歯並びが悪くなる原因は何? 放置する影響や歯医者での治療法も!

1.歯並びについて

まずは、歯並びが悪いことで起こる問題や放置したときの影響などをまとめました。

1-1.歯並びの良しあしとは?

「よい歯並び」とは、上下の歯が交互にかみ合っていて、前歯の中心が上下で合っている状態のことをいいます。その条件を満たしていないのが「悪い歯並び」であり、顎の大きさなど生まれつきの原因以外にも、生活習慣など後天的な要因が引き起こす場合もあるのです。

1-2.出っ歯や受け口は特に注意が必要

出っ歯とは、上の前歯が下の前歯より前方に出ている状態のことで、受け口はその逆です。いずれも顔の印象に大きく影響するだけでなく、症状がひどい場合は顎の治療も必要になってしまうため、早めに対処することをおすすめします。

1-3.歯並びが悪いことの問題点

歯並びが悪いと、さまざまな問題を引き起こす原因になります。まず、精神面の問題です。見た目が気になって人前で口を開けられないなど、大きなストレスを抱える人も少なくありません。自分に自信をなくし、口を開けて笑うことにも抵抗を感じてしまうのです。そのほかにも、歯並びが悪いと歯みがきが十分に行き届かず、虫歯や歯周病になるリスクが高まるという問題もあります。

1-4.放置すると健康面にも影響する

歯並びの悪さを放置すると、以下のように健康面にもさまざまな悪影響が及びます。

  • 咀嚼(そしゃく)効率が悪くなり、胃腸への負担が大きくなる
  • 発音や飲み込みがうまくできなくなる
  • 顎関節症になりやすくなる
  • 全身のゆがみや視力低下につながる

2.歯並びが悪くなる原因は?

歯並びが悪くなる原因として考えられることをまとめました。

2-1.筋肉の成長とともに形成される歯並び

歯並びは口周りの筋肉の成長とともに形成されるものです。筋肉が成長する際には歯や歯茎にさまざまな力が加わりますが、この力のバランスが偏ると歯並びが悪くなってしまいます。たとえば、上顎と下顎にかかる力に偏りが出ることで、上下の歯槽骨(しそうこつ:顎の骨と歯を結ぶ骨)の成長量に差が生じ、受け口になってしまうのです。

2-2.クセが関係している場合も

たとえば、「下顎を前に突き出す」「口呼吸が多い」などのクセがある人は受け口になりやすく、「食事のとき下向き加減の姿勢になる」という人は出っ歯になりやすいでしょう。特に、筋肉の成長期である子どものときにこのようなクセがある場合、歯並びに影響しやすくなります。

2-3.赤ちゃん期の生活習慣も影響する

赤ちゃん期に指を吸うクセがあったり、長時間ほ乳瓶を使用したりしていると、舌の筋肉が十分発達せず、歯並びが悪くなるといわれています。顎をしっかり発達させるためには、舌筋も十分発達していなければならないのです。また、離乳期にやわらかいものばかり食べていると、奥歯でものをかむ習慣がつかず、出っ歯やガタガタな歯並びを招く原因になってしまいます。

2-4.頬づえや爪かみも原因に

そのほかにも、歯並びが悪くなる原因には以下のようなものがあります。

  • 頬づえをつく
  • 爪や唇をかむ
  • 歯ぎしりをする
  • 姿勢が悪い

2-5.大人になってから歯並びが悪くなることもある

子どものころはきれいな歯並びをしていても、大人になってから歯並びが悪くなる人もいます。前述したように、歯並びは後天的な要素によって影響を受けることも多いのです。たとえば、歯が抜けたままの状態を放置したことで周りの歯がズレてしまうことや、歯周病で歯を支える骨が溶けたことで歯が動いてしまうケースもあります。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供