歯がしみるのはなぜ? 考えられる原因や治療法を徹底解説!

歯がしみる原因にはどのようなものがあるでしょうか? 冷たいものを口にしたとき、歯をみがいたときなどにしみることには、何らかの原因があります。通常、歯がしみると虫歯を疑う人が多いでしょう。しかし、しみる原因は虫歯だけではありません。知覚過敏や歯周病なども考えられるため、原因に合った治療法が必要です。

この記事では、歯がしみるときに考えられる原因や治療法について詳しくご紹介します。

  1. どんなときに歯がしみるのか?
  2. 知覚過敏で歯がしみるとき
  3. 虫歯で歯がしみるとき
  4. 歯の治療後に歯がしみるとき
  5. 上記以外で歯がしみる原因
  6. 歯がしみるときの治療法について
  7. 歯がしみる原因に関するよくある質問

この記事を読むことで、歯がしみる原因として考えられるものやその治療法がわかるはずです。ぜひ参考にして早めに対処してください。

1.どんなときに歯がしみるのか?

歯がしみるときの具体的な症状や考えられる原因などをまとめてみました。

1-1.主な症状

「歯がしみる」と一言で言っても、症状はさまざまです。一般的に、歯がしみやすいのは以下のようなときでしょう。

  • 熱いものを口にしたとき
  • 冷たいものを口にしたとき
  • 冷たい風に当たったとき
  • 甘いものを口にしたとき
  • 歯をみがいているとき

また、しみる部位によって原因がわかる場合もあります。前歯や奥歯・歯茎など、どの部分がしみているのか意識して考えてみてください。

1-2.考えられる原因

歯がしみるとき、考えられる原因にはさまざまなものがあります。虫歯はもちろんのこと、知覚過敏や歯科治療後の刺激が原因になっていることもあるのです。ホワイトニングなどで象牙質に刺激が加わるとしみるようになります。

また、矯正治療後、一時的に噛(か)み合わせが悪くなることで歯に負担がかかり、強くしみるようになることも考えられるでしょう。それぞれ原因によってしみる状況や部位が変わってくるため、まずは原因を突き止める必要があります。

1-3.放置するとどうなるのか?

歯がしみる状態を放置しておくと、次第に強い痛みが出てきます。その状態になってから治療を開始しようとしても、治療法の選択肢が狭くなるだけです。最悪の場合、抜歯する以外に治療法がなくなることもあるため、早めの治療を見当しましょう。しみる原因が歯周病だった場合は、歯を失うリスクも高くなります。

2.知覚過敏で歯がしみるとき

知覚過敏が原因で歯がしみる場合、症状や対処法にはどのようなものがあるかご紹介します。

2-1.知覚過敏の症状は?

知覚過敏の症状として最も多いのが「歯がしみる」というものです。冷たいものや熱いものを口にしたときなど、一時的に歯がしみます。虫歯と違って痛みが続くようなことはなく、10秒以内で治まるのが特徴です。普段はしみたり痛んだりすることはなくても、熱いものや冷たいものを飲食すると歯がしみる場合は、知覚過敏の可能性が高いでしょう。

2-2.しみる場所

知覚過敏の症状は、左右の前から3・4・5番目の歯に起こりやすいのが特徴です。虫歯と見わける際のポイントにしてください。また、親しらずも危険です。歯ブラシが十分に届かず、うまく歯みがきができないことが原因で知覚過敏を起こしてしまうことが多くなっています。

2-3.痛みの具体的な症状

知覚過敏の痛みを具体的にまとめると以下のようになります。

  • 冷たいものや熱いものを口にすると痛い
  • 歯ブラシが当たると痛い
  • 甘いものや酸っぱいものを口にすると痛い
  • 冷たい風が当たると歯が痛い

知覚過敏の痛みは常に一定で、虫歯のように時間と共に痛みが強くなることはありません。そして、短時間で治まるのが特徴です。

2-4.しみる以外の症状は?

知覚過敏は「しみる」「痛む」のほかに、歯茎が下がってくるのも特徴の一つです。鏡を見て「歯茎が下がってきている気がする」と思うときは要注意でしょう。歯茎が下がり、根元が露出してしまうと、象牙質がむき出しになってしまいます。そして、外部からの刺激が神経に伝わり、痛みとして感じるのです。「歯が長くなった」「歯茎が痩せた」と感じるときは、知覚過敏を疑いましょう。

2-5.原因

歯の内部はエナメル質の表面によって守られています。さまざまな要因によってエナメル質が削られ、神経のある象牙質がむき出しになることでしみるようになるのです。エナメル質が削られる原因としては、以下のようなものが考えられます。

  • 間違った歯みがき
  • 酸が含まれる食品の摂取(炭酸飲料やアルコール類・かんきつ系の果物など)
  • 歯ぎしり
  • 噛(か)み合わせの悪さ
  • 虫歯や歯周病
  • ホワイトニングや歯石除去
  • 加齢

2-6.治療と対処法

軽症の場合は、歯ブラシの圧を弱くする・知覚過敏用の歯みがき粉を使う・歯を食いしばるのをやめるなどの対処で症状を抑えることができます。しかし、こういった方法で改善されない場合は、歯医者での治療が必要になるでしょう。知覚過敏の治療法にはいくつか方法があります。

  • しみる部分にコーティング剤を塗る
  • 削れている歯の根元部分にプラスチックを詰める
  • 歯ぎしりが激しい場合は、マウスピースを装着して歯を保護する
  • 症状が強い場合は歯の神経を抜く
  • 歯周病が原因の場合は歯周病治療をする
  • 下がった歯茎を再生するために、移植して歯の根元を歯茎で覆う

症状の程度によって必要な治療法は変わってきます。適切な治療を受けるために、早めに歯医者を受診しましょう。

3.虫歯で歯がしみるとき

歯がしみる原因が虫歯にある場合は、どのような病気が考えられるでしょうか。

3-1.痛みの具体的な症状

虫歯の痛みは重症度によって異なります。軽度の場合は甘いものや冷たいものがしみる程度ですが、神経まで到達すると常に強い痛みを感じるようになるでしょう。さらに悪化すると神経が死んでしまい、痛みはなくなります。ここまでいくと歯を抜く必要が出てくる場合もあるのです。

3-2.しみる場所

虫歯は知覚過敏と違い、発生する場所には個人差があります。特に、歯みがきが行き届かない奥歯や、前歯の裏側から虫歯になってしまうことが多いでしょう。また、親しらずは斜めに生えてくるケースが多いため、歯みがきがしにくく、虫歯になりやすいのが特徴です。親しらずがしみるようになったら、抜歯を検討することになるでしょう。

3-3.しみる以外の症状は?

虫歯は知覚過敏の症状と非常に似ています。しかし、一時的な痛みがある知覚過敏と違い、虫歯の場合は慢性的・持続的に痛みを感じるのが特徴です。また、たたくと響くように痛みを感じる場合も、虫歯の可能性が高いでしょう。

3-4.考えられる病気

虫歯を治療せず放置していると、さまざま病気を引き起こす可能性があることをご存じでしたか? 虫歯菌が神経の中に入り込み、副鼻腔(びくう)炎や骨髄炎などの病気を引き起こしてしまうことが考えられます。最悪の場合、虫歯菌が血管の中に入り込み、脳梗塞や脳腫瘍・顔面神経麻痺(まひ)など重大な病気の原因になることもあるのです。

3-5.原因

歯の表面にある膜に感染した虫歯菌は、糖を取り込んで酸を出します。この酸が歯を溶かすことで虫歯になるというしくみです。虫歯菌に感染する原因としては、以下のようなものがあります。

  • 間違った歯みがきにより、歯垢(しこう)が残ってしまう
  • 酸を作り出しやすいものの摂取(甘いものやワイン・果物など)
  • 唾液の量が少なく、酸を中和できない
  • 詰めもののすき間から虫歯菌が侵入する

3-6.治療と対処法

ごく初期の虫歯であれば、自分でフッ素を塗布したりデンタルフロスを使ったりすることで治すことも可能です。しかし、冷たいものがしみるようになった場合は、歯医者での治療が必要になります。治療法は虫歯の進行度によって変わってくるため、早めに受診しましょう。

  • エナメル質や象牙質の虫歯の場合、虫歯の部分を取り除いて詰めものをする
  • 神経まで侵食した虫歯の場合、神経を取り除いて歯根を掃除し、詰めものをする
  • 歯の根まで侵食した虫歯の場合、入れ歯やブリッジ・抜歯などの方法で治療する

4.歯の治療後に歯がしみるとき

歯の治療後にしみる場合の症状や原因をまとめてみました。

4-1.しみる場所

虫歯の治療後に歯がしみたり痛みを感じたりすることもあります。前歯にも奥歯にも起こり得る現象です。治療した歯が一時的にしみる程度であれば問題ないでしょう。継続的に症状がある場合は、歯医者に相談してください。

4-2.痛みの具体的な症状

歯の治療後に起こる痛みは、具体的に以下のような症状です。

  • 冷たいものや熱いものがしみる
  • 噛(か)むと歯が痛む
  • 常にズキズキとして痛みがある

4-3.しみる以外の症状は?

冷たいものや熱いものがしみるだけでなく、常に痛みがある場合は注意が必要です。治療後2~3日経過しても症状が改善されないようなら、再び歯医者で治療しなければなりません。特に、神経を取った後、継続的な痛みがある場合は、根管治療のやり直しが必要になるでしょう。

4-4.考えられる病気

治療後に歯がしみる場合、考えられる病気には知覚過敏があります。詰めものをした歯が歯周病の進行によって根元が下がり、しみるようになってしまうのです。そのほかにも、治療の際に神経が細菌感染した可能性も考えられます。進行した虫歯を治療する際に、このようなことが起こりやすくなるのです。

4-5.原因

歯の治療後に、歯がしみたり痛んだりする原因には、以下のようなものがあります。

  • 治療後は神経が炎症を起こして過敏になっている
  • 虫歯の削り残しがある
  • 神経を取り除ききれていない
  • 詰めものがなじんでいない

5.上記以外で歯がしみる原因

上記以外で歯がしみる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。対処法や治療法も合わせてご紹介します。

5-1.歯ぎしり

歯ぎしりが原因で歯がしみるようになることもあります。歯ぎしりは寝ている間にするため、自分の意識でコントロールできないものです。歯ぎしりによって歯のエナメル質と象牙質に強い力が加わると、歯が削れてしまいます。

その結果、知覚過敏を起こしてしまい、歯がしみるようになるのです。歯ぎしりの原因には噛(か)み合わせの悪さやストレスなどがあるため、原因を突き止めて改善する努力が必要でしょう。歯ぎしりに対しては、マウスピースを装着することによって歯にかかる負担を軽減する治療法が一般的です。

5-2.神経の露出

前歯をぶつけるなどの外傷や加齢による歯肉の退縮などが原因で神経が露出してしまうと、歯がしみるようになります。外的刺激が神経に伝達されやすくなり、知覚過敏の症状が現れてしまうのです。また、打撲などによって歯が折れてしまった場合や、歯のすり減りによる象牙質の露出が原因で歯がしみることもあります。露出部分を被覆したり神経を取り除いたりする治療が必要になるため、早めに歯医者を受診しましょう。

5-3.進行した歯周病

歯周病とは、歯の周りにある骨が溶けていく病気です。進行すると歯茎が下がってくるため、歯がしみるようになります。歯周病の悪化を防ぐためには、正しい歯みがきや歯医者での定期的な歯石除去などが必要です。普段からしっかりとセルフケアをすると同時に、早めの受診を心がけましょう。歯周組織の再生治療が適応する場合は、治療が行われます。普段から定期的に歯石除去をするなど、歯周病が悪化しないようにセルフケアを行い、知覚過敏用の薬を塗るなどの処置も必要です。

5-4.そのほかの原因

そのほかに歯がしみる原因として考えられるものには、以下のようなものがあります。

  • くさび状欠損:歯と歯肉の境目が大きくくぼみ、付け根付近が削れてくること
  • 歯の破折:外傷が食いしばりなどにより歯が割れたり欠けたりすること
  • ホワイトニングの副作用:ホワイトニングに使用する薬剤には歯がしみるという副作用がある

6.歯がしみるときの治療法について

歯がしみるときの歯医者での治療法についてご紹介します。

6-1.病院に行った方がよい場合

以下のような症状があるときは、早めに歯医者を受診しましょう。

  • 冷たいものや熱いものがしみる状態が長く続いている
  • しみるだけでなく痛みがある
  • 痛みが悪化してきた
  • 歯茎が下がってきたように感じる

6-2.検査方法

「歯がしみる」という症状で受診した場合、まずはレントゲンで虫歯の確認を行います。虫歯がなければ、知覚過敏や歯の破折などを調べることになるでしょう。次に、歯の神経に電気を流してダメージのすすみ具合を確認し、歯周病の有無を確認するために歯周ポケットの深さをチェックします。

6-3.治療の流れ

まずは、歯がしみる原因を突き止めることが大切です。レントゲン撮影や口腔(こうくう)内の状態を確認し、原因と進行状況を確認します。現状を把握できたら、その原因に合った治療法が行われるという流れです。

6-4.最新の治療法

最近の虫歯治療では、極力歯や神経を残す治療法が行われています。「吉松歯科医院」では、マイクロスコープを用いた拡大視野での治療を行い、レーザーを利用した虫歯探知機などを使用するのが特徴です。こういった方法によって、歯や神経を取らずに治療することを可能にしています。

6-5.歯医者選びのポイント

歯医者選びのポイントは以下のとおりです。ぜひ参考にしてください。

  • スタッフの対応は丁寧であるか
  • 治療に関する十分な説明を行っているか
  • 予防歯科にも力を入れているか
  • 院内が清潔であるか
  • マイクロコープによる治療を取り入れているか

7.歯がしみる原因に関するよくある質問

「歯がしみる原因を知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめてみました。

Q.知覚過敏は自宅で治すことも可能ですか?
A.症状が軽度であれば、知覚過敏用の歯みがき粉を使用することで症状が改善される場合もあります。ただし、使用をやめれば再び症状が現れる可能性が高いため、できるだけ早めに受診することが望ましいでしょう。

Q.歯が痛んだりしみたりするときの応急処置にはどのようなものがありますか?
A.歯医者受診までの応急処置としては、市販の鎮痛剤で症状を抑えるか、患部を冷やすなどの方法があります。できるだけ硬いものや刺激物を食べないようにしてください。

Q.知覚過敏を予防するための正しい歯みがき方法は?
A.やわらかめの歯ブラシを使って軽い力でブラッシングしてください。特に歯垢(しこう)がたまりやすい場所に注意することが大切です。知覚過敏用の歯みがき粉を使うと、エナメル質を保護してくれます。

Q.歯周病の治療を行った後、歯がしみるようになりました。どうすればよいですか?
A.歯周病を治療する際に歯石の除去を行いますが、そのとき一時的に知覚過敏がひどくなり、しみることがあります。一時的なもので、時間がたつと症状はなくなるでしょう。

Q.銀歯を入れた後しみるようになるのはなぜですか?
A.銀歯は熱の伝わりが早いため、以前よりしみやすくなるのです。また、治療後すぐは神経も敏感になっているため、1週間ほどたてばしみる感覚は落ち着いてきます。

まとめ

歯がしみる原因や考えられる病気、治療法などをまとめてご紹介しました。歯がしみる状態がいつまでも続くのはつらいことです。すぐに治療が必要な場合もあるため、できるだけ早く歯医者を受診するべきでしょう。ぜひこの記事を参考にして、歯がしみる原因を考え、信頼のおける歯医者を見つけてください。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供