根管治療にマイクロスコープを用いる必要性は? 治療は保険適用外?

「マイクロスコープを使った根管治療について知りたい」「費用はどのくらいかかるのか?」とお悩みではありませんか? 近年はマイクロスコープによる根管治療を行う歯科が増えており、従来とは違った虫歯治療が可能になってきているのです。

この記事では、マイクロスコープで根管治療を行う必要性や特徴・治療にかかる費用などを詳しくご紹介しましょう。

  1. マイクロスコープを用いた根管治療の特徴
  2. マイクロスコープによる根管治療が向いている症状は?
  3. マイクロスコープでの根管治療にかかる費用や歯科の選び方
  4. マイクロスコープを用いた根管治療に関するよくある質問

この記事を読むことで、根管治療にマイクロスコープを用いる必要性や現在の普及率・治療を受ける際の注意点などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.マイクロスコープを用いた根管治療の特徴

まずは、根管治療がどのような治療でマイクロスコープを使うことでどんなメリットがあるのか、現在の普及率などをまとめました。

1-1.歯の根を洗浄して薬を詰める治療法

根管治療とは、簡単にいうと根管を洗浄して薬を詰める治療法のことです。歯の神経にまで細菌感染が及ぶと、神経を抜く治療が必要になります。このとき、根管内に菌がいなくなるまで洗浄・殺菌を行うのが根管治療です。根管治療を行うことで虫歯による痛みを解消でき、本来抜歯が必要な歯も残せる可能性があります。

1-2.マイクロスコープを使うことで細部まで治療できる

根管内は非常に複雑な形をしているため、根管治療には高度な技術が必要になります。そこで、マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を用いることで細部までしっかり治療することが可能になるのです。マイクロスコープを使わず、撮影したレントゲンを参考に手探りで治療した場合、細菌を完全に取り除くことができない可能性があります。しかし、細部まで観察できるマイクロスコープを使うことで、治療の成功率を格段に上げることができるのです。

1-3.日本での普及率はわずか数パーセント

マイクロスコープを導入する歯科は徐々に増えてきてはいますが、実際のところ日本での普及率はまだ数パーセントです。根管治療にマイクロスコープを使うのが一般的になっているアメリカと比較すると、まだまだといえるでしょう。マイクロスコープの導入には高額な初期費用がかかり、技術の習得にも時間がかかってしまうのです。

2.マイクロスコープによる根管治療が向いている症状は?

マイクロスコープによる根管治療をおすすめしたい人や、根管治療以外のマイクロスコープを用いた治療内容についてご紹介しましょう。

2-1.マイクロスコープによる根管治療はこんな人におすすめ

マイクロスコープによる根管治療が向いているのは、以下のような人です。

  • インプラントを検討している人
  • 歯を抜かずに虫歯や歯周病の治療をしたい人
  • 治療した歯がまた痛み出している人
  • 根の治療をしてもなかなか完治しない人

2-2.マイクロスコープを使った根管治療以外の治療内容

マイクロスコープを使った歯科治療には、根管治療以外にも以下のようなものがあります。

  • 歯周病治療
  • 歯の型取り
  • インプラント治療
  • コンポジットレジン修復
  • 予防歯科

3.マイクロスコープでの根管治療にかかる費用や歯科の選び方

マイクロスコープでの根管治療を受けるにあたって、歯科選びのポイントや治療にかかる費用などをまとめました。

3-1.信頼できる歯科の選び方は?

マイクロスコープによる根管治療を受ける際、信頼できる歯科をしっかりと見極めて選ぶ必要があります。以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • 根管治療の実績が豊富か
  • 治療期間や費用について事前にしっかり説明してくれるか
  • 治療前に画像などを使って治療内容を説明してくれるか
  • ラバーダムを装着して治療しているか
  • 治療保証はあるか

3-2.マイクロスコープによる根管治療は保険が適用されないこともある

マイクロスコープによる根管治療は、保険内で行う歯科と自由診療で行う歯科があります。自由診療の場合は、歯科によって治療費が異なることを覚えておきましょう。東京都港区にある吉松歯科医院では、すべての治療を自由診療で行っています。マイクロスコープを用いた根管治療は、歯の位置によって340,000~380,000円です。衛生管理費(1回2,000円)が別途必要になるため、事前にしっかり料金を確認しておいてください。

3-3.歯を残すためにも早めの治療を

早めに根管治療を行うことで、歯を抜かずに残すことができる可能性も十分にあります。普段からできるだけ歯のセルフケアに力を入れ、定期的な歯科検診を受けるなど、早期発見・早期治療につながるよう努めましょう。

4.マイクロスコープを用いた根管治療に関するよくある質問

「マイクロスコープを用いた根管治療について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.マイクロスコープを使用した根管治療では、なぜ治療時間が長くなるのですか?
A.肉眼では見えにくい病変や不具合が確認できるようになり、より細かな治療が可能になるため、治療時間が長くなる傾向があります。

Q.根管治療にはデメリットもあるのでしょうか?
A.治療費が高額になること・途中で治療をやめると悪化することなどがデメリットです。

Q.なぜ根管治療ではラバーダムを使用するのが望ましいのでしょうか?
A.口腔(くう)内細菌が根管内に入るのを防ぎ、根管治療の成功に役立つためです。ラバーダムを使用しなかった場合、成功率は半分近くまで落ちるといわれています。

Q.マイクロスコープを使用すると肉眼の何倍くらいまで拡大して見ることができるのですか?
A.肉眼の約2倍~24倍まで拡大することができます。

Q.根管治療で使用するのはどのような薬ですか?
A.吉松歯科医院では、次亜塩素酸ナトリウム・EDTA・水酸化カルシウムを使用しています。

まとめ

根管治療にマイクロスコープを使用する必要性や治療にかかる費用・歯科選びのポイントなどを詳しくご紹介しました。マイクロスコープを使った根管治療は、歯を残すことができる可能性がある治療法です。ぜひこの記事を参考にして、治療が向いている症状や治療を受ける際の注意点などを知ってください。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供