口の中のねばつきが気になる!ネバネバの正体や対処法は?

気がついたら口の中がネバネバしていた、という経験がある方は多いでしょう。口の中はもともと常に一定の湿り気がある場所です。しかし、口を開けるたびにネッチャリとした感触を覚えるのは気持ちがよくありません。

そこで今回は、口の中がねばつく原因と対処法をご紹介しましょう。原因によっては、病院で治療が必要な場合もあるのです。また、病気でなくても対処法を教えてもらえます。最近口の中がネバネバして気持ちが悪いという方は必見です。

  1. 口の中のネバネバの正体は?
  2. 口の中がねばつく原因は?
  3. 口の中のねばつきが気になるときの対処法

口の中のねばつきが気になる!ネバネバの正体や対処法は?

1.口の中のネバネバの正体は?

口の中のネバネバの正体は?

口の中がねばつく原因は、細菌の繁殖とだ液の量の減少です。私たちの口の中には、常にたくさんの細菌が住みついています。これは、口が食べ物をそ咀しゃくする器官である以上、どうしようもないことなのです。通常、口の中の細菌の量は歯磨きやだ液が調節しています。歯磨きをすれば、口の中にある食べかすなどの汚れが細菌と一緒に取りのぞけるでしょう。

また、だ液は口の中を洗浄する効果もあります。しかし、何らかの原因で口の中の細菌が繁殖しすぎたり、だ液の分泌量が少なくなったりすることがあるのです。そうなると、口の中の水分が減少し粘度が増します。これがネバネバの正体です。ひどく喉が渇いたり部屋の中が乾燥していたりする場合でも、口の中がねばつくこともあります。しかし、自分の体に原因があって口の中がねばつくことの方がずっと多いでしょう。

細菌の繁殖とだ液の減少がネバネバの原因なんですね。
はい。ネバネバした状態が長く続くと歯周病や虫歯にもなりやすくなります。

2.口の中がねばつく原因は?

口の中がねばつく原因は?

では、なぜだ液が減少したり口の中に細菌が繁殖したりしてしまうのでしょうか? この項では、その原因の一例をご紹介します。心当たりがあることもあるかもしれません。

2-1.歯磨きがいい加減

口の中に細菌が繁殖しすぎる一番の原因は、歯磨きがいい加減なことです。歯磨きを一晩さぼっただけで、口の中の細菌は爆発的に増えます。また、歯磨きをしても1分未満ならば、口の中の雑菌は減りません。ですから、「毎日歯磨きをしている」という方でも朝起きたら口の中がネバネバしているという場合は、歯磨きが不十分である可能性が高いです。

2-2.過度の喫煙と飲酒

喫煙や飲酒は、口の中の環境を悪化させます。飲み会などで飲み過ぎたりタバコの煙が充満する中にいたりすると、翌朝口の中がねばついて気持ち悪くなったという経験がある方もいるでしょう。この場合は、口の中をゆすいで丁寧に歯磨きをすればねばつきは解消できます。しかし、このようなことを何度もくり返せば、口の中の環境は悪化しネバネバも取れにくくなるでしょう。

2-3.加齢や薬の副作用

年を取ってくるとどうしてもだ液の分泌量が少なくなります。これも老化の一種であり、避けることはできません。そして、現代の医学ではだ液の量を戻すことはできないのです。

また、薬の中には副作用としてだ液の量が減少するものもあります。このような薬が処方されるときは事前に説明がありますが、口の中のねばつきまで説明してくれないと、びっくりされる方もいるでしょう。

2-4.ドライマウス

ドライマウスとは、何らかの原因で口の中が渇いてしまうことです。前述したように加齢や薬の副作用が原因のこともありますし、ストレスによる自律神経の乱れが原因のこともあります。

また、鼻づまりによって鼻呼吸ができないと寝ている間に口を開けっぱなしにして呼吸をすることになるため、ドライマウスになりやすいでしょう。ドライマウスといっても、口の中がからからに渇くことはありません。喉が渇きやすくなったり、口の中がネバネバしやすくなったりする方が多いのです。ドライマウスを放置している限り、口の中のねばつきは治まりにくいでしょう。

2-5.歯周病

歯周病とは、口の中にある雑菌が原因で歯肉に炎症が起こる病気のこと。日本人の40代のうち8割が歯周病に感染しているといわれていますが、そのポピュラーさとは裏腹にとても怖い病気です。歯肉は、歯を支える土台のようなもの。それが炎症で弱まってしまえば、歯を支えていられずに歯が抜けてしまうのです。年を取って歯が抜けるのは、虫歯よりも歯周病が原因のことが多いでしょう。

歯周病になると、口の中に細菌が爆発的に増殖します。すると、口の中がねばつきやすくなるのです。歯周病になるとこのほかにも、歯茎が下がったように感じられたり口臭が強くなったりでしょう。早めに治療しないと歯が抜けてしまうかもしれません。

生活習慣によっては、若い年代でも口の中がネバネバしがちになるんですね。
はい。飲酒・喫煙の習慣がある人は特に注意が必要です。

3.口の中のねばつきが気になるときの対処法

口の中のねばつきが気になったら場合の対処法は?

では、口の中のねばつきが気になった場合はどうしたらよいのでしょうか? この項では、対処法の一例をご紹介します。

3-1.まずは歯医者を受診しよう

口の中のネバネバが気になる場合は、まず歯医者を受診しましょう。歯磨きが不十分だった場合や歯周病だった場合は、歯をクリーニングしたり歯周病の治療をしたりすれば改善します。とはいえ、歯医者が苦手という方も多いでしょう。しかし、今の歯医者は早めに受診をすれば痛みはほとんどありません。

さらに、歯磨きの方法の改善は自分では難しいのです。そのため、近所に1軒かかりつけの歯医者を作り、歯の状態を確かめてもらいましょう。歯周病も早めに治療を開始すれば、歯が抜けることもありません。

3-2.だ液が少ないと分かったら?

だ液の量が適切かどうかは、なかなか分かりにくいのです。そこで、だ液の量が適切かどうか検査をしてみましょう。正確な量を測るのは、歯医者や病院でないと無理ですが、おおよそでよいのでしたら個人でも行えます。清潔なガーゼを2分間かんで、その重さを量ってください。
ガーゼ自体の重さを抜いた重量が2グラム未満の場合はだ液が少なくなっていると思ってよいでしょう。

20代~30代でだ液の量が少なくなっている場合は、病気やストレスが考えられます。まずは病院を受診してください。鼻づまりの自覚がある人は耳鼻咽喉科へ。発熱やだるさなどほかの症状がある方は、内科を受診してみましょう。

3-3.液体歯磨き粉を利用する

口のねばつきを解消するためには、丁寧な歯磨きが大切です。しかし、それでもまだ口の中がネバネバする場合や、飲酒・喫煙の習慣がある方は、液体の歯磨き粉を使いましょう。そうすれば、口の中の雑菌を効率的に退治できます。また、喫煙者の方はよい機会だと思って禁煙にチャレンジしてみてください。

歯医者で治療を受けることもできるんですね。
はい。また、だ液が少ないと分かれば、意識して水分を補給するなど、対処方法を取ることもできます。

おわりに

口の中がねばつく原因や対処法についてのまとめ

今回は口の中がねばつく原因や、その対処法をご紹介しました。口の中のネバネバは口の中の環境が悪化した証拠だったのですね。口の中の環境が悪化すれば、虫歯ができやすくなりますし口臭も強くなります。さらに、舌苔(ぜったい)といって下にコケの一種が繁殖することもあるでしょう。そして、ますます口の中の環境は悪化していくのです。この悪循環を断ち切るには、やはり歯医者で歯と歯茎のクリーニングをしてもらうことが大切。これだけなら痛くありませんので、ぜひかかりつけの歯医者で行ってもらいましょう。

また、口の中のだ液が少なくなった場合は、人口だ液というものもあります。歯医者で売っているところもありますので問い合わせてみてください。だ液の成分に近い溶液でできており、口の中にスプレーすることでだ液の代わりにします。ネバネバの改善にも使えるでしょう。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供