口臭や歯茎の腫れが気になる方必見! 歯周病治療や予防について解説

歯を失う原因の第1位といわれるほど、深刻な問題となっているのは歯周病です。健康な歯を維持し、いつまでも自分の歯で噛(か)めるのは、全身状態を良好に保(たも)てる秘訣(ひけつ)でもあります。定期的に歯科医院に行ってないけれど大丈夫?不安になる気持ち、とてもよくわかります。

歯周病はほかの病気も引き起こす恐れがあり、決して口だけの問題ではありません。近年では、歯周病や虫歯になる前にきちんとケアをしていこうという予防歯科も注目されています。

今回は、成人の80%もの患者がいるとされる歯周病についてです。セルフチェック方法や治療法をご紹介しますので、歯周病への不安を抱えている方はぜひ参考にしてみてください。

  1. 歯周病とは?
  2. 歯周病のセルフチェック
  3. 歯周病の治療法
  4. 歯周病の予防
  5. 歯科医院の選び方
  6. 歯周病でよくある質問

この記事を読むことで、 いつまでも健康な歯を維持することができるようになるでしょう。

1.歯周病とは?

歯周病は、自覚症状がないのが特徴です。健康な歯は1~2mmと浅い歯周ポケットですが、歯周病が進行すると歯周ポケットがどんどん深くなっていきます。歯周病の基礎知識から覚えていきましょう。

1-1.歯周病はどんな病気?

歯周病の特徴は、気がついたときには重い症状になっていることです。目に見えない場所で症状が進行し、いつの間にか歯のぐらつきなどを引き起こします。歯茎の腫れ・口臭・歯のぐらつきなどが気づきやすいポイントです。歯周病はかかってから治療するのではなく、予防することでいつまでも健康で元気な歯を維持することができます。

1-2.歯周病の主な症状は?

歯の周囲を歯石や歯垢(しこう)が覆い、普段のお手入れで十分に取り除(のぞ)けないまま放置し、歯茎の腫れなどを感じるようになるでしょう。歯茎の炎症がどんどん進行し、歯茎そのものが下がってきます。やがて破壊されていき、歯の土台となる歯槽骨まで進行し、歯が失われていくのです。

一度失われた歯は再生しません。そのため、噛(か)む力も弱まり、嚥下(えんげ)など消化器全体へ影響をおよぼします。

1-3.歯周病の原因やメカニズム

歯周病は、歯周病菌に感染したことが原因です。普段から十分なケアができず、歯周病菌がバイオフィルムと呼ばれる病巣を広げて炎症を拡大していきます。バイオフィルムは、定期的に取り除くことで虫歯や歯周病リスクを軽減できるのですが、口腔(こうくう)ケアが不十分だとどうしても進行しやすくなってしまうのです。歯槽膿漏(のうろう)は歯周病が進行した状態で、膿が歯周ポケットに蓄積したものですが、同意義に捉(とら)えられることが多くなっています。

1-4.歯肉炎・歯周炎について

歯周病という言葉は広く浸透するようになってきました。歯周病とひとことで片づけられることが多いのですが、実は大きくわけて2つあります。

1つは歯肉炎です。歯肉炎は、炎症が歯茎だけに現れるものを指します。そして、歯周炎は、歯槽骨を溶かすほど炎症が進行したものを意味しているのです。歯肉炎と歯周炎は、見た目では判断しにくいのですが、レントゲンなどを用いて正確に診断できます。

1-5.歯周病を放置するとどうなる?

口は、全身の入り口であり、消化器官の一部です。正しく噛(か)めないと嚥下(えんげ)障害を引き起こすこともあり、歯周病菌がほかの臓器へ感染する恐れも高まります。全身への悪影響を考えるなら、早期治療をするのが望ましいでしょう。歯周病が悪化し、敗血症などを起こすことも懸念されています。単なる口だけの問題ではないのです。

1-6.歯周病と口臭の関係

口腔(こうくう)内に感染した歯周病菌が、強い口臭を発します。口臭を気にされる方は多いのですが、歯周病による口臭は特にきついとされているのです。特に、歯周病菌の活動が激しくなるのは夜で、目覚めたときに強い口臭を感じることがあるでしょう。歯周病菌抑制のためにも、1日2回朝晩は必ず歯磨きをするなど、口臭予防に努めてみてください。歯磨きだけで終えず、デンタルリンスなどを併用するとより効果的です。

2.歯周病のセルフチェック

歯周病は自覚症状がないので、自分は大丈夫だろうかと不安になることもありますよね。成人の多くが感染するため、ご自身でも歯周病チェックしてみてください。

2-1.自分でできる歯周病チェックポイント

口臭や腫れが気になっている方は、歯科医院へ行った方がいいか不安を抱いていることでしょう。下記のチェック項目にあてはまる方は、早めに受診してください。

  • 歯茎の腫れが痛い
  • 腫れて出血する
  • 口腔(こうくう)内のねばつきが気になる
  • 歯茎の腫れから膿が出る
  • 歯がぐらつく
  • 強い口臭が気になる
  • 歯茎が下がった
  • 喫煙習慣がある

2-2.健康な歯茎とはどのようなもの?

歯茎の色は、全身の健康を見るための目安となります。理想的なのは、ピンク色で弾力があることです。歯磨きで刺激を受けても出血せず、口臭などもありません。

歯と歯をつなぐ部分がきれいな三角形を描いていることも、1つの条件です。炎症のある歯茎だと、腫れてぶよぶよした状態になります。歯茎表面には、適度にぼこぼことした波があるのが特徴です。歯周病があると波がなくなり、平らな形状になります。チェックポイントにしてみてください。

2-3.歯周病になりやすいのはどんな人?

歯周病と生活習慣は深い関連があります。喫煙により血管収縮が起こり、血流悪化で歯茎の状態が悪くなるので、歯周病を引き起こすとされているのです。喫煙している方は歯茎の色が悪くなるため、発見が遅れる傾向があるでしょう。

歯磨きをきちんとしていない方も要注意です。歯周ポケットに溜(た)まった歯垢(しこう)や歯石が蓄積し、歯茎に炎症を起こしてしまいます。

歯周病を起こしやすい重大な疾患は、糖尿病です。免疫力低下のため、歯周病の進行が速まるとされています。糖尿病を患っている場合、同時に歯周病コントロールをすることが望ましいのです。歯周病と糖尿病は、相互に影響し合う病気で、両方を管理することで健康な状態を維持できます。

3.歯周病の治療法

歯周病にかかってしまった場合、進行しないように治療していくのが一般的です。

3-1.主な治療法

歯茎の炎症を鎮めるため、歯周ポケットのクリーニングを行います。プラークコントロールと呼ばれる手法で、普段の歯磨きでは届かない場所まで、丁寧に清掃をしていくのです。歯科医院で行いますが、治療時間だけでは限界があるでしょう。必要となるのは、自宅での口腔(こうくう)ケアの実践です。歯科衛生士などの指導で、歯周ポケット内の汚れを落とすのに効果的な歯ブラシの仕方を学びましょう。プラークコントロールだけでも、歯茎の腫れなどは改善していきます。

歯周病を根本から改善するためには、超音波ブラシなどの特殊器具を使って、落としきれない歯石や歯垢(しこう)を取り除(のぞ)いていくのです。

3-2.薬について

進行した歯周病の治療には、抗生物質を使います。ジスロマックは、抗生物質の中でも歯周病菌に高い効果を発揮する薬です。1日2回の服用で1週間持続する効果を持つのも特徴でしょう。

歯周病が進行し、消化器などにも炎症を広げた場合、カンジタ菌の増殖も視野に入れた治療を行わなければなりません。ファンギゾンシロップと呼ばれる薬を試用します。歯磨き後にファンギゾンシロップを口腔(こうくう)内に行き渡るように含んでください。うがいはせず、飲み込む方が高い治療効果を得られます。ファンギゾンシロップは、歯のクリーニング後に行うのが一般的で、ほかの治療法と併用して行うものです。

3-3.最新の歯周病治療は?

歯周病が重症化すると歯が抜け落ちてしまうため、外科手術を行います。ペリオウェーブと呼ばれる手法で、炎症によって下がった歯茎を切り開いてジェルの注入を行うのです。ジェルを注入後、切開した部分にレーザー照射をして殺菌します。ペリオウェーブの特徴は、痛みが少なく腫れも起こりにくいことでしょう。

3-4.歯周病治療の費用について

歯周病菌検査・クリーニング・歯茎切開手術などは、保険診療の範囲内で行うことができます。しかし、歯周病進行に伴い、歯が抜け落ちた例では歯の修復手術が必要になるのです。修復手術では、保険診療以外での費用を見ておく必要があります。

  • 骨再生手術 10万円~
  • 骨造成 10万円~
  • 歯移植(1つあたり) 10万円~

3-5.歯周病治療における注意点

歯周病治療に大切なのは、歯科医院での治療以外にご自身の生活習慣を見直すことです。歯科医院で行う治療時間だけでは完全に治療を終えることができません。禁煙で歯茎の血流を改善し、歯磨きの仕方も見直しましょう。普段、歯ブラシだけ使っている場合、デンタルリンスやデンタルフロスなども併用してみてください。治療効果をより高いものにするために、自宅でのケアも十分に行いましょう。

4.歯周病の予防

歯周病は、かからないように普段から予防意識を高めることが大切です。ご自宅でも実践できることや歯科医院での取り組みについてご紹介します。

4-1.セルフケアのポイント

歯周病予防は、自宅でのケアをいかにしっかりやっているかで決まります。今まで自己流で歯磨きをされていた方も、ポイントを押さえて予防に生かしてみてください。

4-1-1.プラークコントロールとは?

プラークは、歯に残った食べカスや細菌などを総称する歯垢(しこう)を意味した言葉です。歯垢(しこう)が定着してしまうと石灰化して歯石となります。歯石は歯磨きでは落とすことができません。プラークコントロールでは、歯垢(しこう)がつかないよう歯磨きを実践し、歯科医院で定期的に除去することを指します。歯磨きのやり方も歯科衛生士などに指導を仰ぎながら、歯垢(しこう)除去に効果的な方法を取り入れるようにしてください。

4-1-2.最新ブラッシング方法

歯を1つ1つ磨いていくイメージで歯磨きをしましょう。歯ブラシの向きは歯茎に対して直角を維持し、なるべく小刻みに揺らすように磨きます。スクラッピング法と呼ばれる磨き方で、ゴシゴシしないのがポイントです。歯周病だけではなく、虫歯予防にも効果を発揮します。
歯周病予防には、バス法と呼ばれる歯ブラシを45度にあてて磨く方法がおすすめです。歯周ポケット内から汚れをかき出してくれます。

4-1-3.生活習慣の見直し

喫煙習慣がある方は、歯周病予防・歯周病進行阻止のためにも、禁煙を心がけましょう。飲酒は歯周病へ直接影響はありませんが、飲酒後は必ず歯磨きをしてから就寝するようにしてください。口腔(こうくう)内に糖分などが残り、歯周病を発症する原因となります。

4-2.予防歯科について

日本歯周病学会でも、予防の大切さを啓発しています。歯周病と全身におよぼす影響や、糖尿病患者における歯周病治療のガイドラインなども作成していますので、ぜひ参考にしてください。
日本歯周病学会

4-2-1.予防はなぜ必要なのか?

歯周病の特徴は、自覚症状がないことです。そのため、気がついたときには歯のぐらつきなど、歯を失う一歩手前の段階まで迫っている危険性があります。早期発見早期治療も大切ですが、普段から予防意識を高めておくことは、歯周病にかからないために一番大事なことです。歯科医院へ行くのが面倒だと放置し、ほかの疾患を引き起こす恐れもあるため、全身の健康維持を考えるなら、予防は普段から行っておくべきでしょう。

4-2-2.予防歯科ではどのようなことをする?

予防歯科の基本は、適切な歯磨きです。歯科衛生士による正しい歯磨き指導を行い、口腔(こうくう)内の衛生環境維持の大切さを学ぶことができます。

歯科医院に定期的に受診するのは、歯石を除去するためです。クリーニングや歯石のスケーリングを行い、歯周ポケット内を掃除してメンテナンスを行います。虫歯予防のフッ素塗布も行っているのも特徴でしょう。

4-2-3.予防歯科の費用や保険診療について

歯科医院で気になるのは、費用負担だと思います。通常のクリーニングやフッ素塗布などは、保険診療の範囲内で行うことができるでしょう。ただし、歯科衛生士や歯科医師によるより高度なクリーニング「PMTC」では、自費診療となりますので注意してください。PMTCは、スウェーデンから入ってきた予防歯科の最先端治療であり、虫歯と歯周病予防に高い効果を発揮するものです。費用目安をご紹介します。

  • 初診時 1万2000円(税抜き)
  • 再診時 1万円(税抜き)

予防歯科は、継続して行うことが理想です。ご自宅でのケアと合わせ、定期的に歯科医院を受診して口腔(こうくう)内をきれいにしておきましょう。

5. 歯科医院の選び方

歯科医院は、継続して通うことで口腔(こうくう)内の衛生状態を維持できます。そのため、相性の良い信頼できる歯科医院を選びましょう。

5-1.歯科医院選びのポイント

歯周病は感染症の1つですから、院内感染対策をしっかり強化し、患者の安全に配慮している歯科医院を選ぶようにしてください。また、保険診療と自費診療の区分が明確であり、患者の希望をきちんと聞き入れ、納得できるまで説明を惜しまない歯科医師を選ぶといいでしょう。コミュニケーション不足で、思うような診療が受けられなかった・予算オーバーして困ったなどの事態を引き起こさないためにも、説明はしっかりしてもらうことが大切です。

5-2.治療法で判断する

歯周病が進行し、外科手術が必要になる場合もあります。口腔(こうくう)外科を標榜(ひょうぼう)する歯科医院なら、院内での処置が可能でしょう。また、歯槽骨まで歯周病によるダメージが広がる場合、根幹治療が必要になります。マイクロスコープなどを使い、根幹治療を得意とする歯科医院なら安全かつ精密な治療を受けることができるでしょう。

5-3.歯科医院の費用について

保険診療だけを中心に手がける歯科医院もあれば、自費診療に軸足を置く歯科医院もあります。ホームページなどを参照し、診療内容と費用負担について事前に調査しておくことがおすすめです。
治療方針を決める中で、保険診療の範囲内での治療を行ってもらうなど、患者の希望や相談に気軽に応じてもらえるのも、歯科医院選びのポイントになるでしょう。

6.歯周病でよくある質問

歯周病や歯周病治療でよくある質問をまとめてみました。受診時の参考にしてみてください。

Q.歯がぐらつく場合は抜歯する?
A.歯周病が進行すると、歯槽骨が溶かされてぐらつきが出てきます。ぐらついた歯は元には戻りません。抜歯して炎症を鎮める処置を行います。

Q.喫煙はなぜ歯周病に悪い?
A.喫煙は、全身の血流悪化を招くだけではなく、免疫力そのものを下げてしまいます。歯周病菌感染リスクを高め、症状が進行する原因でもあるのです。歯周病にかかった方も、予防意識を持っている方も、治療の第一歩として禁煙するようにしてください。

Q.閉経期には歯周病にかかりやすい?
A.ホルモンバランスの崩れにより、女性は口腔(こうくう)内の環境が悪くなる傾向があります。閉経期だけではなく、妊娠・出産期の女性も歯周病予防は注意すべきです。定期的に歯科医院を受診し、メンテナンスをしておきましょう。

Q.歯周病は自然治癒する?
A.いったん歯周病にかかってしまったら、自然治癒することはありません。歯周病菌を取り除き、口腔(こうくう)内のメンテナンスをきちんと行い、進行しないよう治療を行うことが必要です。

Q.歯周病を発症するのは中年期以降から?
A.歯周病と聞くと、どうしても中高年の病気というイメージをお持ちだと思います。しかし、歯周病は生活習慣の悪さや歯磨き不足なども関連しており、若い世代でも発症する可能性は高いのです。歯茎が下がってきたなど、気になるポイントが出てきた場合、早めに歯科医院へ受診してください。

まとめ

歯周病は気がついたときには重症化している可能性も高いのです。歯槽骨まで進行した歯周病は抜歯も必要になります。普段から予防意識を高め、正しい歯磨きを実践することで、歯周病発症リスクを大きく軽減できるでしょう。歯周病は全身に悪影響をおよぼすため、放置せずに早めに診察を受けるようにしてください。いつまでも健康で元気な歯を維持し、生涯自分の歯で噛(か)める幸せを味わうためにも、歯周病への関心を高めましょう。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供