根管治療の必要性は? 治療期間・費用を知って早めに治そう!

根管治療とは、歯が根本まで悪くなったときに行われる治療の1つ。この治療は、虫歯がひどくなった場合に必要となります。放っておいても治らないので、歯医者にて相談しましょう。

今回は、治療法や費用についてご紹介します。

  1. 根管治療とは?
  2. 根管治療を行う必要性
  3. 根管治療による効果
  4. 根管治療の問題点
  5. 根管治療に掛かる費用
  6. 根管治療に掛かる期間

1.根管治療とは?

1-1.歯の根を治すのが根管治療

根管治療は、歯の根管に付いた細菌などを除去する治療方法です。根管が汚れていると、痛みや炎症がひどくなってきます。根管とは、歯の中の神経と血管がある部分のことです。根管に付いた虫歯や細菌は、神経を通じてアゴにまで達します。そのため、虫歯を放っておくと鈍い痛みが襲ってくるのです。根管治療では、根管に付いた細菌を清掃します。その後、薬剤をつめて被(かぶ)せものをして治療するのが一般的です。最近では、マイクロスコープを取り入れた治療も進んでいます。

1-2.根管治療が必要となる病気

根管治療が必要となるのは、虫歯が歯の神経・血管に達している状態。もしくは、歯茎の炎症が起こったとき、根っこの治療をした経験がある人です。歯の根っこを1度治療していると、細菌などが入りやすくなっています。また、虫歯があるのに歯の神経・血管を残したまま治療すると根管治療が必要となるのです。

根管治療は歯の根っこの部分を治療する方法なんですね。
はい。虫歯が進行すると根幹治療が必要になってきます。

2.根管治療を行う必要性

歯の神経・血管まで虫歯が達すると、自然に治ることはありません。根管治療にて細菌を除去・予防することが必要です。歯の神経が傷んでいると、歯に穴が空いている状態となっています。その穴が自然と治ることはありません。歯に穴が空くのは虫歯が原因です。穴を放っておくのは、虫歯を放っておくのと同じ。穴を通って細菌・虫歯がアゴにまで達して炎症を起こします。根管治療をせずに放っておくと、根尖性歯肉炎など別の病気を招くこともあるので注意してください。

根幹治療を行わないと別の病気を発症することもあるんですね。
はい。放置する時間が長いほど治療が難しくなるので注意してください。

3.根管治療による効果

3-1.歯を抜くこと無く治療できる

根管治療の最も大きな効果は、抜歯をしなくていい点です。歯の神経を治すため、歯そのものは保存できます。歯並びにも影響を与えないため、健康的な状態を維持できるのです。また、抜歯すると虫歯や神経への悪影響が出やすくなります。こうした二次被害を防げるのも、根管治療の大きな効果と言えるでしょう。

3-2.細菌の減少に期待できる

根管治療は、ダメになった歯の神経・血管を取り除きます。ダメになった神経を取り除くことで、痛みの再発を防ぐのが目的です。また、歯の神経を取り除いた後は、除菌・清掃を施して口内環境をよくします。しっかりと歯の根から治すのは、再発を防ぐのが目的です。根管治療を一度始めると、しばらく掛かることがあります。しかし、最後まで治療をすれば半永久的に自然歯を残せるのです。

根幹治療をすれば、歯が温存できる可能性が高まるんですね。
はい。また、虫歯の再発防止も期待できます。

4.根管治療の注意点

4-1.肉眼による治療の限界

日本では、マイクロスコープを使わずに治療する医院があります。しかし、肉眼による根管治療には限界があるのです。根管治療は、神経や歯の根を治療すること。治療を行うには、非常に細かい部分を見る必要があります。そのため、マイクロスコープを使った細かい作業が求められるのです。それにもかかわらず、感覚に頼った治療を行う医院も多くなっています。肉眼に頼った治療では、失敗することもあるのです。ひどい場合は、抜歯することにもなります。

4-2.二次感染する可能性もある

非常に細かい根管治療では、手元が狂って二次感染が起こる可能性があるのです。特に、肉眼による治療で起こりやすくなっています。根管治療している歯は、虫歯などの原因となる細菌を持っているもの。この歯の治療に失敗すると、別の歯まで根管治療する必要があります。また、治療に失敗すると「根尖性歯周炎」という歯茎が炎症する状態になるのです。

4-3.最後まで続けることに意味がある

根管治療は継続することに意味があります。歯の治療を途中で止めると、再び細菌が侵入・増殖するのです。根管治療は、歯に詰め物をして細菌を除去します。しかし、この詰め物は数か月ごとに交換する必要があるのです。面倒に感じて中断すると、今までの治療が無駄となってしまいます。治療を止めると、再び炎症が起こって痛み出すのです。ひどい場合は、かむだけで違和感や痛みが走るときは歯科医へ向かいましょう。

根幹治療を受けたから安心というわけではないんですね。
はい。治療実績が多い歯科医院で治療を受けることが大切です。

5.根管治療に掛かる費用

5-1.保険を適用する場合

根管治療を受ける場合は、保険適用範囲です。保険適用の場合は、約1,500~3,000円で治療を受けられます。この値段は、歯1本辺りの値段です。治療の程度によって料金は異なりますが、レントゲンや薬剤など、治療に必要なものは保険の対象となります。

5-2.保険を適用しない場合

各歯科医では、専門の治療を施術してくれる場所があります。専門的な治療の場合は、保険が適用されません。そのため、金額が1〜10万円以上になる場合もあるのです。こちらの値段は、歯の部位によって変わります。また、衛生管理費や詰め物は別途掛かることもあります。

値段は上がりますが、治療精度は格段に上がることが期待できます。特に、マイクロスコープを使った治療は肉眼よりも精度が高く、正確な診断が可能です。医師と相談しながら治療を行いましょう。

健康保険が適用できる範囲の治療と、自由診療でしか行えない根幹治療があるんですね。
はい。ですから歯科医師からよく説明を受け、治療方法を選びましょう。

6.根管治療に掛かる期間

根管治療は、各患者の歯並びや症状の程度によって治療期間が変わってきます。また、根管の形によって使う器具・薬も変わってくるのです。歯の状態によっては1~2週間で終わる人もいます。しかし、症状が重いときは3か月以上掛かる人もいるのです。ひどいときは、半年ほど掛かることもあります。

根管治療に掛かる期間は人によって違うのですね。
はい。ですから、医師の説明をよく聞いてから治療するかどうかを決断してください。

まとめ

この記事では根管治療についてまとめました。根管治療は、傷んだ歯の神経を取り除いて根本から治す方法です。抜歯をしないため、自然歯を残せます。歯が鈍く痛むときは、歯科医に相談するのが1番です。歯の神経が傷んでいる場合は、自然に治ることはありません。根本から清掃して健康な歯を目指しましょう。現在では、マイクロスコープを使った治療も増えてきており、成功率も上がっています。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供