歯茎から出血する原因は歯周病? 受診の目安や注意点を解説します!

「歯茎から出血するけど、治療を受けるべきか」とお悩みではありませんか。歯茎から出血すると、歯周病などの病気ではないかと気になることでしょう。まずは、何が原因で出血するのかを調べて、適切な対処や治療を行う必要があります。

そこで今回は、歯茎から出血する原因と対処法・治療法を詳しく解説しましょう。

  1. 歯茎から出血する症状と原因
  2. 歯茎の出血と歯周病の関係は?
  3. 歯茎から出血したらどうする?
  4. 歯茎の出血に関するよくある質問

この記事を読むことで、歯茎の出血についてよく分かり、適切な対処ができます。まずは、記事を読んでみてください。

1.歯茎から出血する症状と原因

最初に、歯茎からの出血について、主な症状や原因を見ていきましょう。

1-1.出血の状況を観察しよう

歯茎からの出血は、状況を正しく把握することがです。適切な治療を受けるためにも、できるだけ細かく観察しましょう。

  • 出血のタイミング:歯磨き時・ものをかんだとき・気がつくと出血しているなど
  • 出血の状態:すぐに止まる・数分程度続く・大量に出血するなど
  • そのほかの症状:痛み・腫れ・口臭の有無・歯茎が下がっていないかなど

1-2.原因の90%以上が歯周病

歯茎からの出血の原因はは、90%以上が歯周病です。そのほかの原因については、以下を参考にしてください。

  • 歯根膜炎
  • 歯肉膿瘍(のうよう)
  • 歯肉がん
  • 歯の磨き方が悪い
  • 硬いものをかんだことなどによる傷
  • 喫煙
  • 薬の副作用

また、以下のような歯科以外の症状や病気に伴って出血する場合もあります。

  • ストレス
  • ビタミンC欠乏症
  • 感染性心内膜炎
  • 白血病など血液の病気

歯茎の出血以外に気になる症状があるときは、歯科医によく相談してください。状況によっては、ほかの科を紹介してもらえるはずです。

1-3.歯茎からの出血は放置すると悪化するだけ

歯茎からの出血の多くは、歯周病が原因です。歯周病は、適切な治療をしない限りどんどん悪化します。放置すれば、歯が抜けてしまうこともあるでしょう。また、歯周病菌が血管に入り、全身を巡ることでプラークを作り、脳梗塞や心筋梗塞などの原因になる可能性も指摘されています。悪化しないうちに歯医者を受診し、適切な治療を受けましょう。

1-4.子どもは親が注意深く観察すること

子どもの場合は、歯茎から出血しても痛みなどの不快症状がない限り、普段と変わらず過ごすことが多いものです。以下のような様子があるときは、口の中をチェックしてみるといいでしょう。

  • 歯磨きの際、歯ブラシに血が付着する
  • 口をゆすいだ水が薄く色づいている
  • 頻繁に指を口の中に入れている
  • 歯磨きを異常に嫌がる
  • 口臭がある

チェックした結果、歯茎から出血が見られるときは、早めに歯科を受診しましょう。

2.歯茎の出血と歯周病の関係は?

歯茎の出血は、歯周病と深い関係があります。

2-1.歯茎からの出血は始まりのサイン

歯茎からの出血は、歯周病などの始まりのサインと考えましょう。出血するのは、歯茎が細菌感染により炎症を起こしているからです。炎症を起こした歯茎は腫れて充血してしており、歯ブラシが当たった程度の刺激でも簡単に出血します。歯茎から出血したら、歯周病やそのほかの病気が隠れていると考え、速やかに治療を受けることが大切です。

2-2.歯周病は歯茎の病気

歯周病は、歯茎が炎症を起こす病気です。口の中には、歯茎と歯の間などに歯周病菌が多く存在しており、食べかすや歯こうなどをエサにして増殖して歯茎が感染し、炎症を起こします。なお、歯周病の中でも、ごく初期のものが歯肉炎・進行したものが歯周炎です。

3.歯茎から出血したらどうする?

歯茎から出血したときの対処法や治療法・信頼できる歯医者の選び方などを解説します。

3-1.出血の状況を確認し早めに受診しよう

歯茎の出血を発見したら、前述したように状況を確認してください。ごく一時的なもので、原因が物理的なもの(歯磨きの仕方が悪いなど)ならそのうち出血も止まるはずです。ただし、口の中のねばつきや口臭など、ほかにも気になる点があるときは歯周病の疑いがあるため、早めに受診してください。

3-2.出血量が多い・痛みや腫れがあるときはすぐに受診する

歯茎からの出血で以下のような症状があるときは、すぐに受診してください。放置すると悪化するだけです。

  • 出血量が多い
  • 出血が数日以上続く
  • 痛みや腫れがある
  • 歯が浮く・ぐらつく

3-3.歯周病が原因なら歯石除去などが主な治療法

歯周病が原因で歯茎から出血が見られる場合は、主に歯石除去とブラッシング指導による治療を行います。歯石には、歯周病菌がたくさん付着しているため、除去することが有効です。また、正しいブラッシングにより歯こうが付着しづらくなり、症状を改善できます。ただし、歯周病が重症化している場合は、抜歯を伴うこともあるでしょう。

3-4.信頼できる歯医者の選び方

歯茎からの出血が見られるときは、以下のポイントを満たす歯医者を受診しましょう。

  • 歯周病など歯科治療・予防で豊富な実績がある
  • 治療方法や方針について分かりやすく説明してくれる
  • 歯科医を含めスタッフが高圧的な態度を取らない
  • 明確で分かりやすい料金システム
  • 院内設備・備品の整理整頓がなされ、衛生的
  • 患者からの評判がいい
  • 通いやすい立地
  • 希望の日時に予約を入れることができる

3-5.治療完了まで通い続けること

歯茎の出血が見られなくなっても、治療完了までは通い続けましょう。歯周病治療は、数か月単位での治療が必要なこともあります。特に、進行した歯周病は完治まで時間がかかるため、じっくり向き合うことが大切です。自己判断で通院をやめると、治療が不完全な状態となり、出血が再発したり歯周病が悪化したりする原因となるので注意しましょう。

4.歯茎の出血に関するよくある質問

最後に、歯茎の出血に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.歯茎の出血にはマッサージがいいと聞いたのですが?
A.はい。血行を促し、健康な歯茎の再生を助けることができます。ただし、間違った方法でやっては意味がありません。指の腹を使ってごく優しいタッチで円を描くようにマッサージしてみてください。歯科でも指導してもらえることがあります。

Q.歯茎から出血してもすぐに止まったら問題ない?
A.歯を強く磨きすぎたなど、一時的な原因により出血した場合で、すぐに止まるのなら問題ないでしょう。ただし、普段から頻繁に出血が見られる場合は注意が必要です。出血しやすい状態には何らかの問題が隠れているため、歯科の受診をおすすめします。

Q.高齢者は歯茎から出血しやすいのですが?
A.高齢者の多くは歯茎から出血しやすい傾向があります。高齢になるとだ液の分泌量が減り、歯周病が高まるためです。また、加齢により歯茎が後退していることも、原因のひとつと言えます。

Q.虫歯の治療後に歯茎から出血が見られる場合は?
A.かぶせものやかみ合わせがうまくいかず、歯茎に負担がかかっている可能性があります。また、虫歯の治療が完了しても、歯周病が進行している場合もあるでしょう。いずれにしても、歯科医に相談してください。

Q.血の味がするのに鏡で見ても出血場所が分からない場合は?
A.歯の裏側もしくは奥歯の外側など、見えづらい場所で出血していることがあります。早めに受診して、出血場所を特定し治療を開始しましょう。

まとめ

今回は、歯茎の出血について詳しく解説しました。歯茎の出血は、原因の90%が歯周病です。まずは、どんな症状があるか・どんな状況で出血しているかなどをチェックし、速やかに歯科を受診してください。なお、痛みや発熱など、出血以外に気になる症状があるときは、思わぬ病気が隠れていることもあるため、必ず歯科医に伝えましょう。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供