抜歯後のドライソケットはどんな痛み? 見分け方や原因・対処方法を解説

ドライソケットの症状・治療の基礎知識!

抜歯した後、なぜか強い痛みがずっと続いている。その症状はドライソケットかもしれません。ドライソケットとは抜歯後の穴が塞がらずに骨が露出してしまった状態です。放置すると炎症が強くなったり歯茎の形が悪くなるなど、今後の治療にも影響が出る恐れがあります。

そこで今回は、ドライソケットの見分け方や対処方法について解説します。

  1. ドライソケットの基礎知識
  2. ドライソケットの症状を知ろう!
  3. ドライソケットになってしまう原因は?
  4. ドライソケットによる悪影響は?
  5. ドライソケットの治療法
  6. ドライソケットの予防法は?
  7. ドライソケットに関してよくある質問

この記事を読むことでドライソケットについて十分な知識を得ることができます。ドライソケットの原因や予防方法など、知っておくべきことが満載です。


マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供