歯に着色汚れがつく主な原因は? 予防法や対処法・注意点と共に解説

歯の黄ばみや着色汚れに悩んでいる人は多いことでしょう。歯の着色汚れを落としたり、予防したりする効果をうたった歯磨き粉もたくさんあります。歯の汚れは歯磨きや歯医者での治療で落とすことができますが、歯に着色汚れがつく原因が分かれば、日常生活で気をつけることが分かってくるでしょう。

今回は、歯の着色汚れとなる物質や対処方法を紹介します。

  1. 歯が着色する原因
  2. 歯の着色汚れをセルフケアする方法
  3. 歯の着色汚れを歯医者で治療する方法
  4. 歯の着色汚れを予防する方法
  5. 歯の着色に関するよくある質問

この記事を読めば、歯医者を受診する目安や着色汚れと虫歯の違いなども分かるでしょう。歯の着色汚れが気になる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.歯が着色する原因

はじめに、歯に着色が起こる主な原因や影響を紹介します。

1-1.歯は食べものに含まれる物質で着色される

歯は、タンニン・鉄・ポリフェノールに含まれるステインなどによって、着色が起こります。また、これらの汚れがだ液に含まれているタンパク質の一種、ぺリクルと結合することで、歯の表面に沈着してしまうのです。つまり、毎日歯みがきをこまめにしないと、食べものに含まれる物質が歯にどんどん色が着色して取れにくくなります。

1-2.タバコのヤニが歯に着色する

喫煙をすると、タバコのヤニが歯に付着します。1日に吸うタバコの量が多いほど歯に沈着する汚れは多くなるでしょう。

1-3.加齢によって歯が黄ばむこともある

歯が白いのは、エナメル質の色です。加齢によってエナメル質が薄くなることにより、中の象牙質が透けて見えることもあります。年を取るにつれて歯が黄ばんできたと思う場合は、歯のエナメル質が薄くなっている可能性があるでしょう。

1-4.虫歯などで神経を抜くと歯が黒くなることもある

虫歯などの治療で神経を抜いた場合、歯が黒くなることがあります。これは、歯に栄養が行きわたらなくなっているためです。

1-5.薬の副作用で歯に着色が起こることもある

抗生物質の一種、テトラサイクリンを服用すると象牙質の色が変色する副作用が出ることがあります。歯のエナメル質が完成する乳児~7歳くらいの間に抗生物質を長期間服用すると、歯の着色が起こることがあるでしょう。また、エナメル質の形成期に多量のフッ素を摂取すると、歯に白い斑点ができたり茶褐色に変色したりすることがあります。

2.歯の着色汚れをセルフケアする方法

歯の着色汚れをセルフケアするには、以下のような方法があります。

  • 歯の着色汚れを落とす歯みがき粉を使う
  • 市販のホワイトニング剤を用いる

ただし、歯の着色汚れがひどい場合は効果がないこともあるでしょう。また、市販のホワイトニング剤は用法・用量を守って利用してください。使い過ぎは逆効果です。

3.歯の着色汚れを歯医者で治療する方法

この項では、歯医者で行える着色汚れを除去する方法を紹介します。

3-1.着色汚れをよりキレイにしたいならば審美歯科がおすすめ

食事やタバコが原因で着色汚れがひどい場合は、審美歯科でホワイトニングをすると真っ白になります。審美歯科で行えるホワイトニングは、家で行うホームホワイトニングや歯科医院で行うオフィスホワイトニングがあるので、歯科医とよく相談して決めましょう。なお、審美歯科で行うホワイトニングは自由診療で健康保険が適用になりません。

3-2.一般的な汚れならば歯科医でクリーニングを行う

一般的な歯医者でも、汚れを落とすクリーニングを行うことができます。歯を専用の機材でクリーニングするので、歯みがきでは取れにくい汚れでも落とすことができるでしょう。歯医者によっては定期検診とクリーニングをセットで行えるところもあります。なお、クリーニングは健康保険が適用可能です。

3-3.子どもへのホワイトニングは認められていない

歯のホワイトニングは、過酸化水素などの薬品を使うため、子どもには行えません。審美歯科では、16歳未満の子どもへのホワイトニングは不可となっています。今は、個人輸入で海外からホワイトニング剤を手に入れることが可能ですが、子どもには使用しないようにしてください。フッ素や抗生物質による歯の変色が気になる場合は、まず歯科医に相談しましょう。

4.歯の着色汚れを予防する方法

歯の着色汚れを予防するには、以下のような方法が効果的です。

  • 食事の後ではこまめな歯みがきをする
  • 禁煙をする
  • 歯間ブラシなどを使い、すみずみまで掃除をする
  • 夜寝る前は、無糖でも紅茶・コーヒー・緑茶など担任を含むものを飲まない。飲んだらすぐ歯みがきする
  • 定期的に歯医者で検診を受ける

特に、歯医者で定期検診を受ければ、ホワイトニングを受けなくても歯の白さを保つことができるでしょう。虫歯予防にもなるので、ぜひかかりつけの歯医者を作ってください。

5.歯の着色に関するよくある質問

この項では、歯の着色に関する質問を紹介します。

Q.日本で販売されている歯のホワイトニング剤には過酸化水素は使われていませんか?
A.はい。使われていませんが、これだと強い着色汚れは落ちにくいのです。

Q.虫歯で歯が変色することはありますか?
A.ありますが、歯が変色するほど虫歯が進めばかなり強い痛みも出るでしょう。

Q.歯のクリーニングは乳歯でも行えますか?
A.はい。一般の歯科で行う歯のクリーニングは乳歯でも行えます。

Q.歯のクリーニングはどのくらいのペースで行えばいいでしょうか?
A.20代は1年に1度、30代以降は半年に1度のペースがおすすめです。歯医者と相談して回数をすすめましょう。

Q.エナメル質が薄くなって歯が黄ばんでいる場合は、ホワイトニングでは効果がありませんか?
A.はい。着色汚れではないので効果は薄いでしょう。

まとめ

今回は、歯の着色する汚れの種類や汚れの落とし方などを紹介しました。タンニンや鉄分は多くの食品に含まれているため、食事をしていればどうしても歯は汚れてきます。こまめな歯みがきや定期的な検診を歯医者で受けることで、歯の汚れをクリーニングすることができるでしょう。なお、ホワイトニングはすぐに歯を白くする効果がありますが、リスクもあり費用もかかることを承知しておいてください。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供