顎関節症の歯医者での治療法とは? 自分でできる予防法も紹介!

1.顎関節症について

まずは、顎関節症の症状や原因・最近の傾向などをまとめました。

1-1.顎の関節や筋肉の病気

顎関節症とは顎の関節や筋肉の病気で、「顎の痛み」や「口の開けにくさ」「関節音」が主な症状です。さらに、顎だけでなく頭痛や肩こり・首や背中の痛み・耳鳴りなど、症状が全身に及ぶ場合も珍しくありません。放置すると重症化して日常生活にも支障をきたすようになるため、早めの治療が必要です。

1-2.原因はさまざま

顎関節症の原因としては、さまざまなものが考えられます。最も多いのが、かみ合わせの悪さによるものです。そのほかにも、以下のような要因がいくつかからみ合って、顎関節症の症状が出ることが多くなっています。

  • 歯ぎしり
  • 食いしばり
  • 急激なストレス
  • うつ伏せ寝
  • 顔面打撲などの外傷

1-3.顎関節症の4つのタイプ

顎関節症は、以下の4つに分類されます。

  • 筋肉の障害によるもの:下顎を動かす筋肉に障害が起こっている状態
  • 顎関節の障害によるもの:顎関節を包む組織やじん帯に障害が起こっている状態
  • 軟骨のズレによるもの:顎関節円板が正常な位置からズレている状態
  • 変形性関節症によるもの:顎関節を構成する骨が変形している状態

1-4.若い女性に増えている

顎関節症は、男性よりも女性のほうがなりやすいといわれています。正確な因果関係は不明ですが、女性のほうが顎が小さく、かむ力が弱いためというのが有力な説です。また、硬いものを食べなくなり顎の筋肉が弱くなったこと、ストレスが多い現代社会で歯を食いしばる機会が増えたことなどが、若い年齢層の患者数が多い理由として考えられるでしょう。

2.顎関節症をセルフチェックしよう

自分が顎関節症かどうか、セルフチェックしてみましょう。以下の項目で当てはまるものが多いほど、その可能性が高いと考えられます。

  • 口を大きく開けると痛みがある
  • 口を大きく開くことができない
  • 食事をするとき顎に痛みがある
  • 起床時、顎がスムーズに動かない
  • 口を開閉する際、耳の前で音がする
  • 耳の前やこめかめに痛みを感じる
  • 頭痛や肩こりが多くなった
マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供