、一度抜いてしまったら元に戻すことができません。歯を抜かずに残しておけば、自分の歯でしっかりものをかむことができ、楽しく食事できるのもメリットでしょう。

2-2.自然なかみ合わせを維持できる

歯を抜かないことで、自然なかみ合わせを維持できるのは大きなメリットと言えます。歯肉や歯骨の退化を防ぐことができるからです。食事の際にものをかんでも違和感がありません。また、かみ合わせの悪さによる歯ぎしりやストレスを予防できます。全身の姿勢が崩れてバランスが悪くなる心配もなくなるでしょう。

2-3.将来治療する際に選択肢が増える

歯を抜かないことで、虫歯や歯周病の悪化などで再治療する際に、選択肢が増えます。歯を抜いてしまうと歯科治療での回復が困難になり、最終的には入れ歯にしなくてはならないケースもあるでしょう。歯科治療の技術は、日々進歩しています。将来治療を受ける際に最良の方法を選ぶためにも、歯を抜かないで残しておくことに大きな意味があるのです。

歯を抜かないメリットはたくさんありますね。
はい。しかし、虫歯や歯周病の進行度によっては歯を抜かなければならないこともあります。

3.歯を抜かない治療が可能なケース

歯を抜かない治療が可能なケースを詳しくご紹介します。

3-1.抜かなくてもほかの歯に影響がない

歯を抜かない治療を受けるには、そのまま歯を残してもほかの歯に影響を与えないことが条件です。たとえば、親知らずが横に生えている場合は、隣の歯を圧迫して歯並びを悪くしたり歯の痛みや歯肉炎の原因になったりします。歯を抜かない治療を選びたくても、ほかの歯に悪影響を与えるのでは困るでしょう。歯を残したまま治療しても、周囲の歯が健康な状態を維持できることが大切なのです。

3-2.治療後に長期間良好な状態を保てる

歯を抜かない治療を受けた後に、長期間良好な状態を保てることも条件と言えます。たとえば、虫歯や歯周病の状態がひどく、何とか抜かずに治療を終えたものの、1年程度で再発や悪化が予想できる場合です。せっかく治療しても、すぐに抜歯することになるのでは意味がありません。ただし、短期間で歯を抜く可能性があるケースでも、患者が強く希望した場合は、いったん歯を抜かない治療を進めることもあります。

歯を抜かない治療を行うには条件があるんですね。
はい。できるだけ早く治療を受けることで、歯を抜かない治療ができる可能性がより高くなります。

4.歯を抜かない治療の流れ

歯を抜かない治療の流れを具体的に見ていきましょう。

4-1.問診やレントゲン検査をする

最初に、歯科医による問診やレントゲン検査を行い、現在の歯の状態を把握します。きめ細やかな問診とレントゲン検査により、個々の病状を正確に把握することができ、高品質な治療につながるのです。歯を抜かない治療を行えるか見極めるためにも、丁寧に検査し、判断する必要があります。

4-2.治療計画を説明する

問診やレントゲン検査の結果を総合的に判断した後は、今後の治療計画を歯科医から患者に説明するるのが一般的です。併せて、歯を抜かない場合のメリット・デメリットも伝えることになります。治療効果を高めるためには、患者の理解と協力が必要不可欠だからです。なお、当吉松歯科では、文書による治療計画の提示を行っており、分かりやすいとの評価をいただいています。

4-3.治療目標を設定する

治療方針の説明が終わったら、根幹治療の治療目標を設定します。どの歯をどこまで治療するか、歯科医と患者で相談して決めるのです。特定の歯を根幹治療するだけで終えるのか、そのほかの歯も引き続き治療を受けるのかよく考えてみてください。治療目標が決まったら、治療期間や治療費の目安を提示されることでしょう。内容を確認し、納得できたら正式に治療を受けることになります。

4-4.治療を進める

根幹治療を行う場合は、再度CT撮影などを行って現状を確認することになるでしょう。実際の治療では、マイクロスコープで患部の状態を確認しながら、慎重に進めることになります。当吉松歯科では、患者が不快な痛みを感じないよう麻酔をかけるので安心です。また、幹部にだ液が流れ込まないように周囲をラバーダムで覆って防湿を行います。さらに、根管充填材にバイオセラミックスを採用し、高品質な仕上がりを確保しているのが特徴です。

4-5.治療後のアフターケアを行う

歯の治療がすべて完了した後は、アフターケアとして定期健診を行います。1か月後・半年後・1年後など、定期的に治療部分をチェックして歯石などをクリーニングすると同時に、問題がないか確認するのです。アフターケアをきちんとすることで、治療後に長く良好な状態を保つことができます。また、未治療の歯についても、虫歯や歯周病の早期発見・治療につながるのもメリットでしょう。

歯を抜かない治療は、歯科医師とよく話し合って進めることが必要なんですね。
はい。そして、できるだけ早く治療を受けることも大切です。

5.歯を抜かない治療に関するよくある質問

最後に、歯を抜かない治療に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.歯科医なら誰でも簡単に根幹治療できる?
A.いいえ。根幹は直径が1㎜以下と非常に細い部分です。治療の際は、マイクロスコープやCTなどの機器を駆使して、神経を集中させて進める必要があります。また、確実に治療するには、豊富な経験と知識が必要になるでしょう。したがって、誰でもできる治療ではないのです。根幹治療は、専門知識が豊富で設備の整った歯医者で受けましょう。

Q.根幹治療後の過ごし方は?
A.歯科医の指示を守って過ごすことが大切です。治療後は、麻酔が切れるまで数時間かかります。また、治療部分の外部刺激を避けるために、飲食や歯磨きなどの制限があるでしょう。仕事がある人が平日に治療を受ける場合は、そのまま帰宅して安静できるよう、早退したり休暇を取ったりすることをおすすめします。

Q.歯医者によって治療方針がバラバラなのですが?
A.歯科治療は、歯科医によって治療方針が異なるのが通常です。特に、進行した虫歯や歯周病の治療は、歯を抜く・抜かないで大きく意見が分かれます。治療方針に不安が残るときは、ほかの歯医者に相談するなどし、納得できる治療方針のところを選ぶことが大切です。

Q.治療時の痛みが心配なのですが?
A.歯を抜かない治療を進める場合、麻酔をかけてからの治療になるので安心してください。治療の際、根冠を刺激して痛みを伴うことが多いからです。特に痛みに弱い人は、事前に歯科医によく相談することをおすすめします。

Q.歯の治療を受けるにはどんな歯医者を選ぶといい?
A.以下を参考にしてください。

  • 歯科治療で豊富な実績がある
  • なるべく歯を抜かずに根幹治療している
  • 最新の治療技術や医療機器の導入を積極的に行っている
  • 院内設備や備品が清潔に維持されている
  • 治療方針の説明が分かりやすい
  • 歯科医を含めスタッフの感じがよく高圧的な態度を取らない
  • 明確な料金システムがある
  • 通いやすい立地にある
  • 都合のいい日時に予約が取りやすい
  • 患者からの評判がいい
  • アフターケアに力を入れている

なお、当吉松歯科でも、できるだけ歯を抜かない治療を進めています。まずは、お気軽にご相談ください。

まとめ

今回は、歯を抜かない治療について詳しく解説しました。虫歯や歯周病が進んだ状態でも、歯を抜かない治療を選べることがあります。歯を抜かなくて済めば、歯並びやかみ合わせに影響を与えずに済み、歯の寿命が延びて将来治療を受ける際の選択肢が広がるのも見逃せません。歯医者で歯を抜く必要があると言われてもあきらめず、信頼できる歯医者によく相談してセカンドオピニオンを依頼することをおすすめします。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供