噛み合わせが体に与える影響は? 正しい噛み合わせに直す方法は?

「頭痛や肩こりがひどい」「片側の歯だけすり減っているように感じる」などの症状が起きている場合、もしかしたら噛み合わせが悪いことが原因になっているかもしれません。実は、ほとんどの人が噛み合わせの悪さに気づかず、自覚したときには、すでに症状が悪化しているケースがほとんどです。また、噛み合わせが悪いと全身にまで影響を及ぼす可能性があり、口内環境の問題だけでは済みません。

そこで、本記事では、噛み合わせの影響について詳しく説明します。

  1. 正しい噛み合わせとは?
  2. 噛み合わせが悪いことによる影響
  3. 噛み合わせが悪くなる原因は?
  4. 噛み合わせの治療方法は?
  5. 噛み合わせに関してよくある質問

この記事を読むことで、噛み合わせを正しく治すための方法やポイントが分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.正しい噛み合わせとは?

正しい噛み合わせ=歯の高さが合っている状態とイメージする方が多いですが、それは一部の限られたことです。正しい噛み合わせには、歯の高さだけでなく、以下の点を確認した上で判断します。

  • 肩甲骨や骨盤などがゆがんでいないか
  • 左右の肩の高さが等しく、床と並行であるか
  • 顎の中心がきちんと真ん中に位置しているか
  • 頭蓋骨の位置が前後左右に傾いていないか・左右の回転などがないか

噛み合わせはさまざまな点を考慮した上で、正しいかどうか判断されます。体のゆがみ・顎の位置・歯の高さなど、複数の箇所を調べるように、噛み合わせはさまざまな箇所に影響を及ぼす重要な要素と言えるでしょう。

2.噛み合わせが悪いことによる影響

では、噛み合わせが悪いとどのような影響が起きるのかチェックしておきましょう。

2-1.噛み合わせが悪いと全身に影響を及ぼす

実は、多くの人が噛み合わせが悪く、そのことに気づいていないと言われています。噛み合わせが完璧な人はごくわずかです。そのため、以下の症状が現れた際は噛み合わせの悪さが原因になっているかもしれません。

  • 肩こり
  • めまい
  • 頭痛
  • 腰痛
  • 鼻づまり
  • 耳鳴り
  • 目のかすみ
  • 顎関節症

上記の症状を見れば分かるように、噛み合わせの悪さは全身に影響を及ぼします。重心がズレるようになり、全身のバランスが乱れてしまうのが原因です。バランスが崩れると肩や腰がバランスを調節するようになり他の部位でカバーした結果、ゆがませてしまいます。噛み合わせの悪さがさまざまな部位のバランス乱れ・ゆがみを生じ、姿勢が悪くなり、さまざまな影響が起きるというわけです。

2-2.美容面における悪影響

噛み合わせの影響は、美容面にも大きく関係します。噛み合わせで歯並びが悪くなると顎や顔の形が変わってしまう恐れがあるのです。健康だけでなく、見た目も美しくなくなってしまいます。また、歯並びが悪くなると人前で笑うことができず、精神的ストレスになってしまうでしょう。

2-3.噛み合わせの悪さを放置するのは危険

「大したことじゃないから大丈夫」と、噛み合わせの悪さをそのまま放置するのは危険です。上下の歯がきちんと噛み合わず、接触点数が減少すると咀嚼の能率が悪くなります。すると、どんどん歯が弱まってしまい、歯周病や虫歯の原因になるのです。特に、前歯の噛み合わせが悪い状態だと発音がしに食うなり、話すときにツバが飛んだり、唇が閉じにくく口が乾いたりと口内環境に影響を及ぼします。見た目も悪くなるので人付き合いにも支障をきたしかねません。

3.噛み合わせが悪くなる原因は?

では、どうして噛み合わせが悪くなるのでしょうか。具体的な原因について解説します。

3-1.自分では気づきにくい噛み癖・歯ぎしりなどが原因に

噛み合わせが悪くなる原因は、ほとんどの人が気づかないまま日常生活での振る舞いや行動にあります。たとえば、噛み癖・歯ぎしり・頬杖(ほおづえ)などです。日常で当たり前にしている振る舞いが、少しずつ歯を削る原因となり、噛み合わせが悪くなります。いきなり噛み合わせが悪くなるケースはほとんどなく、数μ(ミクロン)のズレが日々積み重なることで噛み合わせの悪さにつながるのです。寝ている間に歯ぎしりをしている方も多いので、少しでも症状が見られた場合は歯医者で検査を受けることをおすすめします。

3-2.入れ歯・ブリッジ・インプラントが原因になることも

歯を失ったとき、入れ歯やブリッジ・インプラントなどの治療を行うことになるでしょう。実は、これが噛み合わせの悪さを引き起こす原因になってしまうのです。正しい治療を行わなかったせいで周囲の歯が移動したり傾いたりしてしまい、噛み合わせを悪くします。歯科医師のミスによってさらなるトラブルを招くこともあるでしょう。歯を失ったときは早急な治療が必要となりますが、信用できる歯医者で正しい治療を受けることも大切です。

3-3.歯並びの悪さ

歯並びの悪さが噛み合わせをさらに悪化させているケースがあります。歯と顎のバランスが取れていない状態なので、上下の顎の骨もバランスが悪くなり、出っ歯や受け口になってしまうのです。歯並びの悪さは噛み合わせを悪くさせるだけでなく、見た目はもちろん、虫歯や歯周病になりやすい傾向もあります。できれば、歯並びがキレイにしやすい子どものときから矯正を始めたほうがいいでしょう。

3-4.骨の発育障害や指しゃぶりなどの癖

骨の発育障害や、子どものころから続いている指しゃぶりなどの癖が原因で噛み合わせが悪くなることもあります。発育障害が部分的に現れると顎が変形し始めるでしょう。指しゃぶりが続くと前歯が噛み合わないなどの状態が続き、上下顎のバランスが崩れてしまいます。「ほかの人と顎の形が違うかも」「バランスが崩れているかもしれない」と思ったときは、1度歯医者で検査してもらったほうがいいでしょう。

3-5.虫歯や歯周病などの放置

虫歯や歯周病など口腔内の病気を放置することで、噛み合わせが悪くなることがあります。虫歯を治療しないで放置したり、歯を抜いたままにしたりしておくと、歯が正常な位置から移動してしまうのです。その結果、歯並びが悪くなり、噛み合わせに問題が発生します。また、虫歯や歯周病を放置するほど治療に時間がかかり、費用も高くなってしまうので注意してください。

4.噛み合わせの治療方法は?

悪くなった噛み合わせは、どのように治療すればいいのでしょうか。

4-1.歯周・矯正・補綴(ほてつ)治療など総合的な治療が必要

正しい噛み合わせにするためには、歯周治療・矯正治療・補綴治療など総合的な治療が必要となります。虫歯や歯周病の可能性がある場合は治療を始め、歯並びが悪い場合は正しい歯並びにするための矯正が必要です。基本的には、全顎治療を行うことになるでしょう。噛み合わせは顎の力やバランスが乱れていることが原因なので、総合的な治療をしつつも顎を発達させることが何よりの近道になるからです。筋肉のマッサージやマウスピースの使用など、治療を続けながら顎を発達させるための工夫も行います。

4-2.噛み合わせ治療用のマウスピースが主流

噛み合わせの治療は総合的な視点から行うことが基本ですが、主流となっているのはマウスピースの使用です。噛み合わせ治療用のマウスピースを作り、正しい噛み合わせに調節します。寝ているときに装着することで、無意識にやってしまっている歯ぎしり対策にもなるのです。最初は、就寝時のみの装着となりますが、効果が徐々に現れ始めてきたら日中でも使用できるようになります。治療経過を見ながら調整を行うのが大切です。

4-3.それぞれの状態によって治療方針を決めることが大切

人それぞれ、歯並びや顎の大きさ、口腔環境などが異なります。そのため、まずは歯医者でしっかりと検査を行い、それぞれの状態に合った治療方針を決めることが大切です。たとえ、親しい人が噛み合わせの治療に成功したとしても、自分に合っているか断言できません。骨格が違うからこそ、きちんと検査した上で正しい治療を始めることが重要なのです。

4-4.歯医者選びのポイントをチェック!

自分に合った正しい治療を行うためには、歯医者選びが重要なポイントとなります。治療を受ける歯医者を見つけるために、以下のポイントに注目してください。

  • 噛み合わせの治療に力を入れているか
  • できるだけ自分の歯を守ろうとしてくれるか
  • きちんと治療前に検査をしてくれるか
  • 分かりやすく丁寧な説明をしてくれるか
  • 料金体系がしっかりしているか
  • 治療保証が整っているか

マイクロスコープを用いた技術が高い治療を行っている吉松歯科医院では、時間をたっぷり使い、1人1人に合った治療を心がけています。治療後のアフターケアも充実しているので、悩んでいる方はぜひ1度ご相談ください。

4-5.不安や疑問を感じたらすぐに検査しよう

前述したように、噛み合わせの悪さは放置するほど、どんどん悪化をたどることになります。その結果、治療時間が長くなったり、費用が高くかかったりしてしまうのです。少しでも不安や疑問を感じたら、すぐに歯医者で診察を受けるようにしてください。不安な気持ちを抱いたまま生活するよりも、検査を受けて原因を明らかにしたほうが安心できます。

5.噛み合わせに関してよくある質問

噛み合わせに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.噛み合わせが悪くなりやすい人の特徴は?
A.頬杖をついたり、片方の歯だけで食べ物を噛んだり、日ごろの習慣によっても噛み合わせが悪くなる可能性があります。また、詰め物や入れ歯をしている人は、噛み合わせが悪化しやすくなるでしょう。詰め物などをする場合、治療後に赤い色の紙を噛み、歯がしっかり噛み合っているのかなんども確認するのが一般的です。しかし、しっかり噛み合っていても、時間の経過とともにいつの間にか噛み合わせが悪くなってしまうことがあります。詰め物などは定期的なメンテナンスが必要になるため、治療後もメンテナンスを行ってください。

Q.顎関節症とは?
A.咀嚼する際に痛みを感じる・口の開け閉めをする際に顎関節がゴリゴリ音がする・口が大きく開かなくなるなどの症状が顎関節症です。発症メカニズムに関しては未だに不明な点が多いのですが、不良な噛み合わせや精神的なストレス・頬杖などの日常生活での癖が関係しています。原因がハッキリとしていないため、治療を始める際はできるだけ歯を削らずに噛み合わせを調整する方法を選択してください。

Q.噛み合わせの治療期間、費用は?
A.顎のバランスや口腔環境・状態などで異なりますが、噛み合わせの治療期間は約半年~1年かかるでしょう。前述したように、総合的な観点からの治療が必要になるので時間はかかります。しかし、きちんと正しい治療を行えば、効果も少しずつ実感するようになるでしょう。また、治療費用も差はありますが、約15,000~30,000円です。あくまで目安となるため、具体的な費用に関しては廃車に確認してください。

Q.保険適用できるのか?
A.基本的に、噛み合わせの治療に保険は適用できません。歯科保険はあくまで症状が出たときにだけ使われるもので、噛み合わせは矯正治療(歯の並び)を改善する治療となり、保険適用外になっているのです。だからこそ、治療費用節約のためには、症状が軽いうちに治療を始める必要があります。

Q.子どもの噛み合わせにおける注意点は?
A.大人と子どもの噛み合わせは異なるので注意が必要です。子どもは永久前歯が出てくる時期に、噛み合わせが悪くなっているように感じられます。ただし、まだ永久歯が歯茎の中から出てきていないことが原因となるため、実際に噛み合わせが悪くなっているわけではありません。正常な発達段階にある場合もありますが、子どもの噛み合わせが心配な方は歯医者に相談するといいでしょう。明らかに歯並びがおかしい・顎の形が変化していると感じた場合は、できるだけ早めに診察を受けてください。

まとめ

噛み合わせは全身のバランスにも大きく影響することになります。噛み合わせが悪くなると顎関節に影響を及ぼし、いずれは全身のズレへと発展するのです。その結果、全身にさまざまな症状が現れます。噛み合わせを放置するほど治療期間や費用がかかるため、早めに処置することも大切です。できれば、噛み合わせの治療実績がある歯医者で診察を受けてください。そして、適切な治療を続けていき、正しい噛み合わせに調整しましょう。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供