顎関節症に悩む人必見!原因や治療法を知って不快な症状とサヨナラ!

「顎の痛みに悩んでいる」「この症状は顎関節症だろうか」このようなことでお困りではありませんか? 顎関節症は、今や2人に1人が発症すると言われているほどメジャーな病気です。あなたが顎の不快な症状にお悩みなら、早めに診断を受けて適切な治療を受けるべきでしょう。

この記事では、顎関節症の症状や種類・治療法などをまとめて解説しています。

  1. 顎関節症とはどんな病気?
  2. こんなにある!顎関節症のさまざまな症状
  3. 顎関節症を種類別に紹介!
  4. 顎関節症はなぜ起こる?原因を徹底検証!
  5. 顎関節症を治療するには?
  6. 顎関節症を予防する!セルフチェック法は?
  7. 顎関節症に関するよくある質問

この記事を読むことで、自分の症状が顎関節症によるものであるかわかるはずですよ。「顎が痛い」「違和感がある」という症状について、治し方や病気との向き合い方について調べていきましょう。

1.顎関節症とはどんな病気?

まずは、顎関節症という病気について解説します。原因やメカニズム・なりやすい人の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

1-1.顎周辺の異常によるもの

顎関節症とは、顎の関節周辺に何らかの異常が起こることで発症します。日本人は2人に1人が顎の異常を感じていると言われており、軽度なものから重度なものまですべてまとめて顎関節症と呼ぶのです。顎関節症の原因にはさまざまなものがあり、症状にも個人差があります。

1-2.主な症状は「顎の痛み」

顎関節症の症状は、主に顎の痛みです。口を開けたり閉じたりしたときや食べものをかんだときなど、顎を動かすと痛みが生じます。そのほかにも、以下のような症状が現れることが多いでしょう。

  • 口の開きにくさを感じる。
  • 顎を動かすと「カクカク」という音が鳴る。
  • 口を完全に閉じることができなくなる。

1-3.関節円盤のずれが原因?

顎関節症の多くは、顎関節の中にある「関節円板」がずれることに原因があります。この軟骨にずれが生じることで、口を開け閉めするたびに下顎の骨がひっかかり、痛みや音を引き起こすのです。顎関節症を招く要因は数多くあり、かみ合わせの悪さや歯ぎしり・ストレスなどもその一つとされています。

1-4.放置は日常生活に大きな影響を及ぼすことに!

軽度であれば顎関節症を放置しても問題ないと思っている人は多いでしょう。しかし、顎関節症は放っておくと危険です。やがて口を開けることも難しくなり、食事をしたり会話をしたりすることも難しくなります。また、ちょっとしたはずみで顎が外れるようになったり、顎の骨が変形したりするケースもあるのです。このような状態になると簡単に治療することができなくなるため、できるだけ早期のうちに適切な処置をしておくことをおすすめします。

1-5.顎関節症になりやすいのはこんな人!

顎関節症は、若い世代に増えている病気です。特に以下のような人はなりやすいため、普段から注意が必要でしょう。

  • ストレスをためやすい人。
  • 歯ぎしりをよくする人。
  • 歯並びやかみ合わせが悪い人。
  • 猫背の人。
  • 頬づえをつくクセがある人。
  • 口呼吸の習慣がある人。

2.こんなにある!顎関節症のさまざまな症状

顎関節症の症状を具体的に解説します。顎関節症は慢性化しやすいのが特徴です。気になる症状がないか早めにチェックしてください。

2-1.顎が痛む

顎を動かすと顎関節以外にも頬やこめかみなどに痛みを感じる場合は、顎関節症である可能性が高いでしょう。ただし、顎を動かしていなくても痛みがある場合は、ほかの病気を疑う必要性もあります。

2-2.口を大きく開けることができない

動かすと痛みを感じるため、口を大きく開けないように意識している人も多いでしょう。そうでなくても、顎関節が異常を起こしていることが原因で口を開けることができないケースもあります。口の中に指を入れてみて、縦に指3本分入らないようであれば要注意です。

2-3.関節雑音がする

顎を動かしたときに「カクカク」と鳴る音のことを「関節雑音」と言います。痛みや口の開けにくさといった症状はなく、音だけが鳴る場合は、治療しなくても治る可能性が高いでしょう。

2-4.かみ合わせに違和感がある

顎関節症になると、急に「かみ合わせがおかしい」と感じることがあります。その理由は、顎の動きが変化することによってかみ合わせが悪くなるため。今までと違ってかみ合わせがおかしいと感じたときは要注意です。

2-5.口をしっかりと閉じることができない

顎関節内に異常が起こると、上下の歯と歯との間にすき間ができてしまいます。そのため、口を完全に閉じることができなくなる場合もあるでしょう。

2-6.全身症状として現れる場合もある

顎関節症の症状はさまざまですが、顎だけでなく全身症状として現れるケースも珍しくありません。たとえば、頭痛や背中の痛み・腰痛・難聴・歯の痛み・味覚の異常・呼吸困難といった症状があるでしょう。

2-7.顎関節症じゃない可能性も?ほかに考えられる病気

顎関節症と同じような症状の病気はほかにもあります。たとえば、発作性神経痛や慢性関節リウマチなどは顔に痛みが生じる病気です。また、親知らずによる炎症や顎関節の骨折などが原因で口が開けにくくなることもあるでしょう。

3.顎関節症を種類別に紹介!

顎関節症には、その要因によって4つの種類があります。それぞれの特徴を解説しましょう。

3-1.筋肉の障害によって起こる「Ⅰ型」

このタイプの場合、筋肉が緊張して硬くなることによって血液の流れが悪くなり、痛みが生じます。頬やこめかみに痛みがあり、痛む部分にコリコリとしたしこりができるのが特徴です。

3-2.関節包・じん帯の障害によって起こる「Ⅱ型」

関節包や人体に力が加わることで、炎症を起こして痛みが生じます。顎を動かすと痛みが生じるのが特徴です。

3-3.関節円板の障害によって起こる「Ⅲ型」

顎関節内にある関節円板の障害が原因で起こる顎関節症です。関節円板そのものが変形している場合もあります。このタイプの場合は関節雑音や開口障害が多く、痛みは感じにくいのが特徴です。

3-4.変形性関節症によって起こる「Ⅳ型」

顎関節に強い負荷がかかることにより、変形してくることが原因です。口を開け閉めする際に特有の音が鳴り、痛みが伴う場合もあります。

4.顎関節症はなぜ起こる?原因を徹底検証!

顎関節症を引き起こす原因にはさまざまなものがあります。考えうる原因の一つ一つを具体的に見ていきましょう。

4-1.ストレス

ストレスは顎関節症と密接な関係にあります。その理由は、ストレスがたまると精神的に緊張状態が続き、無意識のうちに歯を食いしばることが多くなるためです。また、ストレスは歯ぎしりを引き起こします。顎に過剰な負担がかかると、顎周辺の組織に異常が起こり、顎関節症を発症しやすくなるのです。

4-2.かみ合わせ

抜歯や歯列矯正・詰めもの・歯を削るなどの治療により、かみ合わせが悪くなることはよくあります。このことが原因で顎関節症になってしまう人も多いのです。ものをかんだときに安定しないため、顎の関節に大きな負担がかかってしまます。もちろん、生まれつき歯の変形があるなどが原因でかみ合わせが悪くなる場合もあるでしょう。

4-3.歯ぎしり

夜寝ている間に歯ぎしりをする人は、顎関節症になりやすいと言われています。過度な歯ぎしりは、無意識のうちに顎に大きな負担を与えてしまうのです。歯ぎしりはほかにも歯周病を引き起こす原因にもなるため、早めに治療法や予防法を知る必要があるでしょう。

4-4.日常生活の中にも顎関節症の原因が隠れている!

顎関節症の原因は上記以外にもあります。私たちが普段送っている日常生活の中にも、顎関節症を引き起こす原因がいくつも隠れているのです。たとえば、以下のようなものがあります。

  • 左右どちらか片方で食べものをかむクセがある。
  • うつ伏せ寝をする。
  • 頬づえをつくクセがある。

4-5.硬いものを食べることも原因の一つ

普段から硬いものを好んで食べるという人は、顎関節症になる可能性が高いと言えます。硬い食べものばかり食べていると、顎が疲れて痛みを感じることがあるでしょう。顎に大きな負担を与えている証拠です。顎関節症になりやすい人は、できるだけ硬いものを避けることをおすすめします。

5.顎関節症を治療するには?

では、顎関節症の治療方法についてご紹介しましょう。病院は何科を受診するべきなのか、治療法や注意点にはどのようなものがあるのかまとめてみました。

5-1.受診すべきなのは歯科?整形外科?

顎関節症が疑われる場合、何科を受診すべきなのか迷う人も多いでしょう。一般的には、顎関節症の治療は歯科や口腔(こうくう)外科で受けることができます。もし歯科や口腔(こうくう)外科で原因がわからない場合は、整形外科や神経内科などで治療を受けてみることもおすすめです。また、全身のバランスを整えることで顎関節症を治すことができる場合もあるため、整体を受診する人も多くなっています。

5-2.検査や診断はどう行う?

もちろん、顎関節症の程度や症状によって検査方法は異なります。一般的にはまず問診を受け、いつから症状があるのか・どのようなときに痛みが出るのかなどを聞かれることになるでしょう。次に、顎関節の動きを確かめるために触診が行われます。さらに、開口量の測定や筋電図検査・顎運動検査などが行われ、顎関節症であると診断されることになるでしょう。

5-3.主な治療方法

顎関節症の主な治療方法には、運動療法や矯正治療などがあります。運動療法とは、開口訓練などのリハビリテーションのこと。症状の程度によってはこの治療法が大変効果的です。また、かみ合わせが原因で顎関節症を起こしている場合は、矯正治療によってかみ合わせの乱れを治すことになります。この治療法で完全に治るわけではありませんが、症状の軽減につながるでしょう。

5-4.顎関節症の治療にマウスピースを使用する場合も

顎関節症の治療方法として、マウスピースを使用する場合もあります。この場合、普段無意識に行っている歯ぎしりや食いしばりを抑えることができるのです。顎周辺にかかる負担を大きく軽減することになり、顎関節症による不快な症状を解消できるでしょう。ただし、マウスピースは症状に合ったものを使用する必要があるため、信頼できる歯科医の診断を受けることをおすすめします。

5-5.手術を行うこともある?

顎関節症の治療を続けても効果が現れない場合は、手術を行うこともあります。手術方法は「関節開放手術」と「関節視下手術」の2種類があり、どちらも全身麻酔が必要になるため、回復までに半年近くかかる場合もあるでしょう。ただし、顎関節症の治療で手術を行うケースは、非常にまれです。

5-6.治療の際の注意点

顎関節症の治療には、保険が適用される場合と適用されない場合があります。費用は病院によっても異なるため、あらかじめ調べておくようにしましょう。また、信頼のおける病院にかかることが何よりも大切です。病院選びは慎重に行い、自分に合ったところを見つけることをおすすめします。

6.顎関節症を予防する!セルフチェック方法は?

普段から顎関節症を予防するための方法を知っておくことをおすすめします。また、セルフチェック方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

6-1.顎関節症をセルフチェックしよう!

自分の症状が顎関節症であるか、セルフチェックすることが可能です。以下の項目に当てはまるものがあるかチェックしてみてください。

  • 顎に痛みがある。
  • 口が開きにくいと感じる。
  • 顎を動かすとカクカクと音がする。
  • 口を大きく開けたとき、縦にした指3本が入らない。
  • 口を開け閉めしたとき、顎に痛みはある。
  • 口をまっすぐ開けることができない。
  • 硬いものを食べると顎に痛みがある。
  • こめかみや頬に痛みを感じる。

一つでも当てはまるものがあれば顎関節症が疑われます。早めに病院を受診するようにしましょう。

6-2.顎関節症を予防するポイント

顎関節症は再発しやすいため、普段から予防のために気をつけておく必要があります。特に、ストレスは顎関節症を引き起こす原因として大きなものです。普段からストレスをためやすい人は、自分なりの解消法を見つけてください。趣味や軽い運動など、無理なく続けられるものがおすすめです。また、かみ合わせが悪い人は、まずは歯科医に相談しましょう。

6-3.顎関節症を治すための生活習慣とNG行為

顎関節症は、生活習慣とも大きく関係しています。顎関節症にとってNG行為となることは避け、以下のようなことに注意してください。

  • 頬づえをつくクセを治す。
  • うつ伏せ寝をやめる。
  • 意識して食いしばりを治す。
  • 片側だけでかむクセを治す。
  • 歯ぎしりを治す。

7.顎関節症に関するよくある質問

顎関節症の症状に悩んでいる人が感じるであろう疑問とその回答をまとめてみました。

Q.顎関節症になってしまった場合の応急処置にはどのようなものがありますか?
A.人指し指と中指で関節部を押さえ、円を描くようにマッサージしてください。口を少しずつ開けて関節を動かしてみましょう。痛みがない場合は、関節を温めることをおすすめします。

Q.子どもが顎関節症になることもあるのですか?
A.あります。子どもの顎関節症は、症状が出たり消えたりを繰り返すのが特徴です。「顎が痛い」「口を大きく開けることができない」などの症状が現れたら、すぐに受診してください。

Q.顎関節症がうつ病の原因になるというのは本当ですか?
A.顎関節がゆがむことで頭蓋骨にもゆがみが生じ、自律神経失調症やうつ病になりやすいと言われています。特に、生活の乱れがこのような疾患をより招きやすくするため注意が必要です。

Q.顎関節症は放っておいても自然に治ることがありますか?
A. 自然治癒することもあります。しかし、症状によっては放置することで悪化し、治療が困難になる場合もあるということを覚えておきましょう。また、しっかり治すことで再発を防ぐことにもつながります。

Q.顎関節症の治療に使用する薬にはどのようなものがありますか?
A.痛みが強い場合は、炎症を鎮めるための薬や筋肉をほぐすための筋弛緩剤(きんしかんざい)を用いることがあります。また、歯ぎしりを抑えるための入眠剤などが処方されることもあるでしょう。

まとめ

顎関節症の症状や原因・治療の方法などをまとめて解説しました。顎関節症は、重症化すると日常生活にも大きな支障をきたすことになる病気です。自分が顎関節症になった原因を知り、普段から対処法や予防法について把握しておくことは大切でしょう。ぜひこの記事を参考にして、顎の不快な症状から解放されてください。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供