知覚過敏の予防法は? 歯がしみてつらい人へ原因・治療法を教えます!

「知覚過敏で冷たいものが歯にしみてつらい」「知覚過敏の原因や予防法を知りたい」と、お考えではないでしょうか。知覚過敏になると、飲食のたびに歯にしみるなど、とてもつらいですよね。まずは、何が原因で知覚過敏になったのかを知り、対策や治療を進めることが必要になります。

そこで今回は、知覚過敏の原因や予防法・治療法を詳しく解説しましょう。

  1. 知覚過敏の症状
  2. 知覚過敏の主な原因
  3. 知覚過敏の予防法
  4. 知覚過敏は歯科で治療しよう
  5. 知覚過敏の予防に関するよくある質問

この記事を読むことで、知覚過敏の予防や治療についてよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.知覚過敏の症状

最初に、知覚過敏とはどんな症状があるのか詳しく見ていきましょう。

1-1.知覚過敏とは

知覚過敏とは、歯の表面が溶けたり削れたりして象牙質が露出し、神経を刺激しやすくなっている状態です。虫歯や歯の神経の炎症がない場合に、知覚過敏と診断されます。飲食や異物が当たることによりピリっとした痛みが走るのが特徴です。

1-2.冷たいものが歯にしみるなどが主な症状

知覚過敏の主な症状には、以下のようなものがあります。知覚過敏は、虫歯などと違い、原因となった刺激がなくなると症状も消失するのが特徴です。

  • 冷たいものを飲食したときに歯にしみる
  • 口呼吸をしたときにしみる
  • 歯ブラシが当たると痛む

1-3.放置すると悪化するだけ

知覚過敏を放置すると、進行して症状が悪化するだけです。知覚過敏歯がしみると食事が楽しめなくなり、栄養バランスが悪くなることがあります。また、歯ブラシが当たると痛みが走る場合、歯磨きをしなくなって歯こうがたまり、虫歯や歯周病になることもあるでしょう。

2.知覚過敏の主な原因

知覚過敏の主な原因について詳しく解説します。

2-1.間違った歯磨き方法などが主な原因

知覚過敏の主な原因には、以下のようなものがあります。いずれも歯に大きな負担がかかり、象牙質の露出につながるものです。

  • 間違った歯磨き方法
  • 歯ぎしりをするクセがある
  • 歯磨きの習慣がない
  • 甘いものや酸っぱいものを多く摂取する
  • 歯周病や加齢により歯ぐきが下がった

2-2.虫歯の治療やホワイトニングに伴う知覚過敏

虫歯の治療やホワイトニングに伴い、知覚過敏になることがあります。虫歯の治療で歯を削ったりホワイトニングの薬剤を塗布したりすることで神経を刺激するからです。治療後に歯がしみる場合は、歯科医に相談して処置してもらいましょう。

3.知覚過敏の予防法

知覚過敏の予防法を詳しく解説します。

3-1.歯磨きで力を入れすぎない

歯磨きでは、力を入れすぎないようにしましょう。力を入れすぎると、歯の表面が削れてしまいます。念入りに歯磨きをしていて歯がしみるという人は、特に注意しましょう。1本ずつ小刻みに歯ブラシを動かして磨くようにしてください。毛先の柔らかい歯ブラシを使うのもおすすめです。まあ、歯科にて指導を受け、正しいブラッシング方法を身につけるといいでしょう。

3-2.知覚過敏対策用の歯磨き粉を使う

知覚過敏対策用の歯磨き粉を使うのもおすすめです。知覚過敏対策用の歯磨き粉には、硝酸カリウムが含まれており、象牙質をカバーすることで刺激をやわらげてくれます。ごく軽い知覚過敏なら、症状が改善・解消することもあるでしょう。ただし、使用をやめると再び症状が悪化するので、使い続ける必要があります。

3-3.甘いものや酸っぱいものを制限する

甘いものや酸っぱいものの飲食を制限することも心がけましょう。酸が歯のエナメル質を溶かして、知覚過敏になりやすいからです。甘いものや酸っぱいものを長時間口に入れたままにせず、飲食した後は歯磨きや口をゆすいでおいてください。

3-4.歯科で定期検診を受ける

歯科で定期検診を受けることも、知覚過敏の予防につながります。自分ではきちんと対策できているつもりでも、プロの目でチェックするとできていないこともあるのです。また、定期検診を受けることで、知覚過敏だけでなく虫歯や歯周病の予防できます。

4.知覚過敏は歯科で治療しよう

知覚過敏の治療法や歯科の選び方など詳しく解説します。

4-1.知覚過敏は早期治療が大切

知覚過敏は、歯科での早期治療が大切です。特に以下のような症状が見られる人は、早めに受診してください。

  • 知覚過敏対策歯磨き粉を使っても改善しない
  • 以前より強くしみたり痛みが走ったりする
  • 温かいものを飲食したときもしみる
  • 何もしていないくても歯がしみたり痛みを感じたりする

4-2.歯科で知覚過敏を治療する方法

歯科における知覚過敏の治療法には、以下のような方法があります。

  • フッ化物塗布して象牙質の再石灰化を促進する
  • 象牙質の表面にコーティング剤を塗布・レジン充填を行い、外部刺激を遮断する
  • レーザー照射で歯の表面に薄い膜を作り痛みを軽減させる
  • かみ合わせや歯並びの調整を行う

4-3.信頼できる歯科の選び方

知覚過敏の治療は、信頼できる歯科で行いましょう。具体的には、以下のポイントを参考にしてください。

  • 歯科治療で豊富な実績を誇る
  • 最新の治療技術や設備の導入に積極的
  • 治療方針を分かりやすく説明してくれる
  • 医師・助手・スタッフの感じがいい
  • 治療費用が分かりやすいシステム
  • 院内設備・備品が清潔
  • 通いやすい立地にある
  • 都合のいい日時に予約が取れる
  • 治療後のアフターフォローがきちんとしている

5.知覚過敏の予防に関するよくある質問

最後に、知覚過敏の予防に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.歯がしみる部分が黒ずんでいるのですが?
A.虫歯になっている可能性があります。速やかに受診して、治療を開始しましょう。

Q.研磨剤入りの歯磨き粉は使わないほうがいい?
A.はい。研磨剤入りの歯磨き粉の中には、歯の表面を削り取ってしまうものもあります。知覚過敏になりやすいので、避けたほうがいいでしょう。

Q.知覚過敏の治療は保険適用ですか?
A.一部の治療(レーザー照射)を除き、保険適用で治療できます。心配な場合は、治療開始時に保険適用内での治療希望であることを伝えておきましょう。

Q.たまに歯がしみる場合でも知覚過敏?
A.知覚過敏でも、体調や条件によって、歯がしみたりしみなかったりすることもあります。たまに歯がしみるぐらいだから大丈夫と考えず、受診してください。

Q.妊娠中は知覚過敏になりやすいと聞いたのですが?
A.はい。妊娠中はホルモンバランスが変化し口内環境が影響を受け、知覚過敏になりやすいと言われています。妊娠中に歯がしみるなどの症状が出たときは、かかりつけ医に相談してください。

まとめ

今回は、知覚過敏の予防について詳しく解説しました。知覚過敏があると、冷たいものを飲食したときなど歯にしみてつらいものです。まずは、何が原因なのかを探り、対策を進めましょう。セルフケアでは、知覚過敏対策用の歯磨き粉を使い、力任せに磨くのをやめるなどしてみてください。また、信頼できる歯科を早期に受診し、治療を受けることも大切です。歯科でチェックしてもらえば、知覚過敏の治療・予防だけでなく、虫歯や歯周病の早期発見・治療にも役立ちます。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供