症状がない場合も? 実は危険な歯根嚢胞! 原因と治療法を徹底検証!

歯根嚢胞の症状や原因、治療法などを詳しくご紹介します。

歯根嚢胞(しこんのうほう)でお悩みの人は多いでしょう。症状がないことも多く、歯医者でレントゲンを撮って初めて気づくこともあります。しかし、放置しておくと痛みや違和感、腫れの原因になることがあるため、早めに治療することが大切です。悪化すると手術が必要になることもあります。そうなる前に、適切な治療を受けましょう。

歯根嚢胞の症状や原因、治療法などを詳しくご紹介します。

  1. 歯根嚢胞とは?
  2. 歯根嚢胞の原因
  3. 歯根嚢胞の治療法
  4. 歯根嚢胞の予防方法
  5. 歯根嚢胞に関するよくある質問

この記事を読むことで、歯根嚢胞を治療する方法がわかるはずです。ぜひ参考にして、健康な歯を取り戻してください。

1.歯根嚢胞とは?

歯根嚢胞とは?

まずは、歯根嚢胞について解説します。

1-1.どんなものなのか?

歯根嚢胞とは、歯の根の先に膿がたまる病気のことを言います。あまり耳にすることのない病名ですが、実はよくある歯の病気です。特に、過去に治療経験がある人に起こりやすく、早めの治療が必要になります。嚢胞が大きくなると、あごの骨を溶かしてしまうこともあるため、早期発見が何よりも重要です。

1-2.主な症状

歯根嚢胞は症状がない場合もあります。そのため、気づいたときには進行してしまっていることも多いのです。わずかな症状として現れることもあるため、気になるときはすぐに受診してください。主な症状には以下のようなものがあります。

  • 歯茎に白いふくらみができる
  • 歯茎から膿が出る
  • 噛(か)むと痛みがある
  • 歯に違和感がある
  • 歯茎が腫れて激痛がある
  • 頭痛がする

細菌が副鼻腔(びくう)に入ると、歯が原因で起こる副鼻腔(びくう)炎になります。その結果、頭痛を引き起こしてしまうことがあるのです。

1-3.痛みについて

最初は歯に違和感がある程度ですが、ある日突然激しい痛みが走るようになるのが特徴です。特に、噛(か)んだときに痛みが出やすいでしょう。歯茎の腫れを伴うことが多いため、よく観察してみてください。

歯の根の先に膿がたまる病気が歯根嚢胞なんですね。
嚢胞が大きくなると、あごの骨を溶かしてしまうこともあります。早期発見が何よりも重要なのです。

2.歯根嚢胞の原因

歯根嚢胞の原因

歯根嚢胞の原因や関連する病気などをご紹介します。

2-1.原因とメカニズム

歯根嚢胞は、細菌が感染することで起こります。菌の影響が広がらないように、体の防衛反応として膿の袋ができるのです。細菌が侵入する原因には、以下のようなものが考えられます。

  • 虫歯による炎症が歯の根の先にすすんでしまう
  • 神経の治療後、治療跡が劣化して再び細菌が侵入してしまう
  • 歯にヒビが入ることで、そこから細菌が侵入する

2-2.放置するとどうなるのか?

歯根嚢胞は、自然に治ることはありません。そのため、放置しておくと悪化するばかりです。膿が肥大化し、細菌があごの骨まで広がってしまうと、大きな手術が必要になってしまうこともあります。

2-3.なりやすい人

以前に歯の根の治療をして治療経過が悪かった場合、歯根嚢胞になりやすいと言われています。また、歯が割れると細菌が侵入しやすくなるため、特にスポーツをする人などは注意が必要でしょう。

2-4.関連する病気

関連する病気として、掌蹠(しょうせき)膿疱症があります。歯根嚢胞による慢性的な炎症が原因で起こることもあり、手足に多数の嚢胞ができるのが特徴です。嚢胞ができた後は皮がむけ、周期的に繰り返されます。治療は長期間にわたるため、このような状態に進行する前に治療しましょう。

細菌感染が原因なんですね。
菌の影響が広がらないように、体の防衛反応として膿の袋ができることで歯根嚢胞になるのです。

3.歯根嚢胞の治療法

歯根嚢胞の治療法

治療法をまとめてみました。

3-1.レントゲン検査と診断について

診断は、主にレントゲン検査によって行います。歯科用のレントゲンでもはっきりと確認できない場合は、歯科用CTを撮影することもあるでしょう。レントゲンで歯根の先に黒い影がある程度であれば、比較的簡単に治療が可能です。しかし、嚢胞が広がっている場合は、治療が長期間にわたる場合もあります。

3-2.治療法

治療法は嚢胞の大きさや歯の状態に応じて選択されます。

3-2-1.根管治療

嚢胞が小さいうちは、多くの場合この治療法が用いられます。無菌状態にするために歯の根の中に薬を詰める治療法です。少しでも細菌が残ってしまうと再び感染が広がってしまうため、一本一本の歯を丁寧に消毒します。

3-2-2.歯根端切除術

歯茎を切り開き、膿を出す治療法です。根管治療で歯根嚢胞が治らなかった場合も、この治療法が用いられます。

3-2-3.嚢胞開窓術

嚢胞の壁を一部分だけ切除して、膿を出す治療法です。麻酔をしていったん歯を抜き、嚢胞を取り出してから歯を再植します。ただし、根が曲がっている場合は適応されないため、部分抜歯が必要になるでしょう。

3-2-4.抜歯

奥歯の根を一本、嚢胞と一緒に抜歯します。根の炎症が悪化している場合は、抜歯する必要があるでしょう。

3-3.抗生物質について

歯根嚢胞の治療には、抗生物質が使用されることが多くなっています。炎症や腫れを抑えるための抗生物質を服用することで、痛みなどの不快な症状を抑えることができるのです。細菌感染の原因を抑える効果もあるため、完治を早めることにもつながります。

3-4.注意点

主な治療法である根管治療は、抜歯することなく治療できる画期的なものです。ただし、完全に治すまでには時間がかかります。途中で治療をやめると再び細菌が侵入してしまうため、継続的に治療を続ける必要があるのです。長いときは半年以上かかることもあるため、覚悟しておきましょう。治療にかかる費用については、保険が適用される場合、歯1本あたり6,000~7,000円程度です。

3-5.注意点

手術が必要な場合、嚢胞の大きさによっては一般の歯医者では治療できないこともあります。嚢胞ではなく腫瘍である可能性も考えて、大学病院や総合病院の口腔(こうくう)外科での診断が必要になる場合もあるということを覚えておきましょう。

歯根嚢胞の治療法はいくつかあるんですね。
はい。嚢胞の大きさや歯の状態に応じて、根管治療・歯根端切除術・嚢胞開窓術・抜歯などから適切な治療を行います。

4.歯根嚢胞の予防方法

歯根嚢胞の予防方法

歯根嚢胞を予防するための方法をご紹介します。

4-1.予防のポイント

歯根嚢胞は珍しい病気ではありません。しかし、悪化すると治療が困難になるため、できるだけ予防できるように普段から気をつける必要があるでしょう。予防法として最も効果的なのが、歯根の治療をしっかりとしてもらうことです。確かな技術を持つ歯医者を選び、歯根嚢胞にならないよう確実に治療してもらいましょう。

4-2.定期検診

歯根嚢胞は早期発見・治療が何よりも大切です。悪化する前に治療を開始することで完治を早めることができます。定期的に歯医者で検診を受け、歯根嚢胞になっていないか確認してもらうようにしましょう。そのためにも、信頼できる歯医者をかかりつけにしておくことが大切です。

4-3.歯医者選びについて

歯医者選びのポイントとして、以下を参考にしてください。

  • 事前に十分な説明をしてくれる
  • 衛生面の管理がされている
  • 予防歯科にも力を入れている
  • 十分な実績がある
  • 丁寧で親切な応対をしてくれる
歯根の治療をしっかりしてもらうことが予防になるんですね。
早期発見・治療が何よりも大切ですから、定期的に歯医者で検診を受け、歯根嚢胞になっていないか確認してもらうことをおすすめします。

5.歯根嚢胞に関するよくある質問

歯根嚢胞に関するよくある質問

「歯根嚢胞を治したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめてみました。

Q.歯根嚢胞の場合、どのようなときに強い痛みが現れますか?
A.噛(か)んだときはもちろんのこと、風邪を引いて体の抵抗力が下がったときなどに腫れや痛みが強く出ます。

Q.歯根嚢胞の大きさはどのくらいですか?
A.直径5mm程度のものから50mm以上のものまでさまざまです。あごの骨を溶かしながら少しずつ成長していきます。

Q.手術後は痛みがありますか?
A.個人差はありますが、3日程度は腫れる場合が多いでしょう。処方された痛み止めと抗生物質をしっかりと飲み、痛みが強いときは患部を濡(ぬ)れタオルで冷やすなどして対処してください。

Q.根管治療による完治は難しいと言われているのはなぜですか?
A.歯の根は、管が曲がっていたり枝分かれしていたり複雑な構造になっています。そのため、完全に無菌状態にするのは難しいのです。

Q.手術後は、どのようなことに注意して過ごすとよいですか?
A.できるだけ口を動かさないようにし、安静に過ごしてください。食事はやわらかいものを心がけ、歯みがきのときは傷口の周囲は触らないように気をつけましょう。

疑問に思っていたことが詳しくわかったのでスッキリしました!
よかったです。くれぐれも放置せずに、この記事を参考にしっかりと対処するようにしてくださいね。

まとめ

歯根嚢胞の症状や原因、治療法などのまとめ

歯根嚢胞の症状や原因、治療法などをまとめてご紹介しました。歯根嚢胞は決して珍しい病気ではありません。症状がないために気づいていないだけで、嚢胞ができている人も少なくないでしょう。しかし、放っておくと確実に悪化し、簡単に治療できなくなってしまいます。少しでも気になる点があるときは、すぐに受診するようにしてください。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供