歯痛と頭痛の関連は? 虫歯や歯周病以外で考えられる病気について

歯痛はとてもつらいものですよね。歯痛に関連し、頭痛が起こることがあります。中には、緊急を要する症状もあるため、歯痛と頭痛の関連は知っておくべきです。また、歯痛と頭痛を起こす病気の可能性も否定できません。

歯痛と頭痛は、一見関係がないように思えます。しかし、すぐに治療すべき場合もあるため、知識を持っておくことが大切です。歯痛と頭痛があると不安になりますよね。関連などを理解しておけば、いざというときに困らずに済むでしょう。

今回は、歯痛と頭痛の関連などについて触れていきます。

  1. 歯痛と頭痛の関連
  2. 歯痛と頭痛が併発する原因は?
  3. 歯痛と頭痛の応急処置
  4. 歯痛と頭痛の治療について
  5. 歯痛と頭痛の関連でよくある質問

歯痛と頭痛の関連は? 虫歯や歯周病以外で考えられる病気について

痛みがひどい場合は、応急処置を覚えておくだけでも楽になります。受診すべき症状や受診科についても、しっかり理解しておいてください。

1.歯痛と頭痛の関連

歯痛と頭痛の関連

歯痛はなぜ起こるのか、頭痛は必ず併発するものなのか、歯痛と頭痛の関連を見ていきましょう。

1-1.歯痛とは?

歯痛とは、虫歯などが原因で起こる歯の痛みです。歯ぎしりによる歯の磨耗でも、歯痛は起こりやすくなります。歯痛は、口腔(こうくう)内の異常を示すサインです。何らかのトラブルがあると捉(とら)えましょう。

1-2.歯痛と頭痛は併発する?

歯痛と頭痛は関連しており、歯痛が起こると頭痛を感じるという方は多いものです。こめかみに痛みを感じることや、肩こりが起こることもあります。

1-3.なぜか?

歯と頭の神経は近い場所にあり、炎症があると痛みを誘発するため、歯痛と頭痛を同時に感じます。歯痛と頭痛を同時に訴える方は、意外と多くいるのです。

2.歯痛と頭痛が併発する原因は?

歯痛と頭痛が併発する原因は?

前述でも、歯痛と頭痛の関連についてご紹介しました。歯痛で起こる頭痛で考えられる病気や、注意すべき症状などを覚えておきましょう。

2-1.原因

歯と頭は神経が近いため、どちらかに痛みや炎症があれば、誘発して痛みが起こります。歯痛が先に起こるパターンや、頭痛が先に起こるパターンもあるでしょう。

2-2.考えられる病気

虫歯や歯周病といった、歯の炎症が原因で起こるケースがほとんどです。炎症部位を治療しない限り、歯痛も頭痛も治りません。まれに、発熱を伴う場合もあるため、早期治療が必要となります。

2-3.ほかに注意すべき併発症状

2-3-1.群発性頭痛

群発性頭痛といって、片側だけに激しい痛みが集中する頭痛があります。痛みが持続するのが特徴で、1〜2か月と長く続く場合もあるでしょう。群発性頭痛の場合、目・鼻・口の神経にも近いため、歯痛を感じやすい方もいます。

2-3-2.副鼻腔(びくう)炎

副鼻腔(びくう)炎は、副鼻腔(びくう)内に膿が蓄積する病気で、風邪に似た症状が特徴です。慢性化する場合もあり、鼻づまりによる頭痛を発症しやすく、奥歯に痛みを感じるケースもあります。

2-3-3.噛(か)み合わせ

噛(か)み合わせは、姿勢や体のバランスをキープするために重要なもので、ほんの少しずれただけでも体調不良を起こしやすくなります。歯ぎしりも発生しやすく、噛(か)み締めも強くなるのです。そのため、歯痛や頭痛を併発します。

2-4.注意点

歯痛と頭痛が起こった場合、ほかにも症状がないかをセルフチェックしてみてください。素人判断で受診が遅れ、危険な状態になることも珍しくありません。おかしいなと感じたら、すぐに受診しましょう。

3.歯痛と頭痛の応急処置

歯痛と頭痛の応急処置

歯が痛いと我慢できないこともありますよね。頭痛も併発し、肩こりや吐き気を誘発することもあるものです。応急処置を覚えておき、いざというときに役立てましょう。

3-1.応急処置

3-1-1.鎮痛剤

痛みがひどいときは、我慢せずに鎮痛剤で痛みを緩和しましょう。肩こりも楽になり、体全体がすっきりとします。歯痛と頭痛のどちらにも効果があるため、鎮痛剤の服用はとても有効です。

3-1-2.冷やす

炎症部位がはっきりしている場合は、冷やす方法もおすすめです。ただし、出血や外傷がある場合は、受診して処置を受けてから行ってください。

3-1-3.子どもや妊婦の場合

子どもの場合、痛みを訴えても場所を特定しにくいことがあります。かかりつけ医に相談し、適切な医療を受けるようにしてください。妊婦は安易に鎮痛剤を服用するのは危険です。受診し、服用しても胎児への影響が少ない薬をもらうか、痛みを緩和する処置を受けましょう。

3-2.NG行為・注意点など

歯痛と頭痛があるときは、激しい運動は避けるようにしてください。血流が促進され、より痛みが増幅しやすくなります。また、患部に触れる行為もいけません。炎症が広がり、治療に支障をきたします。気になる場合は、すぐに受診するよう心がけてください。

4.歯痛と頭痛の治療について

歯痛と頭痛の治療について

歯痛と頭痛が併発するときは、どの科を受診すべきかわからないこともありますよね。治療や検査について理解しておきましょう。

4-1.病院に行くべき症状

4-1-1.歯科

虫歯や歯周病が原因とわかっている場合、場所が特定できる痛みの場合は、歯科を受診しましょう。膿や出血がある・歯茎の腫れなどがあるなら、すぐに診察を受けてください。

4-1-2.内科

まれに、風邪やインフルエンザが原因で、歯痛や頭痛が起こる場合があります。発熱などを伴う場合、細菌感染が考えられるため、早急に受診してください。

4-1-3.耳鼻科

鼻づまりや咳(せき)などがあり、臭いを感じるようなら、副鼻腔(びくう)炎の可能性が高いでしょう。副鼻腔(びくう)炎は適切な治療をしなければ、慢性化しやすい病気です。受診し、薬を処方してもらってください。

4-1-4.脳神経外科

群発性頭痛の場合、脳神経外科を受診し、検査などを受けましょう。歯科や内科では異常が見つからない症例でも、脳神経外科なら発見できることも多いものです。長年の悩みから解放されるきっかけになります。

4-2.検査

受診科により、検査方法はさまざまです。歯科の場合、レントゲンやCTで虫歯や歯周病の進行具合を確認します。耳鼻科では、炎症範囲を特定するため、同じく画像診断やファイバースコープを使った検査を行うことが多いでしょう。いずれも、保険適用で受診できます。治療期間は、症状の進行具合によって変わるため、診断を受けてから主治医に相談してみてください。

4-3.歯科の選び方

歯科を選ぶ際は、検査態勢がしっかり整っており、それぞれの分野を得意とする専門医がいる歯科を選ぶべきです。症状によっては、専門的な治療を必要とする場合があります。検査機器がそろい、専門医がいる歯科なら、1つの歯科医院で検査・診断・治療が完結するので安心です。

4-4.歯痛と頭痛の治療に関する注意点

鎮痛剤を服用したら、一時的に痛みから解放されます。治ったと錯覚する方もいるはずです。しかし、痛みを抑えているだけで、症状が改善したわけではありません。大きな病気に進行する前に、受診するようにしてください。

5.歯痛と頭痛の関連でよくある質問

歯痛と頭痛の関連でよくある質問

歯痛と頭痛に悩まされる方は多く、心配事も絶えないでしょう。よくある質問をまとめました。参考にしてみてください。

Q.どこの科を最初に受診すべきかわからない。
A.歯痛と頭痛の症状があるなら、まずは歯科に相談しましょう。歯科で正確な診断ができない場合や、ほかの病気の可能性がある場合、ほかの科を紹介してもらえます。

Q.噛(か)み合わせを少しでも改善する方法はないか?
A.噛(か)み合わせの悪さは、体の歪みが生じるため、ストレッチなどで体をほぐす習慣を持ちましょう。姿勢を矯正し、筋肉を緩めることができます。

Q.群発性頭痛は男女差があるもの?
A.男性の方が発症率が高いとされています。女性に比べ、5倍ほど悩んでいる方がいるのです。群発性頭痛は歯痛の原因にもなりますし、早めに受診して治すようにしましょう。

Q.歯痛と頭痛が長引く場合、副鼻腔(びくう)炎を疑うべきか?
A.副鼻腔(びくう)内に膿が溜(た)まる量が増えれば、痛みは増幅していきます。歯痛と頭痛が長引くのは、悪化している証拠です。耳鼻科を受診しましょう。

Q.歯痛と頭痛を放置した場合はどうなるのか?
A.虫歯や歯周病なら進行が早いものですから、治療せずに放置した場合、歯を失う可能性も高まります。ほかに原因がある場合でも、病気が進行するリスクが上がるでしょう。鎮痛剤を服用したからと安心せず、きちんと治療を受けてください。

まとめ

 歯痛と頭痛は関連についてのまとめ

歯痛と頭痛は関連があり、虫歯や歯周病以外にも原因が潜んでいることがあります。鎮痛剤で我慢してしまう方もいますが、病気が知らず知らず進行してしまう危険性もあるでしょう。まず、歯科を受診し、画像などの検査によって原因を特定することが大切です。歯科からほかの科への紹介をし、症状に合う治療を受けることもできます。歯痛と頭痛は軽視してはいけません。体に炎症があるサインですから、しっかり治療を受けましょう。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供