う歯と虫歯に違いはあるの? う歯の進行度や治療方法と共に解説

1.う歯(虫歯)の基礎知識

はじめに、う歯の原因や治療の必要性を解説します。

1-1.う歯とはどんなものか?

う歯とは、歯についた食べかすや歯垢(しこう)の中で繁殖した細菌が出す酸で歯が溶ける病気です。虫歯とも言い、う歯と虫歯の違いはありません。細菌に溶かされた部分をう蝕(しょく)と言います。

1-2.う歯の原因

前述したように、う歯の原因は食べかすや歯垢です。歯垢はは歯磨きが不十分だとたまりやすいほか、かみ合わせや歯並びが悪くてもたまりやすくなります。

1-3.う歯の進行度

う歯は、治療しないとどんどん進行していくものです。進行の度合いは以下のように分けられます。

  • CO:歯の表面が白く濁り、もう少しでう歯になりそうな状態。フッ素を塗って進行を止め、歯磨き指導を行うことで進行を防ぐ
  • C1:歯の表面の堅いエナメル質がとけた状態。う蝕部分が歯髄(しずい:歯の内部に通っている神経)に達していないので痛みはない。フッ素を塗って進行を止めるほか、歯の表面を削る治療を行うこともある。
  • C2:エナメル質の下にある象牙質にまでう蝕が進んだ状態。冷たいものや熱いものなどが染みるようになる。象牙質は柔らかいため、虫歯の進行度が早く早急に治療が必要。う蝕部分を削り、詰め物やかぶせ物をする。
  • C3:う蝕部分が歯髄(しずい)にまで達し、激しい痛みが出る状態。歯の根元にある歯根膜(しこんまく)にも炎症が起こることもある。歯髄を抜くなど大がかりな処置が必要。
  • C4:歯の頭部分がほとんどなくなった状態。歯髄は完全に死んでいるので痛みはないが、歯茎やあごの骨まで症状が進む可能性があるので治療は必要。抜歯し入れ歯やブリッジなどでなくなった歯を補う。

1-4.治療の重要性

う歯は絶対に自然治癒することはありません。ですから、早期発見・早期治療が大切です。早期に治療をすれば治療期間も短くて済み、費用もかかりません。う歯を早期発見するには定期的に歯医者で検診を受けることが大切です。

1-5.う歯になりやすい人とは?

う歯は性別・年代に関係なく起こりますが、かみ合わせや歯並びが悪い人は歯磨きをすみずみまで行うことが難しく、う歯になりやすくなります。また、加齢と共に唾液の量が少なくなると虫歯になりやすくなるでしょう。子どもの場合は、乳歯が生えてくる時期や、乳歯と永久歯が抜け代わる時期に虫歯になりやすくなります。

2.う歯の治療方法や歯医者の選び方

この項では、う歯の治療法や歯医者を選ぶ際のポイントなどを紹介します。

2-1.う歯は早期治療が大事

前述したように、う歯は進行するほど治療が大変になります。たとえば、C1ならエナメル質の表面を削るだけで済むのに対し、C3ならば歯髄を抜かなくてはなりません。歯を削る範囲も広くなり抜歯する可能性も高まります。ですから、う歯かもと思った時点で歯医者を受診するのが一番です。

2-2.早期治療するほど治療跡も目立たない

う歯がまだ初期ならば、フッ素で進行を止めるか、削って詰めものをするかなど治療にも選択肢があります。また、治療跡も目立ちません。かぶせものや詰め物も、セラミックや樹脂など目立ちにくく自然の歯に近い色合いのものもありますが、健康保険が適用されないため、費用がかかります。

2-3.歯医者の選び方

う歯の治療は、進行しているほど時間がかかります。ですから、通院しやすい歯医者を選びましょう。また、う歯の治療後も定期検診に通えるところがおすすめです。会社の帰りに寄りたいという場合は、会社近くの歯医者を選んでもいいでしょう。なお、歯医者によっては、審美歯科や矯正治療を行っているところもあります。う歯の治療だけでなく、かみ合わせや歯並びの治療も行いたい場合は、歯列矯正を行っている歯医者を選びましょう。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供