歯磨きのベストタイミングとは? 子どもの場合もタイミングが重要!

歯磨きをするベストなタイミングをご存じですか? 「朝起きてすぐ」という人もいれば「朝ご飯を食べた後」という人もいるように、いつ歯磨きをするかは人それぞれでしょう。歯をトラブルから守るためにはいつ歯磨きをするべきなのか、ぜひこの記事を参考にして考えてみてください。子どもの歯磨きについても、どのタイミングですべきなのかご紹介します。

  1. 歯磨きのタイミングについて
  2. 正しいタイミングはいつなのか?
  3. 子どもの歯磨きのタイミングについて
  4. 歯磨きのタイミングに関するよくある質問

この記事を読むことで、1日のうちいつ歯磨きをするべきか分かるはずです。歯の健康を守るために、実践してみてください。

1.歯磨きのタイミングについて

まずは、歯磨きをするタイミングについて、現状や重要性などをまとめました。

1-1.歯の健康を守るために、タイミングは重要

虫歯や歯周病などのトラブルから歯を守り、健康を維持する上で、歯磨きのタイミングは非常に重要です。虫歯や歯周病の原因は口内の細菌であり、歯磨きによって細菌を取り除くことは歯の健康を守ることにつながります。食後や就寝中、起床後すぐなどは、口の中の環境が悪化し、細菌が繁殖しやすい状態です。トラブルを起こしやすい環境になるのを防ぐために、タイミングを見極めて歯磨きをする必要があります。

1-2.タイミングに関する専門家の意見とは?

「食後すぐにすべき」という説が正しいのか、「食後30分以上たってから」という説に従うべきなのか、迷う人も多いでしょう。どの説が正しくてどの説が間違っているというわけではなく、歯磨きの最適なタイミングは、その人の口内の状態によって決まります。自分にとっての正しいタイミングはいつなのか、ぜひこの記事を参考にして把握してください。

2.正しいタイミングはいつなのか?

歯磨きの適切なタイミングや注意点をご紹介します。

2-1.食後は「食べてすぐ?」「30分後?」

食後の歯磨きについては、「食べてすぐにすべき」という説と「食後30分経過してからすべき」という説を聞いたことがあると思います。食後30分経過してからの歯磨きが推奨されるのは、食後すぐに歯磨きをすると歯のエナメル質を削り落としてしまう可能性があるからです。しかし、その可能性があるのは、酸性の飲食物や胃酸によってエナメル質が溶けてしまう「酸蝕(さんしょく)症」という病気の人だといわれています。口腔(こうくう)内が健康な人には、食後すぐの歯磨きをすすめる歯医者が多いでしょう。

2-2.朝は「起床後すぐ?」「朝食後?」

起床後はすぐにうがいをし、朝食後に歯磨きをするのが最もおすすめです。寝ている間に繁殖した細菌が原因でネバつきや口臭が気になると思いますが、起床後と朝食後に2回歯磨きをするのは時間がかかり、歯に余分な負担を与えることにもなります。起床後はうがいで口の中を洗い流すだけにしておきましょう。

2-3.最低でも1日2回の歯磨きを

最低でも1日2回、朝と夜には必ず歯磨きをするようにしましょう。特に、就寝中は唾液の分泌量が減って自浄作用が弱くなるため、虫歯などのトラブルが起こりやすくなります。寝る前にしっかりと歯磨きをし、虫歯や歯周病を予防しましょう。

2-4.歯磨きができないときはうがいとガムがおすすめ!

食後に歯を磨くことができないときは、口の中の食べカスを洗い流すために、うがいをするようにしてください。また、唾液の分泌量を増やすためにガムをかむのもおすすめです。細菌の繁殖を抑えるために、キシリトール配合のガムを持ち歩いておくとよいでしょう。

3.子どもの歯磨きのタイミングについて

子どもの場合、歯磨きのタイミングはどうするべきなのか詳しく見ていきましょう。

3-1.子どもの歯磨きにおける悩み

離乳食が始まるころから、子どもの歯磨きについて悩む親御さんも多いと思います。子どもの場合は以下のように、大人と違った悩みが多いため、より注意が必要です。

  • 歯が生えてくるまで歯磨きは必要ないのか?
  • 夜中の授乳で虫歯にならないのか?
  • 1日に何回もミルクを飲むので、タイミングが難しい
  • 歯磨きを嫌がる

3-2.離乳食を始めるまではガーゼで拭くだけでOK

離乳食を始める前の赤ちゃんの場合、本格的な歯磨きをする必要はありません。授乳後にぬれたガーゼで歯を軽く拭いてあげるだけで十分です。離乳食が始まったら、本格的な歯磨きを開始してください。離乳食後にガーゼと赤ちゃん用の歯ブラシを使ってきれいにしてあげましょう。大人と同様、特に就寝前はしっかりと歯磨きをしてください。

3-3.歯磨き粉はうがいができるようになってから

歯磨きの目的は歯の汚れを落とすことです。ミルクや離乳食が中心の赤ちゃんの場合、歯磨き粉がなくても歯の汚れを十分に落とすことができます。無理に歯磨き粉を使おうとせず、口に含んだ水をしっかりと吐き出すことができるようになるまで待ちましょう。

4.歯磨きのタイミングに関するよくある質問

「歯磨きのタイミングについて知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.酸蝕(さんしょく)症とはどのような病気ですか?
A.歯のエナメル質が酸によって溶けてしまう病気のことをいいます。進行すると冷たいものがしみたり、痛みが出てきたりするため、歯科への受診が必要です。

Q.自分で上手に歯磨きができているか自信がありません。どうすればよいでしょうか?
A.洗面所の鏡の前でチェックしながら歯磨きをしてください。予防歯科に力を入れている歯科で歯磨き指導を受けるのもおすすめです。

Q.歯ブラシはどのくらいで新しいものと交換するべきでしょうか?
A.使っていて毛先が開いてきたら交換しましょう。目安としては1か月ごとの交換がおすすめです。

Q.1回の歯磨きに何分くらいかけるべきでしょうか?
A.歯の汚れをしっかり落とすためには、10~15分かけるべきといわれています。

Q.電動歯ブラシを使っても問題ないでしょうか?
A.問題ありません。自分ではなかなか落とすことができない細かい汚れも落としてくれるため、使用してみるとよいでしょう。ただし、正しい使い方を理解していないと磨き残しが残ってしまうこともあるため注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか? 歯磨きのタイミングについて詳しくご紹介しました。口内の健康を守るために、毎日の歯磨きは必要不可欠なものです。最適なタイミングを知り、歯磨きの効果をより高めるようにしましょう。子どもの歯磨きをするタイミングについても、ぜひこの記事を参考にして把握してください。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供