歯にステインがつく理由は? 原因や対処方法と共に紹介!

1.ステインの基礎知識

はじめに、ステインの特徴や原因などを紹介します。

1-1.ステインとは歯の表面汚れの総称

ステインとは、歯の着色汚れの総称です。歯の表面は虫歯を予防する「ペリクル」という膜に覆われています。ペリクルは虫歯菌の出す酸から歯を守る効果がある一方、食べものなどに含まれている色素を吸着してしまうのです。つまり、ステインはペリクルに食べもの由来の色素がくっついたことによって起こります。

1-2.ポリフェノールがステインの主な原因

ステインの原因になりやすい物質の1つに、ポリフェノールがあります。ポリフェノールが含まれる食べものを頻繁に食べる人ほどステインがつきやすくなるでしょう。

1-3.タバコは頑固なステインになりやすい

ポリフェノール以外には、タバコに含まれるヤニも頑固なステインになります。喫煙者の歯が黄ばみやすいのは、ヤニ由来のステインのせいです。なお、タバコが原因のステインは食べもの由来のステインより落ちにくい傾向があります。

1-4.ステインの弊害

ステインは歯垢(しこう)とは異なり、直接的な虫歯の原因になることはありません。しかし、歯の汚れによって歯垢が目立たなくなったり、ステインの隙間に歯垢が入りこんだりして、虫歯や歯周病になりやすくなることがあります。また、見た目も悪くなるので、定期的なケアが必要です。

2.ステインがつきやすくなる食べもの

前述したように、ポリフェノールを含む食べものはステインがつきやすくなります。ポリフェノールを多く含む食べものや飲みものは、以下のようなものです。

  • コーヒー・紅茶・緑茶・ココア
  • 赤ワイン
  • チョコレート
  • カレー
  • プルーン・リンゴ・バナナ
  • 大豆製品

3.歯についたステインを落とす方法

この項では、歯についたステインを落とす方法を紹介します。

3-1.ホワイトニング専用の歯みがき粉を使う

ステインを落とす効果がある歯みがき粉を使えば、ある程度のステインを落とすことができます。ただし、力任せにステインを落とそうとすると歯の表面が傷ついて逆効果になるので気をつけましょう。

3-2.電動歯ブラシを使う

電動歯ブラシを使うと、手で磨くより歯の汚れを落とすことができます。ただし、研磨効果の強いホワイトニング用の歯みがきをつけて電動歯ブラシで磨くと、やはり歯の表面が傷ついてしまうでしょう。電動歯ブラシを使う場合は、研磨効果の薄い一般的な歯みがき粉を使ってください。

3-3.歯医者でクリーニングをしてもらう

歯医者で歯垢除去と同時にクリーニングを申し込むと、ステインも落としてくれます。歯垢除去と一緒にステインを落としてもらうと、健康保険が適用可能です。また、審美歯科では歯のホワイトニングという処置があります。これは、歯垢除去やステインを取った後で、漂白効果のある薬剤を歯に塗る処置です。ホワイトニングは、加齢による黄ばみなどもキレイになりますが、健康保険が適用になりません。料金は歯医者によって異なりますが、全部の歯で行うと数万円台~が相場です。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供