歯石を除去したい人は必見! 主な原因・除去方法・費用を詳しく!

歯石は、いつのまにか歯に付着してしまうものです。歯石は、見た目にもよくないだけでなく、歯周病などの原因になりやすいのですぐに除去してください。まずは、歯石が付着した原因は何かを考え、対策を進めることが必要です。しかし、何が原因なのか・どんな除去方法があるのかなど、分からないことも多いでしょう。また、歯科で除去してもらう費用も気になりますよね。

今回は、歯石の除去について詳しく解説しましょう。

  1. 歯石について
  2. 歯石のセルフチェック
  3. 歯科での歯石の除去について
  4. 歯石をつきにくくする方法
  5. 歯石の除去に関するよくある質問

この記事を読むことで、歯石の除去についてよく分かり、キレイな歯を維持することができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.歯石について

最初に、歯石の基本について見ていきましょう。

1-1.歯石とはどんなもの?

歯石とは、歯の周辺に付着する石灰化した物質です。歯石は、歯こうが歯の表面に蓄積し、唾液などと反応してできます。歯石の主な成分は、炭酸マグネシウムやリン酸マグネシウム・リン酸カルシウムといったミネラル分・細菌類・上皮成分などです。歯石には、歯ぐきの縁より上にできる上歯石と下にできる下歯石があります。上歯石は、黄白色や灰白色が多く、下歯石は暗褐色や黒色が多く見られるのが特徴です。歯こう(プラーク)はブラッシングなどで落とすことができますが、歯石は通常の方法では落とすことができません。

1-2.歯石がつきやすい人や場所は?

歯石がつきやすい人は、以下のような人です。

  • 歯みがきの習慣がない
  • 歯みがきが不十分
  • 食べるときによくかまない
  • やわらかいものばかり食べている
  • ドライマウス
  • 高齢者
  • 歯周病や虫歯がある

歯石がつきやすいのは、歯の根元や裏側・歯と歯の間などです。いずれも、歯ブラシが届きにくくみがき残しが発生し、歯こうが残りやすい部分となります。

1-3.歯石の問題点について

歯石があると以下のような問題があるため、早めに除去することが大切です。

  • 見た目に不潔なイメージになる
  • 虫歯や歯周病の原因になる
  • 口臭が発生する

1-4.歯石除去の重要性

歯石除去は、とても重要です。歯石には、歯こうが付着しやすく細菌繁殖の温床となります。口内が不潔になり、歯周病や口臭・虫歯の原因になるため、速やかに除去してください。前述したように、歯石は歯に密着しており通常の歯みがきでは落とすことができません。歯石の除去は、歯科にて処置を受ける必要があります。

2.歯石のセルフチェック

歯石があるかどうかは、セルフチェックで判断することができます。

2-1.歯石のセルフチェックをしてみよう

歯石の状態を知るために、以下の項目をチェックしてみましょう。当てはまるものが多いほど、重症です。

  • 歯みがきをしても落ちない付着物がある
  • 歯の付け根を取り囲むように固く盛り上がった付着物がある
  • 虫歯や歯周病がある
  • 口臭がある
  • 舌で歯を触るとゴツゴツ・ザラザラしている
  • 歯周ポケットが深い

2-2.セルフチェックは厳しく行うこと

歯石のセルフチェックは、厳しく行ってください。本当は自覚症状があるのにもかかわらず、チェックをせずに安心していてはいけません。まずは、現状をきちんと把握することが歯石の悩みを解決することにつながるのです。どちらか分からない項目は、イエスにして必要な対策を進めてください。

3.歯科での歯石の除去について

歯科での歯石の除去について詳しく解説します。

3-1.歯科における歯石の除去方法

歯科で歯石を除去する方法は、以下をご覧ください。

  • 専用の歯石除去機械を使用する
  • スケーラーを使って手動で削る

歯科では、普段手が届かない部分の歯石までケアでき、つるつるにすることが可能です。

3-2.痛くない歯石除去方法は?

歯石除去は、痛みを伴うことから苦手と感じる人も多くいます。歯石を除去するときに歯ぐきを傷つけることによる痛み・歯根や神経を刺激したことによる痛みなどを伴うことが多いからです。しかし、麻酔を使用する・手動で様子を見ながら進めるなどにより、痛みを感じずに除去こともできます。痛みに弱い人は特におすすめです。

3-3.歯石除去の頻度は?

歯石除去は、3か月に1回程度の頻度で行うといいでしょう。頻繁に行いすぎると、歯や歯ぐきを傷めやすくおすすめできません。間隔が空きすぎても、歯石が多く付着してしまいがちです。ただし、3か月に1回はあくまでも目安と考え、歯石が気になるときは3か月に満たなくても除去してください。

3-4.歯石除去の費用について

歯石除去の費用は、1回につき3,500円程度が相場となります。歯石除去は、歯科治療のひとつなので保険適用となるからです。初診時には、必ず保険証を持参しましょう。なお、歯石除去以外にも虫歯治療などを受けたときは、当然ながら費用が上乗せされます。実際の費用については、歯科で確認してください。

3-5.歯石除去は定期的に行おう

歯石除去は、定期的に行ってください。どんなに気をつけて自宅ケアを続けても、手入れが行き届かない部分が出てしまうものです。定期的に歯科に通って歯石を除去してもらえば、常にキレイな口元を維持できます。歯石も付着したばかりなら除去しやすいので、時間もかからずに済むことでしょう。また、定期的に歯科に通うことで初期虫歯の発見にも役立つなどメリットがたくさんあっておすすめです。

4.歯石をつきにくくする方法

歯石をつきにくくする方法について詳しく解説します。

4-1.自分でできる歯石ケア

歯石ケアは、自分でもできます。歯みがきをするときは、歯ブラシの毛先を細かく動かしながら1本ずつみがくようにしてください。歯みがきの後は、鏡できちんとみがけているかチェックしましょう。みがき残しがあるときは、再度ブラッシングしてください。また、デンタルフロスを使えば、歯こうが残りやすい歯と歯の間もキレイにすることができます。デンタルフロスは、両手の親指と人さし指で挟むように持ち、みがきたい部分に滑り込ませて左右に引いてください。たまった歯こうを絡め取ることができます。最後は、水でよく口をゆすいで完了です。丁寧なブラッシングとデンタルフロスを併用すれば、歯石の付着を最小限にできることでしょう。

4-2.力の入れすぎは歯を傷つけるだけ

歯みがきでのブラッシングもデンタルフロスも、力の入れすぎには注意しましょう。力をいれすぎると、歯ぐきを傷つけて出血したり歯が削れてしまったりすることがあります。人によっては知覚過敏を引き起こすこともあるでしょう。ブラッシングやデンタルフロスは、ごく軽いタッチで行うようにしてください。

5.歯石の除去に関するよくある質問

最後に、歯石の除去に関するよくある質問に回答します。それぞれ参考にし、役立ててください。

Q.どんな人にも歯石はある?
A.誰にでも多かれ少なかれ歯石はあります。ただし、歯石がつきやすい人とつきにくい人がいるのも事実です。

Q.歯石がつきにくい食事は?
A.繊維質でかみ応えがある食事をすると、歯石がつきにくくなります。食後にお茶や水を飲み、ガムをかむとなおいいでしょう。ただし、食事だけで気をつけるのではなく、そのほかのケアを並行してください。

Q.子どもの歯石を除去するときの注意点は?
A.子どもは、歯石の除去を嫌がるものです。歯石除去の重要性を分かりやすく説明し、治療の恐怖心を取り除きましょう。子どもの対応で評判のいい歯科に通うのもおすすめです。

Q.歯石除去後のケアで気をつけることは?
A.歯石除去後は、歯がキレイな状態です。反対に考えると、歯石や歯こうに覆われていないため、着色汚れがつきやすいとも言えるでしょう。コーヒーや紅茶・チョコレートやワインなど、着色しやすいものの飲食は避けてください。

Q.歯石があっても命には関わらない?
A.直接命に関わることはないでしょう。ただし、歯石にたまった雑菌が歯ぐきの傷などから血管に入り込み、血液に混ざって全身に回ってしまうことがあります。体調や体質により、何らかの不調を起こす可能性があるので注意してください。

まとめ

今回は、歯石の除去について詳しく解説しました。歯石がついたらなるべく早めに歯科にて除去しましょう。歯石には歯こうがたまりやすく、口内細菌が繁殖しやすくなり、虫歯や歯周病の原因になります。また、見た目にも不潔なイメージになるなど、何もメリットはありません。3か月に1回の頻度を目安に、定期的に歯科で歯石を除去すれば、常にキレイな歯を保つことができます。自分でも丁寧なブラッシングやデンタルフロスの活用など、歯石予防をきちんと行えば、なお効果的です。清潔な白い歯を維持するためにも、歯石除去と予防を徹底しましょう。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供