親知らずの抜歯は難しいのか? 抜歯の必要性や注意点などを徹底解説

親知らずの抜歯は、大掛かりな治療を要するイメージがあると思います。また、治療後の痛みや腫れなどに対し、不安を感じる方も多いものです。親知らずの抜歯はどのような場合に必要となるのか、抜歯の手順や注意点などを覚えておきましょう。

  1. 親知らずの抜歯について
  2. 親知らずの抜歯方法や抜歯に関する疑問点
  3. 親知らずを抜くときの注意点
  4. 親知らずの抜歯ができるところ・費用などについて
  5. 親知らずの抜歯でよくある質問

親知らずの抜歯を予定している方や、抜くべきか迷っている方は、抜歯せずに放置するリスクや抜歯すべき症状などを理解しておきましょう。

1.親知らずの抜歯について

親知らずの抜歯は、必要なものなのでしょうか? 抜かなければならない症状や、放置した場合に起こり得るトラブルなどをご紹介します。

1-1.親知らずは骨や歯茎に食い込んでいることが多い

親知らずは、永久歯が生えそろい、成人してから生えてくる最後の歯です。上下で合計4本生える人もいれば、4本より少ない人もいます。親知らずの生え方で問題となるのは、奥歯を押すように生える・骨や歯茎に食い込む・横向きに生えるなどです。痛みだけでなく、親知らずと隣り合う奥歯が虫歯になるなど、炎症を広げるきっかけになることもあります。

1-2.汚れの蓄積で炎症を起こしやすい

親知らずはそもそも歯として正しく機能していません。親知らずが生えてきたら、将来起こり得るリスクを踏まえ、抜歯を考えてみましょう。奥歯や親知らずは歯ブラシが届きにくく、虫歯や歯茎の炎症が起こりやすいものです。親知らずの生え方によっては、日々の汚れが蓄積しやすくなるため、歯周炎・歯周病・口臭の原因となります。炎症が進むと、出現した膿(うみ)が骨と結合し、顎全体に痛みやトラブルが広がるケースもあるのです。

1-3.きちんと管理が行き届く状態なら急いで抜歯しないケースもある

親知らずがまっすぐ生えており、歯ブラシが行き届いて管理できる状態なら、急いで抜歯をする必要はありません。また、歯茎の中に埋まったままで、痛みや腫れの症状がない場合も、経過観察をするケースが多いものです。

1-4.放置すると歯並びに影響する場合もある

親知らずが横向きに生えている・ほかの歯を圧迫していているなどの場合、抜歯が必要です。放置すると歯並びが悪くなり、矯正治療を要するケースもあります。

2.親知らずの抜歯方法や抜歯に関する疑問点

親知らずの抜歯方法や、治療の流れなどをご紹介します。

2-1.親知らずの抜歯は難しい

親知らずの抜歯は、骨の中に埋まっている歯を取り出す作業です。通常の歯に比べ、難易度の高い抜歯となります。痛みや腫れを伴うケースが多いでしょう。抜歯の痛みは、麻酔から覚めた後に出現し、腫れは抜歯後12時間ほど経過してから始まります。下顎骨付近にある動脈に親知らずが触れている場合、抜歯によって血管が傷つき、出血量が多くなるケースもあるでしょう。そのため、血圧や体調の変化なども管理してくれるリスクマネジメントができる病院での抜歯が必要です。

2-2.抜歯の事前準備から完治までの流れ

親知らずの抜歯は、以下の流れで行います。抜歯の術前管理をしっかり行い、化膿(かのう)を防ぐことも大切です。

  1. 問診・視診
  2. レントゲン撮影で口腔(こうくう)内の状態を確認する
  3. 抜歯が必要か、経過観察とするかの判断をしてもらう
  4. 歯茎や歯のメンテナンス(歯茎の腫れや炎症を鎮め、安全に抜歯を行うのが目的)
  5. 抜歯前に抗生物質を服用する場合もある
  6. 抜歯当日、体調と口腔内を確認する
  7. 麻酔(表面麻酔・局所麻酔などを併用。入院と全身麻酔を要する難しい症例もある)
  8. 親知らずの状態に応じた手法で抜歯を行う
  9. 抜歯した際の出血を止めるため、30分ほどガーゼを嚙(か)む
  10. 抜歯後の痛みを止める鎮痛薬・細菌感染を防ぐための抗生物質などが処方される
  11. 経過観察のため再診
  12. 口腔内メンテナンスや、抜歯後の腫れ・出血の有無と状況を確認する(再診は、複数回求められる場合が多い)
  13. 抜歯後の経過が良好であれば完治となる

抜歯後の痛みは、3日〜1週間ほどで治るでしょう。しかし、抜歯でできた穴は、完全に塞がるまで3〜6か月要する場合があります。完治するまで、定期的に受診するのが一般的です。

2-3.親知らずの根の形状により、抜歯の難易度が変わってくる

親知らずの根は、人によって形状が異なります。抜歯の難易度が高い根の形状は、湾曲・肥大・屈曲・開脚など、根に極端な歪(ゆが)みがある場合です。レントゲンだけで判断できない場合、歯科用CTなどを使って画像診断をします。難易度が高く、通常の抜歯方法では対処できないと判断された場合、入院や全身麻酔などが必要になるケースもあるでしょう。

3.親知らずを抜くときの注意点

親知らずの根の形状などによっては、抜歯の難易度が高いため、さまざまなリスクを想定しておかなければなりません。抜歯前・抜歯後の注意点をご紹介します。

3-1.唇や舌の神経に麻痺(まひ)が起こる可能性がある

親知らずの根が神経の近くに位置している場合、抜歯の影響で唇や舌の神経に麻痺を起こす可能性があります。麻痺が起きた場合、完治まで1〜2年かかるケースもあるでしょう。とはいえ、実際に麻痺が起きた例はわずかです。抜歯前に、レントゲンなどで親知らずの生え方や位置などをしっかり確認してもらいましょう。

3-2.上顎の親知らずを抜歯すると、鼻腔まで穴がつながることがある

生まれつき上顎洞に親知らずの根が飛び出した形状になっている方は、抜歯の際に起こり得るリスクを考慮しておかなければなりません。上顎の親知らずを抜歯した後、抜歯した部分の穴が鼻腔(びくう)まで貫通し、口から入った水や空気が鼻に流れ込むなど違和感を抱きやすくなります。しかし、穴を閉じるなど特別な治療を行わなくても、自然治癒していくケースがほとんどです。

3-3.腫れは徐々に落ち着くもの

抜歯後、12時間経過したころから腫れが始まり、24〜36時間で腫れを強く感じるようになるでしょう。軽い腫れで済むケースもあれば、頰全体が膨らむケースもあります。抜歯後の腫れは、個人差はあっても、1週間〜10日ほどで徐々に落ち着くでしょう。

3-4.麻酔が覚めたころから痛みを強く感じる

抜歯時や直後は麻酔の効果が持続しているため、痛みを感じにくいものです。抜歯時の麻酔は、30分〜1時間ほどで覚め始めます。徐々に痛みが強くなり、時間の経過とともに痛みが和らいてくるものです。腫れと同様に、1週間〜10日ほどで痛みは和らぐと考えておきましょう。痛みが続く間は、処方された鎮痛薬を服用してください。

3-5.ドライソケットが起こることもある

ドライソケットとは、抜歯した部分の血液がゼリー状に固まらず、歯槽骨がむき出しになるため、激しい痛みを感じる状態のことをいいます。抜歯部分にゼリー状の血餅(けっぺい)ができないのは、頻回なうがい・舌が抜歯部分に何度も触れている・飲酒・喫煙・長時間の入浴などが原因です。痛み止めが効かない・出血が続くなどの症状があれば、早めに医療機関を受診しましょう。

3-6.抜歯当日は軽いうがいだけにしておく

抜歯した部分を歯ブラシで刺激してしまうと、出血する可能性があります。抜歯当日は軽いうがいだけにしておき、翌日から歯ブラシを使うようにしてください。ただし、1週間程度は出血や細菌感染などが起きるリスクがあるため、強い力で磨かないようにしましょう。

4.親知らずの抜歯ができるところ・費用などについて

親知らずの抜歯は、治療中の体調変化や大量出血などのリスクを考慮し、専門医がいる医療機関を選ぶことが大切です。医療機関の選び方や抜歯にかかる費用などをご紹介します。

4-1.口腔外科の専門医がいる歯科医院を選ぶこと

親知らずの抜歯は、口腔外科の専門医がいる医療機関が安心です。口腔外科の専門医は、口腔内の外傷や顎に関する疾患などを中心に治療を行っています。親知らずなど抜歯に関する技術や知識があり、全身状態を見ながら安全・確実に抜歯してくれるので安心です。かかりつけの歯科医院に口腔外科の専門医がいれば親知らずの状態を診てもらうといいでしょう。とはいえ、親知らずの抜歯は歯茎の切開など大掛かりな処置が必要なのに加え、多量の出血が起こる可能性もあるため、大学病院や総合病院などを紹介されるケースも多いのです。

4-2.親知らずの抜歯は保険診療で受けることができる

親知らずの抜歯は、保険診療で受けることができます。自己負担額の目安は、1回の診療につき3,000〜5,000円程度です。ただし、難易度が高い親知らずの抜歯や、歯科用CTなど高度な検査が加わると、8,000円前後の費用がかかることがあります。

5.親知らずの抜歯でよくある質問

親知らずの抜歯に関する質問を集めました。抜歯を予定されている方は、ぜひご一読ください。

Q.虫歯になった奥歯の治療をするために、親知らずを抜くこともあるのか?
A.はい、あります。親知らずが障害となって奥歯の治療に支障をきたす場合や、虫歯の再発防止など衛生管理がしやすい状態にする場合などです。

Q.親知らずの抜歯後、痛みで眠れない場合はどうすべきか?
A.まず、処方された痛み止めを服用してください。痛み止めの服用は、決められた量を守ることが大切です。就寝時間に痛みが起こらないよう、歯科医師に相談して服用時間を調整しましょう。抜歯したほうを上にして横になれば、出血がしにくく、痛みも和らぎます。

Q.親知らずの抜歯後に発熱が起こることもあるのか?
A.はい、あります。ただし、発熱する方はごくわずかです。とはいえ、抜歯後は体調が不安定になるため、運動や肉体労働は避け、安静に過ごすようにしてください。

Q.親知らずの抜歯には、どのくらい時間を要するのか?
A.親知らずの状態により、抜歯にかかる時間は変わります。麻酔や縫合などを含め、40〜60分程度が目安です。抜歯前に歯科医師から説明をしてもらい、治療に要する時間や費用などを確認しましょう。

Q.痛みに弱い・恐怖が先立ってしまうなど、親知らずの抜歯に関する不安は、歯科医師に相談すべきか?
A.痛みの感じ方は人それぞれ異なるため、不安に感じることは事前に相談しましょう。医療機関によっては笑気鎮静麻酔を使い、傾眠状態で抜歯を行う場合があります。緊張で体がこわばってしまうより、リラックスした状態で受けられるように意識してください。

まとめ

親知らずは、骨や歯茎に食い込んで生えてくることが多いのに加え、歯ブラシがしっかり届かず管理不足になり、日々の汚れが蓄積しやすくなります。歯肉炎・歯周病・口臭・虫歯などのリスクも高まり、放置すると歯並びにも影響することから、抜歯を行う場合があるでしょう。親知らずの抜歯は難易度が高いため、口腔外科専門医がいる医療機関で受けたほうが安心です。安全に抜歯を終え、痛み・腫れ・出血などを抑えるためにも、抜歯前と抜歯後の注意点をしっかり理解しておきましょう。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供