虫歯を治したい人必読!最新の治療・良い歯医者を解説!

虫歯は、初期治療が大切です。しかし、もしも虫歯が進行していてもあきらめないでください。とにかく、治療を始めることが大切ですからね。今回の記事は、虫歯の基礎知識から虫歯治療の重要性、最新の治療内容などに加えて、良い歯医者の選び方についても詳しく解説しましょう。

  1. 虫歯とは?基本を学ぼう
  2. 虫歯治療の重要性について
  3. 虫歯治療の種類を確認しよう
  4. 虫歯の症状別・治療方法と内容を解説!
  5. 最新の虫歯治療にクローズアップ!
  6. 良い歯医者の選び方・ポイントを伝授!
  7. 虫歯治療・歯医者の選び方でよくある質問

「虫歯を治したいけど、その前に最新の虫歯治療を知りたい」「虫歯を治すためにも、良い歯医者の選び方を知りたい」といった皆さんは、ぜひ読んでください。

1.虫歯とは?基本を学ぼう

そもそも、虫歯とはどのような状態なのでしょうか。きちんと治療をするためにも、基本を学ぶことが大切です。

1-1.虫歯の原因は何?

虫歯は、虫歯菌が口の中繁殖して歯を溶かすことが原因となります。虫歯菌は、酸が大好物なので食事やおやつを食べた後に繁殖(はんしょく)しやすくなるでしょう。虫歯菌の繫殖(はんしょく)は、以下のような状況で活発になります。

  • 食事後に歯磨(みが)きをしない
  • だらだらと食べ物や飲み物を飲む習慣がある
  • 唾液(だえき)の分泌(ぶんぴ)が少ない
  • 不規則な生活をしている

虫歯菌の増加を防止するためにも、口内環境の改善に努力しましょう。

1-2.虫歯の症状で代表的なもの

虫歯の症状で、代表的なものを確認しておきましょう。

  • 歯が変色する
  • 冷たいものがしみる
  • 歯が痛む
  • 歯に穴が開いたり欠けたりする
  • 口臭がある
  • 重度になると歯髄炎(しずいえん)になる

初期虫歯と呼んでいる状態では、歯の表面が白っぽく濁(にご)るだけの症状になります。しかし、放置するとすぐに虫歯が進行してしみたり傷んだりなどのほかの症状が出てきますので、早めに治療を検討してください。

2.虫歯治療の重要性について

虫歯治療の重要性について、考えてみましょう。虫歯は、すぐに命にかかわる病気ではありません。しかし、虫歯治療を行うことの重要性はほかの部分にあるのです。

2-1.虫歯治療はなぜ必要なの?

そもそも、虫歯治療はなぜ必要なのでしょうか。まずは、虫歯があると生活にどのような影響があるのかを見てみましょう。

  • 虫歯で変色や欠けた歯は美しくない
  • 虫歯の痛みによる大きなストレス
  • 食べ物を上手(じょうず)に噛(か)むことができない
  • 虫歯が原因の口臭に悩む

虫歯は、美容の点から美しくないことも事実です。しかし、食事に支障が出ることが最大のデメリットとなるでしょうね。健康な食生活のためには、健康な歯が必要。虫歯があると、食べ物を噛(か)みにくくなって消化不良になるなど良いことは何も無いのです。

2-2.虫歯を放置するとどうなる?

虫歯を放置すると、どうなってしまうのでしょうか。虫歯は、進行すると痛みを伴(ともな)います。多くの人は、歯の痛みが出た時点で治療を開始するので深刻な状況にならずに済むことでしょう。しかし、中には進行が進んでも放置してしまう人がいます。放置した虫歯は、歯の部分だけでなく歯茎やあごの骨にまで影響を及ぼしてしまうでしょう

2-3.虫歯が引き起こすほかの病気

虫歯を治療しないことは、歯がぼろぼろになるだけではありません。実は、虫歯菌は体内に回ると深刻な病気を引き起こすこともあるのです。たとえば、心筋梗塞(こうそく)や脳梗塞(こうそく)を引き起こすリスクが高くなることが挙げられるでしょう。心筋梗塞(こうそく)や脳梗塞(こうそく)は、命にもかかわる病気です。虫歯を治療することは、命を守ることにもつながることを理解してください。

3.虫歯治療の種類を確認しよう

虫歯治療の種類には、どのようなものがあるか確認しましょう。

3-1.虫歯部分を削って詰める治療方法

虫歯になった部分を削って詰め物を行うことは、ごく一般的な治療方法と言えるでしょう。詰め物の種類は金属類が主流でしたが、最近では歯の色に近い詰め物で自然な感じに仕上げることも可能です。初期虫歯から進行した虫歯まで行っている治療方法ですが、虫歯が再発しやすいので治療後のメンテナンスが重要になるでしょう。

3-2.歯内療法(しないりょうほう)

歯内療法とは、歯の内部の治療を意味します。たとえば、歯根の部分の治療となるでしょう。進行した虫歯の中には、表面に出ている部分だけでは治療が完治しないようなケースもあります。歯根にまで虫歯菌が繁殖している状態は、放置するとさらに症状が悪化してしまうことでしょう。虫歯を完治するためには、歯内療法(しないりょうほう)をしっかり行うことが重要なポイントなのです。

3-3.抜歯

重度の虫歯で、歯が大きく割れてしまっていたりほとんどの部分が欠けて無くなっていたりする状態では、抜歯の処置を取ることもあるでしょう。抜歯して後は、もう歯が生えることはありません。抜歯は、自分の歯を抜くという意味では最終段階の治療と言えるでしょう。

3-4.入れ歯・インプラント

虫歯の抜歯後は、人口の歯を入れる治療を行うことがあります。従来からある入れ歯が、代表的なものと言えるでしょう。また、最近は自分の歯と同じように食べ物を噛(か)むことができるインプラント治療が人気です。インプラント治療は、入れ歯治療よりも高度な技術を必要とする治療のため、豊富な実績のある歯医者を選ぶことが重要になるでしょう。

3-5.歯周病治療

虫歯治療は、歯の修復だけではありません。歯の周辺にあたる、歯茎(はぐき)の炎症や歯石除去などの歯周病治療も大切です。歯に問題が無い人も、歯周病になっている人は想像以上に多いのだと認識してください。虫歯治療と歯周病治療は、両方とも快適で健康な生活を送るためには外すことのできない治療と言えるでしょう。

4.虫歯の症状別・進行度合い別に治療方法と内容を解説!

では、虫歯の症状や重度別の治療方法や内容について、解説していきます。重度の虫歯になるほど、歯医者によって治療方針が異なりますので注意してください。

4-1.虫歯の症状別で進行度合いを確認しよう

虫歯は、初期虫歯というごく軽い状態からほとんどの歯が無くなってしまう状態まで、大きく5段階に分けることができます。それでは、それぞれの段階でどんな症状を見ることができるのかをご覧ください。

  • C0:歯の表面に軽い着色や濁(にご)りがある状態で初期虫歯とも呼ぶ
  • C1:歯のエナメル質だけが虫歯になっているが痛みがまだ無い状態
  • C2:歯の象牙質にまで虫歯が進行して歯がしみたり痛んだりする状態
  • C3:歯髄部分にまで虫歯が進行して神経周辺に炎症が起きて激しく痛む状態
  • C4:歯根部分だけになった段階で歯の周辺が炎症を起こしたり腫(は)れたりする状態

4-2.虫歯の症状・進行度合い別の治療方法を確認しよう

それでは、虫歯の症状・進行度合い別に、一般的に行っている治療方法を解説していきます。

  • C0:虫歯治療を開始しないで経過観察だけ行う
  • C1:穴が開いている部分のみ治療して詰め物を行う
  • C2:C1と同様に穴が開いている部分のみ治療して詰め物を行う
  • C3:神経部分を温存・歯内療法(しないりょうほう)・歯に冠を装着する
  • C4:歯内療法(しないりょうほう)を行った後で歯の形を再生する

C3やC4の重度虫歯に関しては、歯医者によって治療方針が大きく異なることがあります。治療方針や治療後の状態を、よく聞いてください。歯医者の方針も大切ですが、自分が納得する治療方針で治療を受けることを、重視しましょう。

5.最新の虫歯治療にクローズアップ!

現在行っている、最新の虫歯治療にクローズアップしてみましょう。今は、無駄な部分まで大きく削ること無く虫歯治療を行うことが可能になっているんですよ。

5-1.マイクロスコープを使って細かな部分まで治療

従来の治療では、歯科医の目視によって虫歯部分を削っていました。しかし、現在ではマイクロスコープを使うことでより細かな部分まで観察しながらの治療が可能に。見逃しがちな小さな虫歯や異変にも、丁寧な治療を行うことができるようになっています。

5-2.歯や神経をできるだけ残す「温存療法」の見直し

虫歯になった部分は、削ったり取り去ったりした後に詰め物や冠を被(かぶ)せるという方法では歯を大きく削る必要がありました。また、進行した虫歯の治療では、歯の神経を抜く治療も行うことが当然となっていたことも記憶に新しいでしょう。しかし、現在では患者自身の歯や神経をできるだけ残しながら治療する温存療法に、多くの歯医者が支持をしています。自分の歯で食べ物を噛む生活を長く保(たも)つためにも、温存療法に注目してください。

5-3.虫歯治療と同時に見た目の良さを重視する傾向

美しい歯は、何よりも見た目の清潔感をアップすることができる武器となるでしょう。最近は、虫歯治療を行うことと同時に審美歯科(しんびしか)の要素も取り入れた美しい仕上がりを提供する歯医者も増えています。使用する材質によっては、健康保険適用外になるでしょう。しかし、仕上がりの良さを追求したい人にとっては審美歯科(しんびしか)も考えた治療は魅力が大きいと言えるのです。

6.良い歯医者の選び方・ポイントを伝授!

虫歯の治療は、1日で終了することはありません。また、治療後もメンテナンスなどで長く付き合っていくことを考えると良い歯医者を選ぶことは重要なことです。ここでは、良い歯医者の選び方やポイントを伝授しましょう。

6-1.良い歯医者の選び方

良い歯医者は、以下のような特徴がありますので覚えておきましょう。

  • 虫歯治療で豊富な実績を持っている
  • 最新の医療機器や治療技術を導入している
  • 現在の虫歯の状態を細かくチェックする
  • 虫歯治療の方針や進め方でわかりやすい説明がある
  • 患者から評判が良好で紹介での来院率が高い
  • 患者に対して誠実な態度で治療を行う

良い歯医者は、患者が満足の行く虫歯治療を行うために最良の方法を選んでくれます。また、治療方針や治療スケジュールなどについてもわかりやすい説明で患者の不安を取り除いてくれることでしょう。安心して治療を受けることができる良い歯医者を、選びましょう。

6-2.こんな治療を行う歯医者は要注意

歯医者の中には、患者の都合を考えずにどんどん治療を進めてしまうところもあります。また、健康保険適用外の自由診療を強引に勧めてくるところもあるでしょう。さらに、虫歯治療で、歯を抜いてしまいたがる歯医者は要注意です。患者の生活を考えると、できるだけ自分の歯で食べることができるように治療を行うはず。また、患者に説明をしないままに余分な治療を行ったり意味も無く長期間の治療を続けたりするところも要注意です。

6-3.歯医者を変更する方法もある

良い歯医者だと思って虫歯治療を開始しても、いまひとつ納得が行かないこともあるでしょう。また、歯科医との相性が良くないこともあります。虫歯治療を納得して進めるためにも、親身になって治療をしてくれる歯医者に変更すると良いでしょう。最初の歯医者選びに失敗しても、次に良い歯医者に出会えば良いのです。

7.虫歯治療・歯医者の選び方でよくある質問

虫歯治療や歯医者の選び方で、よくある質問を集めました。皆さんが持っている疑問や不安も、解消できることでしょう。

Q.痛みが心配なので治療中ずっと麻酔をしてもらえますか?
A.歯医者嫌いになる理由のひとつが、治療中の痛みです。虫歯になった歯を削る治療では、痛みを感じることが多くなるでしょう。今は、患者に痛みを感じないように治療中に麻酔を使う方針の歯医者が増えています。ただし、どの時点で麻酔を使用するかについては、歯医者ごとの方針が違うので通っているもしくは通おうと思っている歯医者に相談してください。

Q.虫歯治療に行くのを忘れてしまった場合はどうなりますか?
A.虫歯治療は、少なくとも数回の治療を連続して行う必要があるでしょう。つまり、治療を終えるごとに次回の治療を予約しながらスケジュールを進行することになります。もしも、予約した日時を勘違いしていたなどの理由で治療に行くことができなかった場合は、その時点で歯医者に連絡をしてください。虫歯を治療途中で放置することは、大きなダメージとなります。早急に次回の予約を入れて、治療を再開してください。

Q.何年も昔から放置してしまった虫歯の治療もできますか?
A.何らかの理由で、虫歯の治療が途中になっている人も多いことでしょう。歯医者に通うことを中断したことで、放置してしまっている虫歯でも治療を受けることができます。ただし、一般の虫歯よりも治療期間が長引くことは覚悟をしておいてくださいね。長年放置した虫歯は、中に歯石が溜(た)まっていたり欠けてしまっている部分があったりするからです。でも、治療を開始することで問題なく完治することができるでしょう。

Q.できるだけ見た目重視で虫歯治療をしてもらえますか?
A.もちろん、見た目を重視しながら虫歯治療を行うことは可能です。見た目重視で虫歯治療を希望する場合は、より自然な仕上がりになる治療を望むことになるでしょう。たとえば、自然な歯の色に近い詰め物を使うなどの治療法ですね。ただし、健康保険が適用されない場合になると治療代が負担になることもあるでしょう。治療内容や費用について十分に相談した後、納得してから治療を開始してください。

まとめ

さて、今回は虫歯の治療について詳しく解説をしてきました。虫歯の治療や、良い歯医者選び方についても深く理解していただけたことでしょう。ひと昔前と比べると、現在の虫歯治療の技術向上は目覚ましいものがあります。治療中の痛みを軽減したり、見た目を美しく仕上げたりすることもごく当たり前になったと言えるでしょう。歯医者が怖くて虫歯治療を迷っていた人は、この機会にぜひ治療を開始してください。早期治療であればあるほど、治療期間も費用も負担が軽く済みますからね。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供