朝の口臭が気になる!原因や嫌な口臭を予防する方法を紹介

朝、口の中が臭いかも…と気になることはありませんか? 口の中がベタベタする、不愉快に感じるなどの場合、口臭が悪化している可能性が高いです。口臭は自分に自信をなくしてしまいます。できるだけ早めに改善するためにも、朝の口臭の原因や予防法、口臭対策の注意点について詳しく知っておきましょう。朝の口臭で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 朝の口臭の原因
  2. 朝の口臭の予防法
  3. 口臭対策の注意点
  4. まとめ

1.朝の口臭の原因

なぜ、朝起きたときに口臭が気になるのでしょうか。1日の始まりとなる朝はスッキリとした気分になりたいものです。口臭を改善するためにも朝の口臭の「原因」を把握しておきましょう。

1‐1.強い口臭「モーニングブレス」

朝の口臭は「モーニングブレス」とも言います。1日の中でも非常に強い口臭です。口臭はなかなか自分で気づくことはできません。誰かに指摘されてから初めて気づくケースがほとんどです。もし、朝起きて口の中がネバネバしている、不快感がある場合は口臭が発生している可能性が高いでしょう。

モーニングブレスの原因は、主に「口の中に繁殖している細菌」です。口の中にはさまざまな種類の細菌が存在し、夜、寝ている間に細菌が繁殖しているのです。細菌は臭いのもとになるので、できるだけ口の中を清潔にしなければなりません。

1‐2.少ない量の唾液

口臭と唾液は深い関係を持っています。唾液の量が少なくなるほど口臭が悪化しているのです。なぜ、唾液が少なくなると口臭がひどくなるのでしょうか。その理由は、唾液の働きにあります。唾液は口の中にある細菌や食べかすを取りのぞく力を持っているのです。また、口の中が乾燥すればするほど細菌が繁殖しやすく、口内環境が悪くなってしまいますが、唾液は口の乾燥を防ぐ効果もあります。

唾液の量が少なくなる原因は生活習慣にあります。睡眠不足や昼夜逆転生活、食生活の乱れなど不規則な生活習慣によって唾液量が少なくなるのです。健康的な口内環境にするためにも、日々の生活を見直していかなければなりません。

1‐3.虫歯・歯周病などの歯の病気

朝の口臭は虫歯や歯周病などの歯の病気が原因になっている可能性もあります。虫歯になると口内は細菌でいっぱいになるでしょう。そして、虫歯を放置すれば歯周病にまで進行してしまいます。歯周病は歯の土台とも言える歯茎が炎症する病気です。炎症が悪化すれば歯の神経にまで悪影響をおよぼしてしまいます。口臭が悪化すると同時に、歯並びも悪くなるでしょう。よって、虫歯はできるだけ初期症状のうちに治しておかなければなりません。

また、虫歯にならないよう日ごろからケアが必要になるでしょう。寝る前には、必ず歯垢(しこう)や食べかすを取りのぞいてください。特に、歯磨きは最も効果的なケアになりますよ。さらに、朝の口臭の原因は喉の病気にも関係しているのです。がんや後鼻漏(こうびろう)など、喉の病気が口臭を起こしています。

2.朝の口臭の予防法

2‐1.自分でできる予防法

朝の口臭予防は自分でも簡単にできます。たとえば、「毎晩きちんと歯磨きをすること」です。歯磨きは口内環境を整える基本中の基本になります。特に、寝る前は丁寧に歯磨きをしてください。

また、「朝食をきちんと食べること」も朝の口臭予防になります。なぜなら、朝食をとることで唾液量を増やすことができるからです。唾液は、口内の細菌を減らし、生理機能を安定に導く力を持っています。目覚めの口臭予防には朝食が最適です。

ほかにも、唾液量を減らすストレスの軽減や規則正しい生活習慣、1日1回の舌の掃除などが予防になります。ガムをかんで唾液量を増やす、砂糖の少ない飲み物を選ぶなども対策の1つです。

2‐2.専門家の治療を受ける

自分で予防をしても改善できない場合は、専門家のアドバイスをもらってください。口臭問題は歯医者に行くのがいいでしょう。ほとんどの歯医者は口臭問題に対応しています。口臭の原因は主に口内環境の悪化や虫歯・歯周病などの歯の病気です。よって、まずは口臭が発生している原因を突き止めなければなりません。歯医者では何が原因になっているのか、専用機器を使って検査してくれます。そして、検査結果をふまえたうえで治療計画を立ててくれるでしょう。原因に合った治療をすすめていけば安心です。自宅でできる歯や口内のケアについてもアドバイスがもらえることもあります。

3.口臭対策の注意点

3‐1.定期的に歯科検診を受ける

人それぞれ、いろいろな口臭対策をしていることでしょう。歯磨きをする方法が最も効果的ですが、根本的な原因を解消していかなければなりません。たとえば、虫歯ができている場合は歯磨きでは完治できないでしょう。

理想的なのは、定期的に歯科検診を受けながら自宅でケアをすることです。自宅だけでは取りのぞくことができない歯垢(しこう)、細菌を定期検診でなくしていきましょう。たとえ、忙しい日々を送っていても3か月~半年に1回は歯医者で定期検診を受けてください。定期的に歯科検診を受けていけば、虫歯が初期のうちに対処できます。より清潔な口内環境を保ち続けることができるでしょう。

3‐2.歯だけでなく口内全体をキレイにする

口臭対策をするとき、歯だけキレイにすればいいと思っていませんか? 確かに、歯をキレイにすることは大切です。けれども、口臭は舌や口の内がわなど口内全体が口臭と関係しています。口臭対策を徹底するためにも、口内全体をキレイにしてください。歯磨きをするときは舌の裏やほおの内がわもキレイに掃除しましょう。

また、歯磨きの後はデンタルフロスを使って仕上げるのも1つの方法です。デンタルフロスは歯磨きで取りのぞくことができなかった細かい食べかすまで取りのぞいてくれます。仕上げとしては大きい効果を発揮するのでおすすめです。歯磨きができないシーンでもデンタルフロスでキレイにできるでしょう。

4.まとめ

朝の口臭の原因や予防法、注意点について説明しましたが、いかがでしたか? 口臭自体、なかなか自分で気づくことができず、誰かに指摘されてやっと気づくということも少なくありません。もし、口の中がネバネバする、朝起きたとき口内に不快感がある場合、口臭が発生している可能性があります。

そして、口臭を解消するには「原因」を突き止めなければなりません。朝に発生する口臭は「口の中の細菌」や「虫歯・歯周病」「喉の病気」「唾液量の減少」が主な原因です。原因がわからない場合は専門の歯医者に診せてください。歯医者では専用機器を使って徹底的に調べてくれます。自宅でできるケアをしながら歯医者で専門的な治療を受けましょう。口臭で悩まないためにも、定期的に検診を受けてくださいね。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供