舌苔の臭いが気になる! 舌苔と口臭の関係や対策方法を解説!

自分の口臭が気になるとお悩みではありませんか? 口臭が強くなる原因は複数あり、舌苔(ぜったい)もその1つです。苔(こけ)と名がついていますが雑菌の塊であり、蓄積するほど臭いが強くなります。しかし、力任せに舌苔を取ろうとすれば、舌自体が傷ついてしまうでしょう。

そこで今回は、舌苔が生えるメカニズムや臭いの原因、舌苔を取る方法などを紹介します。

  1. 舌苔とはどんなもの?
  2. 舌苔の臭いをチェックする方法
  3. 舌苔の状態を改善する方法
  4. 舌苔の臭いに関するよくある質問

この記事を読めば、舌のお手入れのコツもよく分かるでしょう。口臭に悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.舌苔とはどんなもの?

前述したように、舌苔とは舌の表面にたまった食べかすや口腔内ではがれた細胞の塊です。歯垢(しこう)と同じようなもの、と考えれば分かりやすいでしょう。舌には、舌乳頭(ぜつにゅうとう)という小さな突起がたくさんあります。この間に、舌苔がたまるのです。健康な人でも、舌苔がある程度生えています。

1-1.舌苔が口臭の原因となる理由

舌苔は通常、唾液などで洗い流されて一定量以上たまらないメカニズムになっています。しかし、口呼吸で舌が乾燥したときや、加齢によって唾液が減少した場合、口腔内に雑菌が過剰に繁殖して口臭の元になるのです。これら、雑菌は舌苔内にも多数住みつきます。そのため、舌苔が増えて舌全体が白さを増して厚ぼったく見えるのです。

1-2.舌苔は健康のバロメーター?

健康な人の舌は、ピンク色で表面が舌苔によってやや白っぽくなっています。舌苔が増えると前述したように舌が普段よりも白っぽくなって見えるでしょう。また、舌全体が真っ白になっている場合は貧血の可能性があります。舌苔がまだらになる場合は免疫力の低下、舌苔が濃い茶色になっている場合は消化器官の不調な可能性があるでしょう。このような場合は、念のために病院を受診してください。

2.舌苔の臭いをチェックする方法

舌苔の臭いをチェックするには、舌を指で軽くこすってすぐに臭いをかいでみましょう。舌苔が口臭の原因となっている場合は、不快な臭いがします。また、舌の状態も一緒にチェックしてみましょう。舌苔が生えている場所の白さが増している場合や、舌の表面にひび割れが見える場合は、舌が乾燥して舌苔が増えている状態です。

自分ではよく分からないという場合は、一度歯科医院で舌苔の状態や口腔内の乾燥状態をチェックしてもらいましょう。

3.舌苔の状態を改善する方法

この項では、舌苔の状態を改善する方法を紹介します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.力任せにこするのは逆効果

舌苔を硬い歯ブラシやガーゼなどでごしごしこするのは逆効果です。舌を傷めるだけでなく、味覚に異常が出ることがあります。舌はとてもデリケートな器官なので、優しい力でゆっくりと落としていきましょう。

3-2.舌苔の取り方

舌苔は、柔らかい歯ブラシや専用のクリーナーで1日1度、優しくこすって落としましょう。1日1回以上やると、舌が傷つく恐れがあります。また、液体歯磨きや泡状の歯磨きで口全体をケアするのも効果があるでしょう。

3-3.唾液の増やし方

唾液は、年齢が上がるにつれて減少していきます。しかし、よくかんでものを食べたり、こまめに水分を補給したりすることによって、唾液の分泌を促すことが可能です。舌を口の中で動かしても唾液が出やすくなるでしょう。このような対処をしても唾液が出にくいと感じる場合は、口腔外科で唾液の量をチェックしてもらってください。膠原病の一種で、涙や唾液が出にくくなるシェーグレン症候群など病気が原因で唾液が減少している場合は、治療が必要です。

3-4.歯科医院で治療できる口呼吸

噛み合わせが悪い場合で口呼吸になっている場合、歯の矯正やマウスピースの使用などで、口呼吸が改善する可能性があります。鼻がつまっているわけでもないのにどうしても口呼吸になってしまうという場合は、歯科医院で噛み合わせの状態をチェックしてもらいましょう。口呼吸が治れば、口腔内の乾燥を防ぐことができます。

3-5.冬は水分補給をこまめにする

湿度が低下する冬は、夏よりも口腔内が乾燥しやすくなります。夏の水分補給は意識して行う人が多いのですが、冬もつとめて水分補給を行いましょう。また、エアコンの使用によって室内が乾燥する場合は、加湿器を利用するなどの対処が必要です。

4.舌苔の臭いに関するよくある質問

この項では、舌苔の臭いに関するよくある質問を紹介します。

Q.舌苔は、臭いがなくても定期的に掃除した方がいいでしょうか?
A.舌苔に注意を払うことで健康状態はチェックできます。掃除をするならば、専用のブラシなどでさっと舌表面をこするだけで十分です。1日1回のペースで行ってください。

Q.舌苔が全くなければ口臭もなくなるのでしょうか?
A.舌苔が全くない状態というのは、逆に免疫力が落ちてよくない状態です。

Q.舌苔は若いうちはたまりにくいのでしょうか?
A.はい。高齢者よりはたまりにくいのですが、口呼吸などで口腔内が乾燥していると舌苔がたまりやすくなります。

Q.舌苔がたまりやすい食生活などはあるでしょうか?
A.食生活より、口腔内の乾燥に気をつけてください。朝起きると口の中がからからに乾いているような場合は、要注意です。

Q.舌苔を掃除するといつも舌がひりひりします。
A.それは、舌苔を掃除する際力を入れすぎている証拠です。舌は、なでるように掃除しましょう。

まとめ

今回は舌苔が口臭の原因となる理由や対処方法などを紹介しました。舌苔のことが気にしない人がいる一方で、過剰に掃除しがちな人もいます。舌の状態をよく確かめて、白っぽくなっている場合は意識して掃除をするように心がけましょう。また、口臭は口腔内が乾燥するほど強くなりがちです。口呼吸をしている癖のある人は、意識して直すように心がけるか、マウスピースなどを使ってみてください。さらに、舌苔をチェックするのは健康維持にも役立ちます。口臭や健康状態が気になるという人は、まず舌の状態を観察してみて健康な状態の舌と比べてみましょう。力任せに舌をこすらないように注意してください。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供