オーラルケアの方法は?〜自分でできるケアと定期検診の重要性〜

オーラルケアは、虫歯や歯周病を未然に防ぐための口腔(こうくう)内のケアを指しています。基本的なオーラルケアとして歯磨きがありますが、正しい方法で行うことが大切です。また、自宅で対処しきれない虫歯菌などは、定期検診で歯科医師にケアしてもらう必要があります。歯を美しく健康に保ち続けるためには、オーラルケアが重要なのです。

本記事では、オーラルケアの具体的な方法について解説します。

  1. オーラルケアの基本と必要性を知ろう!
  2. オーラルケアの具体的な方法は?
  3. オーラルケアを行うコツ、ポイント、注意点
  4. オーラルケアのおすすめグッズと歯医者の付き合い方
  5. オーラルケアに関してよくある質問

この記事を読むことで、オーラルケアの必要性や上手に行うためのポイントが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.オーラルケアの基本と必要性を知ろう!

まずは、オーラルケアの基本と必要性をチェックしておきましょう。

1-1.オーラルケアは口の中を清潔に保つお手入れ

近年、オーラルケアの重要性が注目されています。オーラルケアとは、口の中(口腔内)を清潔に保つためのお手入れのことです。たとえば、歯ブラシを使った歯磨きはもちろんのこと、歯間クリーナーなどのケア用品を上手に活用し口腔ケアを行います。また、歯だけでなく、舌の掃除も行うなど、口の中を清潔に保つオーラルケアを徹底することでさまざまな効果が生まれるのです。

1-2.プラークコントロールにより虫歯や歯周病を予防する

オーラルケアを行う必要があるのは、プラークコントロールと深く関係しています。プラークコントロールとは、口内にあるプラーク(歯垢(しこう)・細菌のかたまり)の量を抑え、虫歯や歯周病などを予防できるようにコントロールすることです。歯の表面に付着したプラークを除去することで、細菌が原因で発症する虫歯や歯周病を未然に防ぐことができます。

1-3.いつまでも自分の歯を健康に保つため

オーラルケアを徹底することで、いつまでも自分の歯を健康に保つ効果が期待できるでしょう。オーラルケアをしないと、口腔内の環境が悪化し、加齢とともに歯を失う可能性も高くなります。けれども、オーラルケアを続けることで健康的な自分の歯を保ち続けることができ、入れ歯の必要性が低くなるのです。

2.オーラルケアの具体的な方法は?

では、具体的にオーラルケアはどのように行えばいいのでしょうか。

2-1.基本は正しい歯磨き

オーラルケアの基本中の基本とも言えるのが、毎日誰もが行う歯磨きです。歯磨きは歯に付着した食べカスや菌を除去するだけでなく、口内環境を整える役割を担っています。大切なのは、正しい歯磨きを行っているかどうかです。正しい歯磨きの方法は、以下のポイントを参考にしてください。

  • 毛先を歯の表面に当てる
  • 軽い力で動かす
  • 小刻みに動かす

歯ブラシの毛先を歯と歯茎の境目や、歯と歯の間にきちんと当てることで細かい汚れを丁寧に落とすことができます。ただし、歯ブラシの毛先が広がらない程度の力で磨くことが大切です。また、5〜10mm幅を目安に小刻みに動かし、1〜2本ずつ磨きましょう。そして、歯ブラシは鉛筆を持つように握ってください。よく分からない方や不安な方は、歯科医の指導を受けるのがいいでしょう。

2-2.歯磨きで除去できない歯間はデンタルフロスを使う

効果の高いオーラルケアとしておすすめしたいのがデンタルフロスです。デンタルフロスは歯間を掃除することができるアイテムで、歯磨きでは除去できない細かい食べカスや歯垢も除去できます。デンタルフロス以外にも、タフトブラシと呼ばれる先端が少しとがっているもので、歯茎の部分を刺激することもオーラルケアの1つです。歯茎を刺激することで、より頑丈な歯の土台を作ることができます。

2-3.歯だけでなく、舌磨きも忘れずに

オーラルケアは口の中の健康を保つ続けることが目的なので、歯や歯茎だけでなく、舌のケアも行う必要があります。舌磨きは、舌ブラシが効果的です。舌専用のブラシでしっかりと磨くことで、口臭の原因となる菌を抑制することができます。口臭が気になる方は特に、舌ブラシを入念に行いましょう。

2-4.口腔内全体を仕上げるならマウスウォッシュがおすすめ

歯磨き・歯間ブラシ・舌磨きなど部分別にケアをした後は、仕上げとしてマウスウォッシュ(洗口液)を使用して口腔内全体のケアに努めましょう。マウスウォッシュは殺菌効果が期待でき、歯磨きなどをした後に行うことで、より効果を高めることができるのです。同時に、口臭・歯周病の原因菌も抑えることができるため、オーラルケアの仕上げに最適と言えるでしょう。
また、デンタルフロス+マウスウォッシュ、歯磨き+舌磨き+マウスウォッシュなど、オーラルケアの方法をいくつか組み合わせることで、より効果が高まります。

3.オーラルケアを行うコツ、ポイント、注意点

それでは、オーラルケアを行うコツ、ポイント、注意点をまとめて紹介します。

3-1.プラークがつきやすいところを入念にケアする

口腔内全体をくまなくケアすることが大事ですが、特に注意してほしいのはプラーク(歯垢)が付着しやすい場所です。たとえば、歯と歯の間・歯と歯肉の間・かみ合わせの面などがあります。これらの箇所はプラークが付着しやすく、菌が蓄積されやすいので放置するとすぐに歯石となり、歯磨きだけでは除去できなくなってしまうのです。これらの部位に歯ブラシの毛先がきちんと届くよう、意識しながら入念に磨いていきましょう。

3-2.食べたら磨くを心がける

食事をした後は、プラーク中の細菌が糖分を代謝し酸を作りやすくなります。食後まもなくするとプラークでおおわれた歯の表面のカルシウムやリンなどが溶け出す酸性状態になるのです。元どおりの状態になるためには、唾液の働きで40分程度かかります。酸性状態が長く続くほどプラークが蓄積されやすく、虫歯になりやすい環境になるので「食べたら磨くこと」を心がけるべきなのです。

3-3.就寝前の歯磨きも入念に

食後だけでなく、就寝前の歯磨きも入念に行うことがオーラルケアの大切なポイントです。寝ている間は虫歯菌などを流してくれる唾液が少なくなり、細菌が繁殖しやすい環境となります。だからこそ、しっかりと歯磨きを行い、虫歯菌を増やさないように準備を整えることが大切なのです。歯ブラシだけでなく、デンタルフロスなど細かい部分までキレイにできるアイテムを上手に使い、オーラルケアに努めましょう。

3-4.自分でカバーできない部分は歯医者で対処する

自宅でできるオーラルケアには、限界があることを知っておかなければなりません。歯磨きやデンタルフロスだけではどうしても除去できない細菌などがあるため、定期的に歯医者へ通い、定期検診を受ける必要があります。オーラルケアは、自分ですることと歯医者で行うケアの両方を徹底することで成立するものなのです。

4.オーラルケアのおすすめグッズと歯医者の付き合い方

それでは、最後にオーラルケアに役立つ便利なグッズの紹介と、歯医者の付き合い方に関して詳しく説明します。

4-1.おすすめグッズをご紹介!

歯医者で販売しているデンタルフロスや、気軽に薬局等で手に入るものまでさまざまな種類があります。デンタルフロスなど歯を磨くグッズを使用する際は、なるべく強い刺激を与えないやわらかめのものを選んでください。口内洗浄液を利用する際は、なるべくフッ素を使用しない天然素材でできているものがおすすめです。中には、刺激が強い成分を含んでいるものもあるため、口の中に入れて刺激を強く感じる場合は使用をやめたほうがいいでしょう。口内炎ができているときは使用しないように注意書きが記載されているので、きちんと使用上の注意点を確認してから使ってください。

4-2.年に2回のメンテナンスを歯科で行う

歯医者で行うオーラルケアは、年に2回が理想だと言われています。できれば、3か月に1回のほうがより効果はありますが、仕事や家事で忙しい日々を送っていると時間を作ることができません。最低でも半年に1回は定期検診を受け、歯石の除去やブラッシング指導などを受けましょう。定期検診の大きなメリットは、虫歯や歯周病を未然に防ぐことです。早めに症状を発見することで、治療費の節約にもつながります。

4-3.予防歯科を行っているところを選ぼう

オーラルケアを行う場合、なるべく予防歯科に力を入れている歯医者を選んでください。予防歯科は、虫歯や歯周病を未然に防ぐことを目的としていて、オーラルケアに力を入れています。また、親身になって相談を聞いてくれるか、丁寧に歯磨きの仕方などを教えてくれるかどうかも要チェックです。虫歯など見つかったときは、適切な治療を施すことができるでしょう。

5.オーラルケアに関してよくある質問

オーラルケアに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.どんな歯ブラシを選べばいいの?
A.使いやすさや歯並びの大きさ・状態によって選ぶことが大切なポイントです。歯ブラシの毛先が開いたり、汚れ落ちが悪くなったりしている場合は、寿命を迎えている証拠なので新しいものに買い替えましょう。基本的に、歯ブラシは1か月に1回買い替えるように心がけるべきです。また、電動歯ブラシを使用したほうが、より食べカスなどを除去できると思われがちですが、実際に電動か手動かの差はありません。大切なのは、正しい方法で歯磨きをしているか否かなのです。

Q.オーラルケアを怠るとどうなるの?
A.虫歯や歯周病が発症しやすい口内環境となり、全身にも悪い影響を及ぼすことになります。虫歯の神経は、鼻から脳につながっているので頭痛が悪化する可能性もあるのです。また、専門家の研究によると、糖尿病・心疾患・早期低体重児出産・誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)などの病気にも関係することが分かりました。自分自身の健康を維持し続けるためには、オーラルケアが必要不可欠です。毎日ケアを行うことで、ささいな変化にも気づき早期治療につながるでしょう。

Q.歯並びがデコボコなのですが、歯磨きのコツは?
A.歯並びが悪いと歯磨きがしにくく、歯ブラシが当たらない箇所に歯垢が蓄積しやすくなります。そのため、歯ブラシを横から当てるだけでなく、へこんだ部分に当たるように意識することが大切です。歯1本1本に歯ブラシを縦に当てて、毛先を上下に細かく動かしながら磨きましょう。背の低い歯は歯ブラシを斜め横から入れることがポイントです。
また、奥歯や前歯の裏側も丁寧に磨いてください。ブラシを歯に対して少し斜めに入れ、前後に小さく動かすことがポイントです。特に、利き手側の奥歯の裏側は磨き残しが多くなりがちなので注意しましょう。

Q.手軽に始められるオーラルケアグッズは?
A.キシリトール配合のガムやタブレットを活用することで、虫歯予防の効果を高めると同時に洗浄効果が期待できる唾液量を増やすことができます。食後に歯磨きができないときは、キシリトール配合のガムをかむといいでしょう。また、手軽に汚れを拭き取ることができる口腔内専用のシートも発売されています。旅行などお出かけの際にもおすすめです。

Q.歯医者選びのポイントは?
A.ひとりひとりの口腔環境に見合ったオーラルケアを行っているかがポイントとなります。人によって口腔内の環境が異なるため、治療前に、診察・レントゲンなどの検査をしっかり行う歯医者は信用できるでしょう。また、根管治療など自分の歯を残す治療に力を入れている歯医者もおすすめです。吉松歯科医院は、なるべく歯を残す治療を心がけているので、ぜひ1度相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

オーラルケアは、歯をいつまでも健康かつ美しく保ち続けるために必要なケアです。正しいケアを行うことで虫歯と歯周病を未然に防ぐ効果が期待できます。歯磨きやデンタルフロス・マウスウォッシュなど自分でできる日々のケアと、歯医者での定期検診が大切なポイントになるでしょう。オーラルケアの必要性を知ることで、歯のケアに対する意識も高めることができます。自分の歯を持ち続けたい・健康な歯を保ち続けたい方は正しい方法を知り、ぜひ実践してください。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供