抜歯したくない人におすすめの治療法を紹介!歯科の選び方や費用も!

「虫歯を治療しているが抜歯したくない」「歯を抜かずに済む治療法を知りたい」とお悩みではありませんか? 虫歯や歯周病が悪化した場合などに、歯科医から抜歯をすすめられることはあるでしょう。しかし、「歯を抜く」ということはできるだけ避けたいものです。もちろん、状況によっては抜歯したほうがよい場合もあります。しかし、もし抜歯せずに済む治療法があるなら、試してみたいと思う人も多いのではないでしょうか。

この記事では、抜歯が必要なケースや抜歯のメリット・デメリット、抜歯したくないときにおすすめの治療法などを詳しくご紹介します。

  1. 抜歯が必要なケースはさまざま
  2. 抜歯したくない理由は?
  3. 抜歯したくないときの治療方法を紹介
  4. 歯科選びのポイントと費用
  5. 抜歯しない治療法に関するよくある質問

この記事を読むことで、抜歯のメリットとともに、抜歯をしない治療法や治療にかかる費用などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.抜歯が必要なケースはさまざま

まずは、抜歯が必要なケースや抜歯のメリットなどをご紹介しましょう。

1-1.抜歯したほうがよいケースもある

もちろん歯を残して治療できるのが一番です。しかし、状況によっては抜歯したほうがよいケースもあります。たとえば、虫歯や歯周病が進行してしまうと、歯を残すことでほかの歯にも悪影響を及ぼしてしまう可能性や、より重篤な問題に発展してしまうこともあるのです。特に、親知らずは抜歯したほうがよい場合が多いでしょう。横を向いて生えているため、隣の歯に影響が出てしまっている場合や、手入れが行き届かずトラブルが起こりやすくなっている場合などは、抜歯をすすめられるケースがほとんどです。

1-2.歯を矯正するために抜歯すべき場合も

「アゴが小さくて歯列に歯が並びきらない」などの理由で歯並びが悪くなってしまっている場合、抜歯をして矯正治療を行うのが効果的です。歯を抜かないまま無理に矯正治療をすすめても、またすぐ元の歯並びに戻ってしまう可能性があります。過度の出っ歯や受け口に悩んでいる場合も、抜歯をして矯正治療を行うことできれいな歯並びや正しいかみ合わせを手に入れることが可能です。

抜歯が必要なケースは虫歯だけではないんですね。
はい。歯周病や矯正で抜歯が必要になるケースもあります。

2.抜歯したくない理由は?

抜歯のデメリットや抜歯が必要ないケースなどをまとめました。

2-1.自分の歯を失ってしまう

誰もが、「自分の歯はできるだけ失いたくない」と思っているはずです。歯には、食べものをかみ砕いて栄養の吸収を促すだけでなく、食事の歯ごたえを楽しむこと・豊かな表情を作ることなど、さまざまな役割があります。歯を失うとこうした役割が十分に果たせなくなり、ストレスのない生活を送ることができなくなってしまう可能性もあるのです。

2-2.痛みや腫れが出る

抜歯をすれば、痛みや腫れが出ます。もちろん麻酔をかけた上での治療になりますが、麻酔が切れた後で痛みや腫れが出て何日もつらい思いをする人も多いのです。口が開けにくくなって生活に支障が出たり、顔の腫れがひどくなって外出できなくなったりするケースもあります。こうした問題を懸念して、抜歯することに抵抗を感じている人も多いでしょう。

2-3.真っすぐ生えていて正常に機能している親知らずは抜く必要がない

「親知らずは抜歯したほうがよい」と思っている人も多くいますが、真っすぐ生えていて正常に機能している親知らずは抜く必要がありません。かみ合わせにも問題がなく、手入れが行き届いていて虫歯などのトラブルが起こらなければ、残したままでも問題ないでしょう。

抜歯するとデメリットも多いんですね。
はい。ですから、虫歯や歯周病はできるだけ早く治療することが大切です。

3.抜歯したくないときの治療方法を紹介

抜歯したくないときにおすすめの治療方法についてご紹介しましょう。

3-1.マイクロスコープを用いた根管治療なら歯を残せる可能性がある

根管治療とは、細菌に感染した神経を根管から除去し、薬で密閉する治療法です。マイクロスコープを使って高度な根管治療を行うことで、細部まで確実に治療できます。撮影したレントゲンを参考に手探りで行う根管治療より、歯を残せる可能性が高くなるでしょう。

3-2.徹底した歯周病治療で抜歯を予防する方法も

抜歯することになる一番の原因は、歯周病といわれています。徹底した歯周病治療を行うことで、抜歯を予防することが可能です。早期からしっかりと治療を受け、歯周病の進行を食い止めることで、抜歯せずに済む可能性が高くなるでしょう。

3-3.抜歯は最終手段として選択するのがおすすめ

抜歯はほかの治療法がないときの最終手段として選択するのがおすすめです。「虫歯が神経にまで達してしまった」「進行して痛みがひどい」などの場合も、抜歯せず治療できる可能性もあります。「できれば抜歯したくない」ということを歯科医に伝え、最善の治療方法を検討していきましょう。

抜歯は最終手段と考えていればいいんですね。
はい。可能ならば温存治療を受けましょう。

4.歯科選びのポイントと費用

抜歯したくないときの歯科選びのポイントや治療にかかる費用についてご紹介しましょう。

4-1.歯科選びのポイントは?

抜歯したくないときの歯科選びは、以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • 抜歯を最終手段として選択してくれるか
  • マイクロスコープを導入しているか
  • 根管治療や歯周病治療の実績が豊富か
  • 治療の説明を丁寧にしてくれるか
  • 患者一人一人に対して時間をかけて治療してくれるか

4-2.自由診療で治療を行っている歯科が多い

歯科の治療費には保険適用のものと自由診療のものがありますが、根管治療や歯周病治療に力を入れている歯科では自由診療の場合が多くなっています。自由診療だと歯科によって治療費は異なるため、事前にしっかり確認が必要です。

4-3.治療にかかる費用は?

東京都港区にある吉松歯科医院では、歯科治療技術を売りにしており、すべて自由診療で治療を行っています。最も実績の多いマイクロスコープを用いた根管治療は、歯の位置によりますが340,000~380,000円です。別途、衛生管理費が1回につき2,000円かかるため、事前に料金を確認しておいてください。

歯の温存治療は自由診療の場合もあるんですね。
はい。ですから、費用が多めにかかることもあります。

5.抜歯しない治療法に関するよくある質問

「抜歯したくないときの治療法について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.  歯根破折(しこんはせつ)と診断された場合、必ず抜歯しなければなりませんか?
A.歯根破折は歯の根にヒビが入ってしまうことをいいますが、抜歯が必要かどうかはヒビの程度にもよるでしょう。多くの場合、ヒビを元に戻すのは困難であり、抜歯が必要になります。

Q.  親知らずが上にだけ生えていて下には生えていないのですが、抜いたほうがよいでしょうか?
A.この場合、うまくかみ合わせができず上の親知らずが下に伸びてきてしまいます。そうなると、下の歯茎に当たるなどしてトラブルが発生する可能性が高いため、抜歯することもあるでしょう。

Q.親知らずを抜くと顔の形が変わるというのは本当ですか?
A.親知らずを抜くことで以前とかみ合わせが変わるため、顔の形が多少変わってくる可能性はあります。

Q.抜歯後の痛みにはどう対処すればよいですか?
A.痛みが強いときは歯科で処方された痛み止めを飲みましょう。できるだけ刺激を与えないよう、柔らかいもの中心の食事を心がけ、安静に過ごすようにしてください。

Q.根管治療をした部分に新たな感染が起こった場合、抜歯するしかありませんか?
A.必ずしも抜歯することにはならないでしょう。マイクロスコープを使って再度根管治療を行うことで、高い確率で歯を残すことができるはずです。

まとめ

抜歯が必要なケースや抜歯するメリット・デメリット、抜歯したくないときの治療法などを詳しくご紹介しました。「できれば抜歯せずに治療して自分の歯を残したい」と思う人は多いはずです。症状や程度によっては抜歯せず治療できる方法もあるため、ぜひこの記事を参考にしてください。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供