虫歯が口臭の原因になる? 嫌な臭いを解消・予防する方法を解説!

「虫歯があるけど、最近口臭も気になる」など、虫歯による口臭でお悩みではないでしょうか。虫歯がある人で、ほかの人と顔が近づいたときに、さりげなく距離を置かれる・表情が曇るなどの心当たりがある人は注意が必要です。実は、虫歯のせいでひどい口臭が発生している可能性があります。

今回は、虫歯と口臭について詳しく解説しましょう。

  1. 虫歯と口臭の関係
  2. 虫歯を治療して口臭をなくそう
  3. 虫歯と口臭予防について
  4. 虫歯と口臭に関するよくある質問

この記事を読むことで、虫歯と口臭について詳しく分かり、正しい治療や予防ができます。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.虫歯と口臭の関係

最初に、虫歯と口臭の関係を見ていきましょう。

1-1.虫歯が口臭の原因になる

虫歯は、口臭の原因になります。虫歯の穴に食べかすがたまって腐敗する・虫歯を放置して神経が腐る・歯周組織が炎症を起こし化膿(かのう)するなどの理由で、悪臭を放つからです。人によっては、耐えることができないレベルになります。ひどい口臭で悩んでいる人は、虫歯の有無を確認し、適切な治療を行うことが必要です。

1-2.虫歯による口臭の特徴

虫歯による口臭は、虫歯の大きさや進行具合で異なります。初期虫歯のうちは、軽い口臭で済むのです。しかし、広範囲にわたったり歯根まで進行したりした虫歯になると、ひどい口臭を発するでしょう。ただし、口臭の原因が虫歯なら、治療を完了すれば口臭もなくなるので安心してください。

1-3.口臭のチェック方法

口臭があるかどうかチェックするには、以下のポイントを確認してください。

  • 虫歯や歯周病がある(治療中を含む)
  • 歯みがきをさぼりがち
  • 口の中がネバネバしている
  • ほかの人に口臭を指摘されたことがある
  • 近づいたり話をしたりすると相手が顔をそむける
  • ダイエット中
  • 妊娠中
  • 高齢者
  • ドライマウス
  • 水やお茶を日常的に飲む習慣がない
  • 臭いの強い食べもの(にんにくなど)をよく食べる
  • 大きなストレスを抱えている
  • タバコを吸っている
  • 内臓の調子が悪い

また、自分の口臭をかいでみることもできます。ビニール袋を用意して、中に息を吐いてふくらませてください。口をいった閉じて、数秒置いてから袋の中をかいでみましょう。口臭がある場合、臭いのひどさにびっくりするはずです。

2.虫歯を治療して口臭をなくそう

虫歯治療で口臭をなくすことについて詳しく解説します。

2-1.虫歯治療の重要性

虫歯があるときは、必ず治療を受けてください。口臭や歯周病を予防するためにも、必要なことです。また、虫歯は放置するとどんどん進行し、最終的には歯を失うことになります。すると、食事が不自由になるなどたくさんの支障が出るのです。歯を失うことは、生活の質を大きく落とすことになります。体のバランスが崩れる・踏ん張りがきかなくなるなど、想像以上のデメリットがあるので甘く見ないようにしましょう。

2-2.虫歯の治療について

虫歯の治療方法も、日々進化しています。最近では、虫歯を大きく削ることなく治療することが可能です。悪い部分だけを最低限削り、殺菌薬を塗ることで虫歯の進行を食い止めます。歯をできるだけ削らずに治療することで、自分の歯を多く残せるのが大きなメリットです。ただし、歯科医によって治療方針が大きく異なるため、事前によく確認してください。治療方針に納得できないときは、ほかの歯科に移ることを考えましょう。

2-3.歯科の選び方や治療費用について

虫歯や口臭予防で通う歯科は、以下の条件を満たしたところにすると安心です。

  • 虫歯治療や口臭予防に力を入れている
  • 常に最新の治療技術・設備投資を怠らない
  • 歯科医やスタッフが偉そうな態度を取らない
  • 治療方針を分かりやすく説明してくれる
  • 希望の日時に予約を入れることができる
  • 院内設備の掃除や備品整理が行き届いている
  • 治療費用システムが明確
  • 自宅や職場から通いやすい立地にある

2-4.虫歯治療は最後まで通うこと

虫歯治療は、途中で投げ出さずに最後まで通ってください。痛みや炎症がなくなると通うのが面倒になって自己判断で治療を終えてしまう人が多くいます。しかし、中途半端なところで治療を終えてしまうと、虫歯が再発・進行する原因になるのです。口臭も再びひどくなることでしょう。歯科医が治療完了を宣言するまで、きちんと通ってください。

3.虫歯と口臭予防について

虫歯と口臭予防について詳しく解説します。

3-1.虫歯と口臭予防について自分でできること

虫歯と口臭を予防するために、自分でできることには以下のようなものがあります。

  • 正しく丁寧な歯みがきでプラークコントロールをする
  • デンタルフロスを使う
  • 食後にキシリトール入りのガムをかむ
  • 長時間だらだら食べることをやめる
  • 水やお茶を意識して摂取する

3-2.予防歯科の重要性

予防歯科により、虫歯と口臭を発生しないようにすることは、それぞれが悪化してから治療するよりも効率的です。面倒がらずに、歯科での検診を受けるようにしましょう。また、少しでも異変を感じたら早めに歯科医に相談することも必要です。普段から予防に力を入れることで、虫歯や口臭がないさわやかな口元を維持しましょう。

3-3.虫歯と口臭予防には定期検査が大切

虫歯と口臭予防は、歯科での定期検査を受けることが大切です。正しく歯みがきをしているつもりでも、みがき残しが発生していることはよくあります。また、歯ブラシが届きにくい部分が虫歯になりかけている可能性もあるでしょう。虫歯ができれば口臭の原因になります。定期検査を受け、初期段階で見つけて治療を開始することで早く治療でき、悪化しなくて済むでしょう。

4.虫歯と口臭に関するよくある質問

最後に、虫歯と口臭に関するよくある質問に回答します。それぞれ目をとおし、参考にしてください。

Q.虫歯からはどんな臭いがする?
A.ものが腐ったような嫌な臭いです。虫歯の穴に食べもののカスや歯こうがたまり、腐ったり発酵したりするため、強烈な臭いを発します。人によっては、排水のような臭いと表現することもあるでしょう。

Q.虫歯があっても口臭がしない人もいる?
A.人によっては、虫歯があってもほとんど口臭がしないこともあります。口臭の強さは、個人差が大きいのです。また、虫歯の大きさや進行具合によっても臭いの強さが異なることでしょう。

Q.虫歯を治したのに口臭がある原因は?
A.虫歯以外にも、口臭の原因があるはずです。歯みがきが不十分・内臓の調子が悪いなど、ひとつずつチェックして改善してください。どんな対策をしても口臭が治らないときは、医師に相談しましょう。

Q.虫歯治療中の口臭ケアは何をすればいい?
A.普段と同じケアで問題ありません。ただし、治療部分を過度に刺激しないように気をつけてください。つめものが取れる・歯が欠けるなどの原因になることがあります。

Q.ブラッシングの方法に自信がないのですが?
A.歯科では、正しいブラッシングの指導を受けることができます。きちんとできるようになるまで、自宅でも歯こう染色液などを使ってみがき残しがないかチェックすることがおすすめです。

まとめ

今回は、虫歯と口臭について詳しく解説しました。虫歯があると、口臭が強くなるのは事実です。虫歯で欠けたり穴が開いたりした部分に歯こうがたまって悪臭を放ちます。虫歯治療を行えば、効果的な口臭対策になることでしょう。まずは、信頼できる歯科にて虫歯治療を開始してください。口臭対策としては、市販のマウススプレーを使う・水やお茶をよく飲んで口が渇くのを防ぐなども効果的です。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供