神経を抜く虫歯治療とは? 抜かない選択肢や注意点

虫歯は、ミュータンス菌が原因で発症する歯の疾患です。一度発症すれば自然治癒することはなく、時間が経つほど歯の深い部分までミュータンス菌によって穴があき、痛みも大きくなるでしょう。歯の神経にまで虫歯が到達すると、神経が死んでしまうこともあります。こうなると、神経を抜く治療が取られることもあるのです。

そこで今回は、神経を抜く治療法の方法や注意点などをご紹介しましょう。

  1. 歯の構造と虫歯について
  2. 抜髄と根管治療について
  3. 歯の定期検診のすすめ
  4. 歯の神経を抜く治療に関するよくある質問

この記事を読めば、神経を抜くメリットやデメリット、神経を抜いた後のケアの方法も分かります。虫歯の痛みに悩まされいている方は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.歯の構造と虫歯について

はじめに、歯の構造や虫歯の進行度、治療方法などをご紹介します。虫歯は放っておくとどうなってしまうのでしょうか?

1-1.歯の構造について

歯は、エナメル質・象牙質・歯髄(歯の神経)の3重構造になっています。エナメル質が最も硬く、内側へ行くほど硬度が落ちていくのです。歯は、半ば歯肉に埋まっており、歯と歯肉の間には歯根膜というクッションの役割をする組織があります。

虫歯になると、ミュータンス菌は歯を破壊しながら歯髄へと進んでいくのです。

1-2.虫歯とは?

虫歯とは、ミュータンス菌が出す歯垢によって歯が溶かされる病気です。ミュータンス菌は、口の中に常在する菌の一種で、糖分を好みます。歯に糖分がついているとミュータンス菌はそれを食べて歯垢を作るのです。歯垢は酸性ですから、歯を溶かします。虫歯で歯に穴が開くというのは、歯垢によって歯が溶けるためです。歯には再生能力がありませんので、虫歯が自然に治ることはありません。

1-3.虫歯の進行度

歯のエナメル質は硬いので、歯垢が溶かすまでに時間がかかります。この時点では、冷たいものや熱いものがしみるくらいです。しかし、エナメル質の下の象牙質は硬度が低いため、エナメル質が溶けきってしまうと、虫歯が一気に進行します。象牙質まで虫歯が到達すると、何もしなくても痛みを感じるようになるでしょう。
さらに虫歯が進行すると、歯髄(歯の神経)にまで到達します。ここまでくると、激痛で日常生活が困難になることも珍しくありません。虫歯になった部位によっては、頬が大きく腫れることもあります。
虫歯がさらに進行すると神経が死んでしまうため、痛みを一時的に感じなくなるでしょう。しかし、虫歯は進行していき、ミュータンス菌はあごの骨を溶かしたり、周囲の歯も虫歯にしたりします。ミュータンス菌が血液にのって全身を回れば、心筋梗塞の原因となることもあるのです。このように、虫歯を放置しておけば最悪の場合死に至ることもあります。

1-4.虫歯の治療方法

虫歯が疑われる場合、歯医者はレントゲンを撮って虫歯の位置や深さを確認します。その後、視診で虫歯の状態を確かめるのです。

虫歯の治療は、初期の頃ならば虫歯を歯の一部と共に削り取り、詰めものをします。虫歯が大きくなるほど削る部分が大きくなり、詰めものではなく銀歯などをかぶせるようになるのです。虫歯が歯髄にまで達している場合は、神経を取り除かなければなりません。

特に、神経が死んでいる場合は歯の中で神経が腐り、歯根嚢胞(しこんほうのう)という膿の袋が歯の付け根に溜まることがあります。こうなると、激しい痛みが出ることも珍しくありません。そのため、歯髄を抜いて丁寧に消毒し、虫歯の住処を完全になくすことが大切です。これを、根管治療といい、虫歯の進行度によっては完了までに時間がかかります。次の項で、根管治療について詳しくご紹介しましょう。

2.抜髄と根管治療について

この項では、歯の神経を抜く((抜髄の)方法)やメリット・デメリット・さらに根管治療についてご紹介します。どのような治療方法なのでしょうか?

2-1.抜髄とは?

抜髄とは、歯の神経である歯髄を抜く治療方法です。虫歯が進行すると体がミュータンス菌に抵抗しようと、血液量を増やします。すると、増えた血液が歯髄を圧迫して痛みが出るでしょう。また、さらに虫歯が進行すると歯髄が炎症を起こし、やがて死んでしまうのです。死んでしまった歯髄は歯の中で腐りますので、抜髄をする必要があります。

抜髄には、すべての神経を取り去ってしまう方法と、生きている神経を残す方法があり、歯の状態によって決められるのです。

2-2.抜髄のメリット・デメリット

抜髄をすると、虫歯の激しい痛みは消えます。しかし、歯髄を取ってしまうと歯が中空になり、割れやすくなるのです。また、歯が黒くなり、見た目が悪くなります。さらに、歯髄は歯の状態を痛みで教えてくれる大切な器官です。それを取ってしまえば虫歯や歯周病になっても気がつきにくく、気がついたら重症化していたということもあるでしょう。

2-3.抜髄の手順

抜髄をする場合は、まず周辺の虫歯をすべて取り除きます。これをやっておかないと、空洞になった歯髄部分にミュータンス菌が入り、炎症を起こすこともあるのです。

周辺の虫歯を取り除いたら、歯髄を取っていきます。歯髄は歯によって枝分かれをしている数が異なるので、歯ごとに治療時間が異なるのです。一番神経の枝分かれが複雑なのは大臼歯(奥歯)であり、場合によっては2~3回に分けて治療を行います。

抜髄が完了したら根の長さを測って消毒を行い、薬を詰めるのです。この薬は仮のものであり、後日しっかりとした薬に詰め替える必要があります。ここまで来れば痛みはほとんどありません。ただし、ここで治療を中断してしまうと、薬が取れて歯が無防備な状態になってしまいます。「歯の治療を中断したら悪化した」という場合は、ここで治療を中断した結果起こることが多いので、自己判断で治療を中断してはいけません。

2-4.根管治療とは?

根管治療とは、抜髄をした後で中空になった歯の内部を消毒し、ミュータンス菌が入りこまないように充填剤を積めて歯を密封する治療です。根管治療が発達する前は、中空になった歯の上に銀歯などをかぶせて蓋をしていました。しかし、これでは細菌感染を完全に防ぎきることができず、虫歯の再発や炎症、歯の根元に膿が溜まる歯根嚢胞(しこんほうのう)が発症しやすくなります。そのため、抜髄をおこなった後は、根管治療を行うと虫歯の再発だけでなく、歯の割れなども防ぐことができるのです。

根管治療の方法は、歯科医院によって異なります。マイクロスコープなどを用いて、歯科医が目視しながら治療をおこなっていくところもあるのです。

根管治療は、使う薬や充填剤によっては健康保険が適用されません。ですから、1本の歯を治療するのに数万円~数十万円の費用がかかります。高いと思われる方もいるかもしれませんが、抜糸をして義歯をいれるとそれ以上に費用がかかることも珍しくありません。抜髄後、少しでも長く自分の歯を残したい方は、根管治療を選択しましょう。

3.歯の定期検診のすすめ

歯科医院が大好き、という方はいないでしょう。虫歯になっても歯科医院に行くのが嫌でがまんをしている、という方もいると思います。しかし、前述したように虫歯は絶対に自然治癒しません。がまんしているほど痛みは強くなり、治療にお金や時間がかかります。虫歯を早期発見し、歯の健康を守るためには、ぜひ歯の定期検診を受けましょう。どの歯科医院でも、歯の検診はおこなってくれます。20代は1年に1度、30代~40代になったら半年に1度は検診を受けましょう。歯垢を取ってもらうだけでも、虫歯になりにくくなります。

4.歯の神経を抜く治療に関するよくある質問

Q.歯の神経を抜く治療は、どのくらいの時間がかかりますか?
A.歯の状態によって異なりますが、数か月かかることもあるでしょう。

Q.歯の神経を抜かないで、歯の内部の治療をすることは可能ですか?
A.虫歯がすすんでいれば不可能ですので、早めに治療を行いましょう。

Q.根管治療は必ず受けなければなりませんか?
A.必ずではありませんが、抜歯を防ぐには大変有効です。

Q.根管治療はどこの歯科医院でも受けられますか?
A.おこなっていない歯科医院もありますので、ホームページなどで確認してから受診しましょう。

Q.根管治療を希望していますが、歯科医院はどうやって選べばよいですか?
A.治療実績がたくさんある歯科医院や、口コミで評判のよい歯科医院を目安に選んでください。

おわりに

今回は、歯の神経を抜く治療方法や根管治療についてご紹介しました。根管治療は、虫歯を早期治療していればおこなわずにすみます。また、根管治療も完全ではありません。虫歯が疑われる場合は、できるだけ早く歯科医院で治療を受けましょう。初期の虫歯ならば、治療費も少なくてすみます。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供