詰め物をした歯が痛いときの対処方法を解説! 様子を見ていても大丈夫?

虫歯の治療をして、歯に詰め物をしたら後から痛み出したというケースは決して珍しくありません。「実は治療がうまくいっていなかったのでは?」と不安になる人もいるでしょう。詰め物をした歯が痛む原因はいろいろあります。中には、少し様子を見ていればだんだんと治まってくるケースもあるでしょう。その一方で、すぐに再治療をしなければならないケースもあります。

そこで今回は、治療後に詰め物をした歯が痛むケースや対処方法を紹介しましょう。

  1. 歯の詰め物の役割や種類
  2. 詰め物をした歯が痛む理由
  3. 詰め物をした歯が痛いときの対処方法
  4. 歯の詰め物に関するよくある質問

この記事を読めば、歯医者をすぐに再受診した方がよいケースや、歯の痛みを和らげる対処方法などもよく分かります。歯を治療中の人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.歯の詰め物の役割や種類

はじめに、歯に詰め物をする理由や詰め物の種類を紹介します。

1-1.詰め物の役割

虫歯になると、歯を削って治療します。虫歯が大きいほど削る部位は大きくなり、そのまま放置すると治療跡に食べかすなどが入りこみ、虫歯が再発することもあるでしょう。

また、神経がむき出しになったままだと食べ物や飲み物が口の中に入る度に、その刺激で痛みを感じます。そのため、詰め物をして虫歯の再発を防ぎ神経を保護するのです。

1-2.詰め物の種類

詰め物の種類には、金属やセラミック・プラスチックなど複数の種類があります。健康保険が適用になるものとならないものがあるため、素材によって値段がかなり異なるのです。ですから、医師と相談して詰め物の種類を決めましょう。

1-3.詰め物の寿命

詰め物は永久的に持つものではありません。10~15年ほどたてば、詰め物や詰め物と歯をつなぐ接着剤が劣化してきます。ですから、詰め物をしたら定期的に歯科医院を受診し、様子をチェックしてもらいましょう。寿命が来たら詰め物を取りかえることが大切です。

2.詰め物をした歯が痛む理由

この項では、詰め物をした歯が痛む原因や痛みの種類を解説します。

2-1.痛みの種類

詰め物をした歯が痛む場合、以下のような痛みの種類があります。

  • 詰め物をしたすぐ後に痛みを感じる
  • 詰め物をした歯で食べ物を噛むと痛む
  • 治療から時間がたってから、詰め物をした歯が痛みだした

これらの痛みは、それぞれ原因が異なります。

2-2.痛みの原因

ここでは、痛みの原因を痛みの種類と関連づけて説明します。

2-2-1.神経が原因

歯を削ると神経が敏感になります。そのため、接着剤などの刺激が痛みとなって感じることもあるでしょう。この場合、時間がたつにつれて落ち着いてきます。治療直後に痛みが生じ、だんだんと弱くなってきた場合は神経が原因で痛みを感じている可能性が高いのです。

2-2-2.詰め物の高さが原因

詰め物をすると、少しだけ歯の高さが以前と異なるようになります。そのため、噛み合わせがうまくいかなくなって痛みが出ることもあるでしょう。物を噛むたびに痛みを感じる場合は、詰め物の高さが原因の可能性があります。痛みがなかなか引かない場合は、詰め物の高さを再調整することが必要です。

2-2-3.歯の根っこに残った虫歯菌が原因

虫歯が進行すると、歯だけではなく歯の根(歯根)付近まで菌によって炎症を起こすことがあります。歯根の虫歯菌の治療が不十分なまま詰め物をしてしまうと、炎症が進んで痛みが出るようになるでしょう。また、詰め物をしてから時間がたつと、経年劣化によって隙間ができることもあります。そこから虫歯菌が侵入して歯根に炎症が出る可能性もあるでしょう。時間がたってから詰め物をした歯に痛みが出てきた場合は、すぐに歯科医院を受診してください。

3.詰め物をした歯が痛いときの対処方法

この項では、詰め物をした歯が痛いときの対処方法を紹介します。

3-1.様子を見ても大丈夫なケース

治療直後に多少痛みが出る場合や、熱いもの・冷たいものがしみる場合は、少し様子を見ましょう。歯科医師によっては痛みが出ることを予想し、痛み止めを処方してくれることもあります。時間がたつにつれて痛みが弱まってくる場合は、心配いりません。特に、銀で詰め物をした場合は熱伝導によって熱さや冷たさをより感じやすくなっています。詰め物をした歯を刺激しないようにしましょう。

3-2.病院を受診した方がよいケース

時間がたっても痛みが全く治まらない場合や、ものを噛むたびに激しい痛みがする場合は、できるだけ早く病院を受診しましょう。痛み止めなどでごまかしてはいけません。特に、歯根の炎症が原因の可能性がある場合、炎症が進めば歯が抜けてしまう可能性もあります。

4.歯の詰め物に関するよくある質問

この項では、歯の詰め物に関するよくある質問を紹介します。

Q.高価な詰め物をした方が、痛みが出にくいでしょうか?
A.そんなことはありません。どちらかといえば、虫歯がひどくないほど痛みが出にくいでしょう。

Q.歯の詰め物は、できればしないほうがいいのですか?
A.そんなことはありませんが、虫歯を早期治療すれば詰め物をする必要もないでしょう。

Q.歯の詰め物は、どのくらいの頻度でチェックしてもらえばいいですか?
A.問題がなければ1年に1度程度で十分ですが、歯の定期検診は40代以降ならば半年に1度行うのが理想になります。

Q.歯の詰め物が取れてしまったらどうしたらいいですか?
A.すぐに歯科医院を受診しましょう。自分でくっつけようとしてはいけません。また、無理に元の場所へ押し込んでもダメです。

Q.歯の詰め物をした後に注意することはありますか?
A.前述したように歯に刺激を与えすぎないことです。また、キャラメルのように粘度の高い食べ物を詰め物をした歯で噛まないようにしましょう。

まとめ

今回は詰め物をした歯が痛む原因や、対処方法を紹介しました。詰め物をした直後の歯は神経が敏感になっています。できるだけ刺激を与えずに過ごしましょう。また、治療した直後に痛みが出る場合は、痛み止めを使用してもいいでしょう。治療してから時間がたって痛み出した場合は、すぐに歯科医院を受診してください。放置しておく時間が長いほど、治療も大変になります。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供