口臭が気になる……ベストな改善策は? 歯科医で治療するメリット

口臭が気になり始めると、周囲の人と楽しく会話ができなくなってしまいます。気兼ねなく会話を楽しむためにも、早めに口臭改善を行うことが大切です。そのまま放置すると、どんどんにおいがひどくなり、糖尿病や心筋梗塞など全身性疾患の発症につながります。口臭は改善できるので安心してください。

本記事では、口臭を自分で改善する方法や病院へ行くメリットなどを解説します。

  1. 口臭が発生する原因は?
  2. 口臭を自分で改善する方法
  3. 放置の危険性と注意点
  4. 歯科医で口臭を改善するメリットと方法
  5. 口臭に関してよくある質問

この記事を読むことで、口臭改善のポイントが分かります。気になっている方や悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.口臭が発生する原因は?

まずは、なぜ口臭が発生するのか具体的な原因をチェックしておきましょう。

1-1.歯磨きなど正しい口腔(こうくう)ケアができていない

口臭は誰にでもある生理的口臭から、食べ物や飲み物で発生する口臭、病的口臭とさまざまな種類があります。生理的口臭は自然的なものなので気にする必要はありませんが、正しい口腔ケアができていないことで発生する口臭は注意が必要です。正しいお口のケアをしていないと、口臭の原因となるバクテリアが発生し蓄積されます。その結果、嫌なにおいの口臭が発生するというわけです。

1-2.ドライマウスが悪臭の原因にも

ドライマウスの症状が、口臭につながることもあります。口内が乾燥するドライマウスは悪臭を放つバクテリアが繁殖しやすくなるのです。食べカスやバクテリアを洗い流す唾液量が不十分なため、それらが歯や舌の上に付着して悪臭となります。ドライマウスの症状が見られる方は、唾液量を増やすなど改善のための対策を施す必要があるでしょう。

1-3.食べ物や喫煙による口臭

にんにくを食べると口が臭くなると言われていますが、これはあくまで一時的なものです。食べ物の成分が血流に吸収されることで、口からのにおいが臭くなります。体がその食べ物を消化するまではにおいが残りますが気にする必要はありません。ただし、タバコをよく吸う方は一次的な口臭ではなく、喫煙による悪臭に悩まされることになります。タバコのヤニが歯に付着し、雑菌が繁殖して悪臭を発生させるのです。

1-4.ストレスや心理的な口臭

近年、増えてきているのがストレスや心理的な問題で発生する口臭です。ストレスを感じると唾液の分泌量が減り、常に口の中が乾燥状態になってしまいます。その結果、ドライマウスになり嫌なにおいが発生するのです。ストレスは無意識のうちに感じることが多いため、気づかないうちに口臭が発生する可能性もあるでしょう。また、心理的口臭は、実際に悪臭が発生していなくても自分自身で強いにおいがあると思い込んでしまうことです。

2.口臭を自分で改善する方法

では、自分で改善したいときはどうすればいいのでしょうか。

2-1.口の中を清潔に保つように気をつける

まずは、口の中を清潔に保つように心がけることが1番の改善策となります。口臭が発生しているときは、口の中がネバネバして気持ち悪いと感じるでしょう。これは口の中に細菌が繁殖している証拠なので、歯磨きや舌磨き・薬用マウスウォッシュなどで清潔にする必要があります。基本的に、歯磨きは毎日欠かさず丁寧に行い、舌は専用の舌ブラシを使ってやさしく掃除してください。最後に仕上げとして薬用マウスウォッシュで殺菌効果を高めましょう。

2-2.唾液の分泌量を増やす

唾液は口の中に発生しているバクテリアや細菌を流してくれる作用があります。前述したように、口の中が乾燥している人ほど口臭が強くなるため、唾液量を増やすことが改善の道につながるのです。唾液の分泌量を増やす方法は、よく噛んで食べる・口を動かす・リラックスする3つがあります。食事をするときになるべくよく噛んで食べると唾液の分泌が促されるでしょう。口を動かすのも唾液腺が刺激されるため、大きく口を開けて「あ・い・う・え・お」と言ってみてください。また、リラックスすると副交感神経が刺激され唾液が分泌しやすくなります。

2-3.飲酒・喫煙・刺激が強い食べ物を控える

飲酒や喫煙は、口臭の原因になるので禁酒・禁煙を心がけてください。ただし、いきなりゼロにするのは難しいと思うので、少しずつ量を減らすところから始めましょう。ヘビースモーカーが「今日から禁煙する!」と決意を固めても、それが逆にストレスになり口臭が改善できない可能性もあります。無理のない範囲で改善することも大切なポイントです。そして、刺激が強い食べ物もなるべく控えましょう。

2-4.歯周病や虫歯の予防に努める

虫歯菌が繁殖し、虫歯でできた穴の中に蓄積すると悪臭が発生します。また、オーラルケアを怠ると歯周病へとつながり、どんどん悪臭が強くなってしまうのです。口臭の原因は虫歯や歯周病の可能性もあるため、定期的な歯科検診を行い、予防に務めることも大切な改善の道となります。定期検診を受けていれば、虫歯の早期発見につながり、治療費の節約にもなるのです。

3.放置の危険性と注意点

口臭を放置することの危険性と注意点について解説します。

3-1.放置すると症状が悪化する

当たり前ですが、口臭を放置するとどんどん悪化することになります。話をするたびに悪臭が周囲へ漂うことになり、人間関係にも大きく影響するかもしれません。また、口内細菌を放置すると糖尿病・心筋梗塞・脳梗塞・狭心症・がん・早産などの全身性疾患の誘引になることが判明しました。口の中だけでなく、全身の健康に悪影響を与えるきっかけになるので注意しなければなりません。気になったときは、なるべく早めに受診し原因を突き止めましょう。

3-2.注意しておきたい病的な口臭

口臭の中で注意しておきたいのが、病的な口臭です。前述したように、糖尿病や肝臓疾患をはじめ、呼吸器系や消化器系の病気などが原因で口臭が発生するケースもあります。病的口臭のおよそ9割は口の中に原因があり、歯周病・虫歯・歯石(しせき)・舌苔(ぜったい)・唾液の現象・入れ歯の清掃不良などが考えられるのです。病的な口臭は、病気の原因を治療することで改善できるでしょう。疾患をお持ちの方は、その旨を歯科医へ伝えることも大切です。

3-3.気にしすぎないことも大事

口臭の中には、自分自身で強いにおいがあるのではという思い込みで発生する心理的口臭があります。この場合は、気にしすぎないように心がけることが大切です。心理的口臭になりやすい人は、他の人よりもにおいに敏感な特徴があります。どうしても口臭が気になる方は、歯医者で検査し治療することも可能です。自分の息が本当ににおっているのか確認できれば、気にする必要もないでしょう。

4.歯科医で口臭を改善するメリットと方法

自分で行う口腔ケアと同時に、歯科医で口臭を改善することも大切なポイントです。ここでは、歯科医で行う口臭改善のメリットと方法について解説します。

4-1.虫歯や歯周病治療・舌苔除去が基本

口臭の原因は、口腔内の疾患がほとんどです。虫歯や歯周病・舌苔によるバクテリアの繁殖が口臭の発生原因となっている場合は、歯科医で専門の治療を行います。適切な治療を行うために、まずは基礎疾患の有無を確認し、お口の中を検査することになるでしょう。きちんと検査をすることで、原因を突き止め正しい治療を行うことができます。歯医者を選ぶ際は、きちんと検査を行っているか否かも確認したほうがいいでしょう。

4-2.正しいブラッシングや日常ケアを学ぶ

前述したように、口臭の原因を突き止め治療を始めることが大切ですが、正しいブラッシングや自分でできる口腔ケアを日ごろから行うことも重要です。正しい方法で歯磨きをしていると思っていても、間違っている可能性があります。歯科医で正しい方法を教えてもらい、プラークコントロールを心がけましょう。歯科医での治療とあわせて自分でケアを行うこと、これが改善への1番の近道となります。

4-3.治療期間は約3か月程度、初診でおよそ7,000円〜

口臭の治療期間は、口腔内の状況によって異なりますが、目安は約3か月です。初診で口臭の原因を調べるための精密検査を行い、治療を始めてから3週間後に再診を行います。その間に、生活習慣の改善や自分でできるケアを行うことで、治療の経過も異なるでしょう。また、治療費は初診でおよそ7,000円〜です。あくまで目安となるため、初診で行う検査内容によって異なるでしょう。また、検査で病気が見つかった場合は、保険が適応となります。費用や保険に関する詳細は、歯医者で確認してください。

4-4.予防歯科に力を入れている歯医者を選ぶ

適切な口臭治療を受けるためには、歯医者選びも重要なポイントとなります。口臭治療に力を入れているのはもちろん、虫歯の予防にも前向きなところを選んでください。口臭原因は口腔内の疾患が原因のケースが多いため、虫歯予防に力を入れている歯医者なら安心して治療に専念できます。吉松歯科医院では虫歯治療・予防に努めているので、ぜひ1度ご相談ください。

5.口臭に関してよくある質問

口臭に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.生理的口臭の特徴は?
A.誰でも発生する生理的口臭は、病的口臭ではないので時々気になる程度のにおいが特徴です。体のコンディションによって、発生したりしなかったりすることがあります。周囲が不快感を覚えるほどの口臭は、顔からの距離が30cm程度で分かるかが目安です。コップに息を吹きつけたり手でおおって自分の息を嗅いだりするなど確認方法はありますが、自分で判定するのは困難なのできちんと検査することをおすすめします。

Q.口臭を悪化させる生活習慣は?
A.糖分が多い食生活を続けると、口臭が悪化するので注意が必要です。糖分の多い食べ物は細菌の繁殖につながり、酸性の食べ物は歯をおおっているエナメル質を弱くさせてしまいます。その結果、表面に歯垢(しこう)がつきやすくなり、口臭の原因になってしまうのです。また、高脂肪・高タンパクの食べ物は消化が悪いので、代謝されず硫黄ガスが発生します。口臭を悪化させないためには、緑黄色野菜やフルーツなどバランスのとれた健康的な食事を心がけることが大切です。

Q.正しい歯磨きの方法とポイントは?
A.歯を1本ずつ20回以上、歯並びにあわせて磨くことです。毛先を歯の面に当てるように、軽い力で少しずつ移動させていきましょう。特に、歯と歯ぐきの境目や歯と歯の間は細菌や食べカスがたまりやすい傾向があるため、歯ブラシの毛先をきちんと当てることが大切です。また、5~10mmの幅を目安に動かし、1~2本ずつ磨きます。でこぼこの歯並びや背の低い歯は普通の歯ブラシでは磨きづらいので、デンタルフロスなど先端が細かくなっているブラシを使うのもポイントの1つです。

Q.口臭の治療に保険は適用できないの?
A.口臭の検査や治療は、保険外診療となるため保険を適用することはできません。初診でかかる費用はおよそ1万8,000~2万円になりますが、もっと高くなる可能性があるので事前に確認しておきましょう。歯医者の中には、クレジットカード決済や分割払いができるところもあります。

Q.口臭予防に有効な薬剤は?
A.有効成分が含まれているものをおすすめします。口臭予防と記載されている薬剤のほとんどが、医薬品または医薬部外品です。塩化亜鉛・クロルヘキシジンなどの成分が含まれている商品が有効なので、成分表を確認してから購入しましょう。ただし、市販の口臭予防薬剤はあくまで補助材、一時的な対処法となります。徹底的に改善したいなら、専門の歯科医で治療を行うことが大切です。

まとめ

口臭は誰にでも発生するものですが、中にはストレスや病的原因で発生する臭いもあります。病的口臭の場合は、根本的な病気を改善することで口臭も自然と気にならなくなるものです。生理的口臭は心がけ次第で改善できますが、歯周病や虫歯などが原因で発生している場合は歯科医での治療が必要となります。まずは、なぜ口臭が発生しているのか原因を突き止めるため、病院で検査を受けましょう。それから、適切な方法で治療を行うのが口臭改善の近道となります。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供