虫歯と肩こりの関係は? 原因や痛みへの対処方法などを詳しく解説

虫歯と肩こりは、深い関連があることをご存じですか? 虫歯の痛みは肩こりを誘発し、不快な症状へと発展してしまいます。虫歯の痛みをかばうことから来ているという説もあるのです。虫歯が痛いと肩こりもするという方は、意外な関係性について覚えておきましょう。相互作用した痛みが起こるメカニズムを知り、痛みが起きたときの対処方法などを理解しておくだけでも、虫歯の痛みと肩こりのつらさから解放されます。

今回は、虫歯と肩こりについてです。

  1. 虫歯と肩こりについて
  2. 虫歯で肩こりが起こる原因
  3. 虫歯による肩こりの応急処置・対処方法
  4. 虫歯と肩こりでよくある質問
  5. まとめ

虫歯と肩こりの関係は? 原因や痛みへの対処方法などを詳しく解説

この記事を読むことで、虫歯と肩こりの関係がよく分かります。症状があるときにやってはいけないことも理解し、正しい対処方法を身につけることができるでしょう。

1.虫歯と肩こりについて

虫歯と肩こりについて

まず、歯と肩こりの関係について考えていきましょう。

1-1.虫歯が原因で肩こりになる?

虫歯は肩こりを誘発します。知らないうちに虫歯をかばうようにほかの歯で噛み、虫歯のない部分に余計な力が加わるのです。また、虫歯ができることにより、噛み合わせが変わることがあります。噛み合わせは全身のバランスにも影響するもので、首や肩は特に痛みや違和感などが出やすくなるのです。親知らずが虫歯になった場合、顎の周辺やリンパ腺にも炎症を起こし、強い痛みが現れます。

1-2.肩こりで歯が痛むケースもある

虫歯が肩こりを引き起こすのと同じように、肩こりが歯の痛みを誘発するケースもあります。非歯原性歯痛と呼ばれるもので、虫歯など歯には原因がないのに痛みを感じる症状です。食いしばりが癖になっている場合、首や肩などの筋肉に強い力がかかり、歯の痛みを引き起こすこともあります。

2.虫歯で肩こりが起こる原因

虫歯で肩こりが起こる原因

虫歯で肩こりが起こる原因を詳しくご紹介します。また、放置した場合の注意点を覚えておきましょう。

2-1.原因

2-1-1.痛みをかばうことによる偏り

虫歯は痛みを伴い、知覚過敏などの症状も起こるでしょう。自然と虫歯になった歯をかばうため、片側で噛む癖がついてしまいます。咀嚼(そしゃく)の偏りが起こり、顎から肩にかけて筋肉の緊張や疲労が起こるのです。偏った噛み方は、姿勢にも影響を及ぼします。そのため、肩こりを助長しやすいのです。

2-1-2.痛みをこらえることによるもの

虫歯は鋭い痛みが特徴です。痛さを我慢しきれず、噛み締めや食いしばりをしてしまうことがあります。噛み締めることで患部が圧迫され、一時的に痛みが和らぐのも虫歯の特徴です。噛み締めなどの癖は、虫歯の治療をしっかりしない限り続きます。

2-1-3.神経の炎症

肩こりと同時に、頭痛や首の痛みを併発している場合、神経の炎症を疑うべきです。奥歯は特に注意が必要で、神経や歯茎の炎症が悪化しやすく、顎やリンパ腺まで広がります。そのため、頭から肩にかけた広範囲の痛みへと発展するのです。

2-2.注意点

虫歯は適切な治療をしなければ、虫歯が進行することもあります。炎症が神経や歯茎にも広がり、大きなダメージを与えるのです。抜歯や根幹治療が必要になることもあります。鋭い痛みが持続する場合や、胸の痛みといった発作がある場合、ほかの疾患の可能性も否定できません。早期に改善するためにも、治療をきちんと受けましょう。

3.虫歯による肩こりの応急処置・対処方法

虫歯による肩こりの応急処置・対処方法

虫歯による肩こりの対処方法や、痛みがあるときにやってはいけないことをご紹介します。

3-1.応急処置

痛みを感じるときは、我慢せずに痛み止めの服用をおすすめします。すぐに受診できない場合は、痛み止めで一時的につらい症状を和らげることができるでしょう。痛み止めは、虫歯の痛みと肩こりのどちらにも有効です。肩こりがひどい場合は、湿布も効果があります。ただし、痛み止めや湿布は、痛みを抑えるだけで、原因となる虫歯を根本から治す方法ではありません。必ず、虫歯の治療をしてください。

3-2.NG行為

肩こりがある場合、血流促進を目的に入浴をすることがあります。肩こりの解消だけが目的なら有効な策ですが、温めると虫歯の痛みは増強されるため、なるべく患部を温めないようにしてください。

3-3.こんなときは病院へ

虫歯が原因で肩こりや頭痛などの症状を引き起こしている場合、歯科医院を必ず受診してください。虫歯は進行していくため、きちんと治療しない限り、不快な症状は続くでしょう。痛みがひどくなっている場合は、なるべく早く受診して治療を受けてください。

3-4.虫歯治療の流れ

虫歯の状態や発症時期を確認するため、問診から始めます。痛みの具合や肩こりなどの併発する症状のヒアリングも行うでしょう。治療前にレントゲンを撮影し、虫歯の進行度や炎症の範囲を特定します。現在の状態を把握してから、治療方針を決めるのが一般的です。虫歯の状態により、保険診療でできる範囲や自費診療となるものを伝えられます。歯科医師の説明を受け、納得してから治療を受けるようにしてください。虫歯治療は1回で終わりではありません。治療後のケアを継続していくことで、口腔(こうくう)内を良好な状態で維持することができるのです。

3-5.歯科医院選びのポイント

虫歯と同時に肩こりを併発している場合、噛み合わせなどの問題も抱えていることがあります。噛み合わせの治療は継続して観察する必要があるため、長くつき合える歯科医院を選ぶことが大切です。治療方針や疑問について丁寧に説明してくれる・治療実績が豊富・費用が分かりやすい・設備が充実しているなどのポイントを確認し、信頼できる歯科医院を探してください。吉松歯科医院では、マイクロスコープを用いた精密な治療を行っています。お気軽にご相談ください。

4.虫歯と肩こりでよくある質問

虫歯と肩こりでよくある質問

虫歯と肩こりが同時に起こるとつらいですよね。質問集を参考に、不快な症状の改善に役立ててください。

Q.歯の痛みと肩こりがある場合、虫歯以外に病気が関連していることがあるのか?
A.鋭い胸の痛みや発作などがある場合、心筋梗塞が疑われます。安静時にも痛みを感じるようなら、虫歯や肩こりと安易に考えず、すぐに医療機関を受診してください。

Q.肩こりの緩和に整体は効果がある?
A.肩こりの一時的な解消にはなりますが、虫歯が原因となって痛みを伴う場合、虫歯治療をしっかり行い、根本的な解決を図りましょう。

Q.マイクロスコープを使った治療のメリットは?
A.神経にダメージがある虫歯や根幹治療が必要な虫歯でも、マイクロスコープを使った治療なら正確かつ精密な治療ができることがメリットです。深く進行した虫歯の治療に最適でしょう。

Q.食いしばりがあると、骨格のズレや姿勢の崩れにもつながるもの?
A.虫歯の痛みを我慢していると、無意識に食いしばりをしてしまいます。ごくわずかな噛み合わせの変化でも、長く続くと骨格のズレや姿勢の崩れにつながるものです。やがて、肩こりが起こる原因となります。

Q.虫歯の痛みが緩和したので、治療を中断したい
A.虫歯は、目に見えない部分で進行するため、痛みが治まっても治療は継続するべきです。また、ほかの歯も虫歯にならないよう、日々の歯磨きや定期的な歯科医院でのクリーニングを続けましょう。

5.まとめ

虫歯と肩こりの関係性についてのまとめ

いかがでしたか? 虫歯と肩こりは、一見関係がないように見えて、密接なつながりがあることが分かりました。虫歯の痛みをかばい、姿勢や噛み方に偏りが出るためです。虫歯を放置すると進行し、炎症範囲が広がります。重度の虫歯になった場合、抜歯や根幹治療などが必要になることもあるでしょう。早期に歯科医院を受診し、適切な虫歯治療を受けてください。歯科医院を選ぶときは、治療実績や説明の丁寧さ、明確な費用とアフターケアなどもポイントになります。虫歯の痛みは我慢せず、きちんと治療を受け、肩こりなどの不快な症状も緩和しましょう。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供