歯茎から出血したら早めに歯科へ!成人の80%が歯を失う予備軍

「歯茎から出血した」「最近歯にものが詰まりやすい」「口臭がひどい」などという口内のトラブルに悩まされてはいませんか? あって当たり前と思いがちの「歯」は、日々のお手入れしだいで失う可能性があります。
さて、歯を「1本」失うだけでどんな影響があるのでしょうか?
事態は思った以上に深刻です。かみ合わせが悪くなり、ほかの歯にまで影響が及びます。「歯槽膿漏(しそうのうろう)」になってしまうと食事も楽しめないことでしょう。
そこで、「歯茎の出血」についてその原因も合わせて記事にまとめてみました。「以前、歯茎から出血したけどもう治った」という方も記事を読んでいただきたい対象です。ぜひお付き合いください。

  1. 歯茎から出血する原因は?
  2. 歯茎の出血と歯周病
  3. 歯茎から出血したらどうする?
  4. 歯茎の出血を治療する!
  5. 歯茎の出血は放置厳禁! 歯科医院の選び方
  6. 歯茎の出血に関するよくある質問
  7. まとめ

「うっかり歯を磨き忘れた」という日々の積み重ねが、歯の寿命を削っていきます。この記事で要点を押さえ、徹底的に原因を追及しましょう。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供