虫歯の痛みは我慢せずに治療しよう! 知って得する虫歯の基礎知識!

いつの間にかできてしまった虫歯……痛みを我慢して放っておくと大変になるかもしれないのをご存じですか?

虫歯になると口臭や歯痛によって日常生活に支障をきたすようになります。しかし、それだけではありません。治療せずに放置していると外科的な『手術』が必要となったり、最悪の場合『死』に至ったりすることもあります。そう、実はとても恐ろしい病気なのです。ですから、虫歯になったときには適切に行動しなければいけません。

そこで今回は、虫歯にまつわる基本的な知識をご紹介します。虫歯の人も、そうでない人も、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

  1. 虫歯の基礎知識
  2. 虫歯による歯の痛みと対策法
  3. 虫歯以外でも起こる痛みの原因は?
  4. 虫歯などで痛むときの応急処置・対処法
  5. 虫歯の放置で後悔しないための受診目安
  6. 虫歯にまつわる質問

これらの記事を読むことで、虫歯にまつわる基本的な情報を得ることができます。

1.虫歯の基礎知識

1-1.虫歯とは?

虫歯とは『虫歯菌(ミュータンス菌)』によって歯が溶かされてしまっている状態のことを指します。虫歯の特徴はズキズキとした鋭い痛みです。また、症状がひどい場合、頰が赤く腫れたり、熱が出たりすることもあります。

1-2.虫歯の怖さ

虫歯の怖さは『自然に治らない』という点です。正確にいうと、CO(シーオー)とよばれる最初期の虫歯の場合、適切な歯磨きやデンタルケアを行うことで治すこともできます。しかし、COの段階で虫歯に気がつくことはまれです。多くの場合、気づいたころには手遅れ。COの段階を超えてしまっており、自然治癒することは難しい状態になってしまっています。

1-3.虫歯による主な症状

虫歯による最も代表的な被害は、歯が溶けて痛むというものです。そして、痛む状態で放置すると、どんどんと歯は溶け、やがて歯の神経に到達します。神経に到達すると、さらに痛みがひどくなり、日常生活に支障をきたすようになるでしょう。

激痛が現れた状態でもさらに放置すると、やがては痛みを感じなくなります。人によっては『治った』と勘違いしてしまう人もいますが、実は大きな間違いです。むしろ、危険なサインとなります。なぜかというと、神経が痛みを感じることができない……つまり、神経が完全に死んでしまったということの証明だからです。

痛みを感じない状態で、治ったと勘違いしてさらに放置すると、やがて虫歯菌が歯を通り過ぎて顎の骨を侵食するようになります。いわゆる『顎骨骨髄炎(がくこつこつずいえん)』というものです。『顎骨骨髄炎(がくこつこつずいえん)』を発症すると、また痛みを感じるようになります。

そして、『顎骨骨髄炎(がくこつこつずいえん)』まで重症化すると、もはや歯医者での治療はできません。大学病院などで外科手術を行う必要が出てきます。

さらに放置を続けると、ついに命の危険が出てくるでしょう。虫歯菌が血液中に流れ始め、脳や心臓へ到達するようになります。すると、血管が詰まって『脳梗塞(のうこうそく)』や『心筋梗塞(しんきんこうそく)』を発症してしまうのです。

1-4.どんな人がなりやすいの?

1-4-1.歯磨きをあまりしない人

真っ先に挙げられる共通点として、歯磨きをあまりしないというものがあります。虫歯の栄養となる食べかすが口の中になければ、理論上は虫歯にはなりません。ですから、頻繁に歯磨きをしていれば、それだけ虫歯のリスクは下がります。

逆説的に、歯磨きの頻度が少なければ、虫歯のリスクは高まるでしょう。

1-4-2.歯磨きの時間が少ない人

たとえ歯磨きを高い頻度で行っていても、磨いている時間が短ければ虫歯になるリスクは高まります。なぜかというと、短い時間では歯垢(しこう)の取り残しが多くなってしまうためです。

たとえば、1日3回、1分ずつの歯磨きをするよりも、朝夜の1日2回の歯磨きを3分ずつやった方が虫歯対策にはよいでしょう。

もちろん、朝昼夜、しっかりと長い時間をかけて行うのが理想です。できれば、1回の歯磨きに10分ほどはかけるとよいでしょう。

1-4-3.歯並びが悪い人

歯並びが悪い人も虫歯になりやすいとされています。

なぜかというと歯の隙間に食べかすがたまりやすいこと。そして、歯磨きの際にブラシの当たりづらい場所が多いというのがその理由です。場合によっては、完全に歯ブラシの届かない場所ができてしまうことでしょう。

こうなると、普通の歯磨きでは不十分です。デンタルフロスや歯間ブラシなどを使ったケアが必要となります。より丁寧な歯磨きが求められるので、歯並びがキレイな方と同じように歯を磨いていては虫歯になるでしょう。

1-4-4.かみ合わせが悪い人

かみ合わせが悪い人も虫歯のリスクは高いでしょう。なぜかというと、かみ合わせが悪い人は特定の歯ばかりを使ってしまうことが多いからです。同じ歯ばかりを使っていると、負担がかかって割れたり、食べかすが多く付いたりするようになります。これが、虫歯の原因となるのです。

1-4-5.歯ぎしり癖のある人

歯ぎしり、特に寝ている間の歯ぎしりは、非常に強い力が込められています。意識的にやろうとしてもできないほどのすさまじい力です。そのため、日常的に歯ぎしりが行われていると、歯に負担がかかり、ヒビが入ったり割れたりします。すると、食べかすがたまりやすくなり、結果として虫歯を引き起こす原因となるでしょう。

また、歯の表面を保護しているエナメル質の下、象牙質は非常にデリケートです。象牙質に虫歯菌が入り込むと虫歯が重症化しやすくなります。

1-4-6.偏食の人

たとえば、甘いものが好きで間食にいつも食べている。あるいは、お酒が好きで、さきいかやナッツなど、歯に挟まりやすいおつまみを食べているような人は要注意です。また、キャラメルなどのように粘度が高いものも、歯の間に挟まって取れにくいので、虫歯になりやすいでしょう。

1-4-7.唾液の量が少ない人

あまり知られていませんが、唾液には殺菌作用と歯の修復作用があります。そのため、唾液が少なく、口の中が乾燥していると菌が繁殖しやすくなるのです。また、唾液の修復作用が弱いので、軽い虫歯でも重症化してしまうことがあります。

対策法としては、できるだけ水分を取ることが1番です。特に、暑い夏の時期には水分不足になりがちなので、注意してください。

また、水分を取っても唾液が出にくいという方は口のストレッチをすることで唾液を出しやすくすることも可能です。方法は至って簡単。歯の前側を舌でなぞるようにしてぐるぐると回すだけです。20回を1セットとして3セットほど行うとよいでしょう。試してみてください。

2.虫歯による歯の痛みと治療法

虫歯は進行度によってCO~C4までの5段階に分けられており、数字が大きいほどに重症となります。このことを頭の片隅でも置いておいてください。

この項目では、それぞれの進行度における症状と治療法についてご紹介します。

2-1.初期虫歯の痛みは?

CO~C1の虫歯を初期虫歯と呼んでいます。

COは歯の表面が少し溶け出した状態です。基本的に痛みなどの明確な自覚症状はありません。ただし、歯の表面が白っぽくなりますので、見れば判断することも可能です。COの段階なら、適切なブラッシングを行えば治すこともできます。歯科医院での治療は、歯の掃除とフッ素の塗布が主です。

C1になると痛みを感じるようになるでしょう。C1は歯の表面を保護しているエナメル質が溶けてしまっている状態です。痛みはチクリとする程度で、あまり強いものではないことがほとんどでしょう。

C1の虫歯になると自分で治すことはできません。歯科医院に行って治療する必要があります。治療としては、虫歯部分を削り、レジンなどの詰め物をする方法が一般的です。

2-2.虫歯中期の痛みは?

C2~C3の虫歯が中期虫歯となります。

C2の虫歯はエナメル質の下にある象牙質という部分にまで虫歯が侵食した状態です。それほどの痛みはありません。ただし、甘いものや冷たいものを食べると、キーンと歯がしみるようになります。治療としては、C1と同じでレジンなどの詰め物をすることが主です。ただし、場合によっては削る際に痛みを伴うため、麻酔を行います。

C3は虫歯が象牙質の下の歯髄(しずい)にまで到達した状態です。歯髄(しずい)は歯の神経部分ですから、ここまでくると耐えがたい痛みを感じるようになります。何をしていても痛みを感じるため、不眠症やストレスに陥りやすくなるでしょう。また、C3まで虫歯が進行すると、発熱や頭痛、体の痛みなどを感じるようにもなります。治療としては、麻酔をして虫歯部分を削った後に根管治療を行い、クラウン(かぶせもの)を施すのが一般的です。

2-3.虫歯末期の痛みは?

C4になると、末期の虫歯と呼ばれるようになります。C4になるとこれまでとは打って変わって、痛みが和らいだり、痛みがなくなったりするでしょう。そのため、治ったと勘違いしてしまう人がいます。しかし、実際には神経が壊死(えし)して、神経が正常な働きができなくなっただけです。むしろ、危険なサインといえるでしょう。

また、歯根に膿(うみ)が発生するようになると、またひどく痛むようになります。しかも、膿(うみ)がひどい臭いを発するので、日常生活でも大きな被害を及ぼすでしょう。治療法としては、抜歯となるケースがほとんどです。抜歯後はインプラントか入れ歯を選択することになります。

また、C4の状態でも放置し続けると、やがて顎に到達して『顎骨骨髄炎(がくこつこつずいえん)』を発症し、外科手術が必要となるので絶対に放置してはいけません。

歯痛が突然止み、しばらくしてまた同じ歯が痛むようになったら、要注意です。虫歯が治って再発したのではありません。虫歯がひどくなっただけなのです。すぐに病院へ行きましょう。

3.虫歯以外でも起こる痛みの原因は?

実は、虫歯以外でも歯痛が発生することがあります。

3-1.歯周病

虫歯以外で多い歯痛の原因としては、歯周病が挙げられるでしょう。歯周病は、歯を支える歯肉(歯茎)という部分に起きる炎症状態の総称です。

歯周病は2種類に分けられます。すなわち、『歯肉炎』と『歯槽膿漏(しそうのうろう)』の2種類です。一般的には、初期の歯周病を歯肉炎と呼び、症状が進行した重症の歯周病を歯槽膿漏(しそうのうろう)と呼びます。

歯肉炎は歯が赤く腫れて軽い痛みを感じるだけです。しかし、歯槽膿漏(しそうのうろう)になると歯を支えている骨が溶けて、歯がぐらぐらとするようになります。場合によっては歯が抜け落ちてしまうこともあるでしょう。また、食べかすがたまりやすくなり、膿(うみ)も出るようになります。そのため、強い口臭を放つようになるでしょう。

歯周病は30代以降の方に多く見られます。30代以降の方は、特に注意するようにしましょう。

3-2.知覚過敏

歯の表面を保護しているエナメル質の下には象牙質と言う層があります。この象牙質が露出してしまっていることが原因で、食べ物がしみる現象が知覚過敏です。

歯を何かにぶつけて欠損したり、かみ合わせの問題で表面が削れたりすることが原因で発症します。

3-3.親知らず

10代後半~20代中盤くらいの年齢になると、親知らずという名前の奥歯が生えてきます。親知らずは生えてくるときに歯茎を突き破って出てくるため、そのときに痛みを感じるのです。そのため、歯痛というよりかは歯茎の痛みという感じでしょう。

また、親知らずが生えそろった20代以降の方でも、親知らずが原因で歯痛になることがあります。親知らずは歯肉に埋もれた状態になることが多い歯です。そのため、歯垢(しこう)がたまりやすく、歯周病を引き起こしやすくなります。すると、腫れた歯茎が埋もれた歯に突き刺さって、痛みを感じるのです。

親知らずは歯科医院で抜いてしまうか、丁寧な歯磨きでケアするようにしましょう。

3-4.妊娠

妊娠すると、胎児の骨を形成する過程でカルシウムが必要になります。このときに、妊婦の骨や歯からカルシウムを取ることがあるのです。すると、歯に痛みを感じることがあります。

4.虫歯などで痛むときの応急処置・対処法

4-1.痛みの対処法

4-1-1.鎮痛剤を使う

1番確実な方法としては、鎮痛剤を飲むことが挙げられるでしょう。ドラッグストアに行けば、歯痛や口内炎の鎮痛剤があるので購入してください。見つからない場合は、ロキソニンという言葉を目安にしましょう。口内炎や風邪薬、鎮痛剤として使われており、強い鎮痛効果があります。

4-1-2.正露丸を詰める

正露丸を使用することで応急処置する方法もあります。正露丸にはクレオソートという成分が含まれているからです。クレオソートには高い鎮痛効果と消毒効果があります。そのため、虫歯の痛みを和らげ、消毒して進行を遅らせることができるでしょう。

4-1-3.ツボを押す

特定のツボには鎮痛効果のあるものがあります。一般的には以下のようなツボが虫歯に効果があるでしょう。

  • 巨りょう(こりょう)……頰骨の真下に存在するツボです。指の腹で強めに押しましょう。
  • 地倉(ちそう)……口角付近のほうれい線上にあるツボです。指の腹で強めに押しましょう。
  • 翳風(えいふう)……耳たぶの付け根付近にあるツボ。指で優しく挟んでさすりましょう。
  • 合谷(ごうこく)……親指と人差し指の骨が交わる場所のツボ。指で挟むようにして押しましょう。
  • 太谿(たいけい)……アキレス腱(けん)から内側のくるぶしの間にあるツボです。指で挟んで押します。
  • 四白(しはく)……目の真下に1.5㎝の場所に存在するツボ。指の腹で優しく押しましょう。
  • 頰車(きょうしゃ)……顎のエラからやや頰寄りにあります。歯をかんで力を入れると、小さく筋肉が盛り上がりますので確かめてみましょう。強めに押し込みましょう。

4-1-4.歯痛に効果のある食べ物を取る

あまり知られていませんが、実は食べることで虫歯の痛みを和らげる効果のある食べ物があります。代表的な食材は以下のとおりです。

  • 大根
  • アロエ
  • ニンニク
  • タマネギ
  • ゴボウ
  • 緑茶
  • ほうれん草

上記の食材には殺菌作用や抗菌作用を持つ成分が含まれています。そのため、虫歯の症状を一時的ではありますが、和らげることが可能です。

特に、アロエは切り傷などにも効果があるほど、高い治療能力があります。ぜひ、試してみてくださいね。

4-2.注意点

最も注意が必要なのが妊婦による『薬』の使用でしょう。

妊娠初期(4週目~16週目)は胎児の脳や臓器など、重要器官が形成される時期です。この時期に薬を飲むと、胎児に害を与えてしまうでしょう。場合によっては奇形などの障害が起き、最悪は流産になってしまいます。

妊婦の方は必ず医師と相談し、許可が下りてから使うようにしましょう。1番安全なのは、薬を飲まないことです。

また、子どもの場合も薬は注意が必要でしょう。子どもは体が小さいことや、薬の耐性や慣れがないこともあり、予想外の効果が出てしまうこともあります。毎年、薬による子どもの事故は起きているので、できる限り医師の判断を元に使用するようにしましょう。

5.虫歯の放置で後悔しないための受診目安

5-1.歯が白や褐色に濁っている

この状態は初期の虫歯の可能性が高いでしょう。放置して進行する前に歯医者に行って治療してください。

5-2.痛みはないが歯が欠けたり割れている

痛みがないとしても、歯が欠けたり割れていたりすると、そこから虫歯に発展することがあります。欠けた状態で虫歯になると、最初から象牙質などを侵食することもあり得るでしょう。そうすると、虫歯が重症化しやすいので、早いうちに受診してください。

5-3.歯が痛い

当たり前のことですが、1番重要なのは歯が痛いと思ったらすぐに行くことです。すでにお話ししたとおり、C1以降の虫歯は自力で治すことは難しいとされています。そして、痛みが出ているということはC1以上の状態まで進行していることの証明です。絶対に放置はせず、病院に行くようにしましょう。

6.虫歯と治療にまつわる質問

Q.何本も歯が痛いのですが、すべて虫歯ですか?
A.歯の痛みは放散性が高く、原因となる歯の周辺がまとめて痛くなることがあります。ですから、たとえ数本の歯が痛くても、実際には虫歯が1本だけということもあるでしょう。

Q.虫歯の治療費はどのくらいですか?
A.虫歯の治療費は、虫歯の重症度によって大きく変化してきます。

詰め物だけで済む『初期虫歯』の場合は1500円~3000円程度です。麻酔や根管治療の必要となる『中期虫歯』は2000円~1万円程度でしょう。ただし、保険適用外の治療を行った場合、1万円~10万円と高額になることもあります。『末期虫歯』になると、7000円~2万円程度でしょう。ただし、インプラントなどの保険適用外の治療を行った場合は、5万円~100万円と、非常に高額になることもあります。

Q.なぜ、何度も通院しなければいけないのですか?
A.歯医者に行くと、何度も通院を要求されると思います。なぜ、1度で終わらないのか、と不満に思っている方もいらっしゃるでしょう。しかし、決して通院費を多く取るためにしているのではありません。

実は、歯の治療にはいくつかの保険ルールがあり、その中で治療の回数が決められているのです。たとえば、歯石の除去程度でも3回以上に分ける必要があります。

Q.虫歯にならないためにはどうやって歯をケアすればいいですか?
A.まず、1番大切なのは歯磨きのタイミングです。ときどき『食べたらすぐに歯を磨くべき』と思っている人がいます。しかし、実際には食べた直後に歯を磨くと、むしろ『虫歯のリスクを高める』ことになってしまうので避けた方が無難です。

食べ物を食べると、食べ物から発せられる酸によって歯の表面が軽く溶けた状態になっています。この状態で、研磨剤の入った歯磨き粉で歯を磨くと、当たり前のことながら表面が削れてしまうためです。歯の表面を保護するエナメル質が薄くなれば、それだけ虫歯のリスクは高まることでしょう。

ですから、歯を磨く際には『食後30分以降』を目安にしてください。できれば1時間程度は置き、始めに水で口をゆすいでから歯を磨くようにしましょう。

また、歯を磨くだけではなく、デンタルフロスや歯間ブラシを併用するようにしてください。歯間は歯ブラシだけでは届きにくいからです。

Q.キシリトールは本当に効果があるのですか?
A.世界各国で研究され、その研究結果からしっかりと効果があることが証明されています。ですから、キシリトールを取って虫歯対策を行うのは非常に効果的です。

ただし、キシリトール食品の中には、効果の薄いものもあるので注意しなければいけません。というのも、味を優先して、普通の砂糖が含まれていることがあるからです。キシリトールが虫歯に対して効果があっても、虫歯の原因となる砂糖が含まれていては、効果が弱まるのは当たり前のことでしょう。

ですから、キシリトール食品を選ぶ際には、キシリトールの含有量に注目してください。できればキシリトール含有量が100%のものが望ましいでしょう。最低でも、70%以上はほしいところです。

まとめ

今回は虫歯にまつわる情報をご紹介しました。

虫歯は歯痛や口臭などによって日常生活に大きな悪影響を及ぼします。それだけではなく、場合によっては歯が抜けたり顎の骨が腐ったりと重大な状態に陥ることもあるでしょう。さらに、最悪の場合は脳梗塞や心筋梗塞による命の危険もあります。

絶対に甘く見て放置はせず、できるだけ早く歯科医に相談しましょう。特に、痛んだ歯が突然痛くなくなったら、要注意ですので忘れずに!

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供