根尖性歯周炎の原因・症状チェックリスト! 早めの治療で痛み解消!

皆さんは「根尖性歯周炎」という言葉をご存じでしょうか。根尖性歯周炎になると歯茎が腫(は)れてひどい場合は抜歯する必要もあります。症状がひどくなる前に原因と症状を知って治療しましょう。

この記事では、根尖性歯周炎についてまとめました。

  1. 根尖性歯周炎とは?
  2. 根尖性歯周炎になる原因
  3. 根尖性歯周炎の症状
  4. 根尖性歯周炎を引き起こす細菌
  5. 根尖性歯周炎の治療法

1.根尖性歯周炎とは?

根尖性歯周炎とはどういった病気なのか。まず、根尖性歯周炎についてチェックしておきましょう。

1-1.根尖性歯周炎について

根尖性歯周炎は、虫歯を放っておくことでなってしまう病気です。歯の根は、虫歯になると神経が死んで細菌があふれ出します。細菌があふれてしまうと次第に血液循環が悪くなり免疫能力が低下してしまうのです。その結果、歯の根が毒素だらけとなって歯周組織に炎症を引き起こします。その炎症状態が根尖性歯周炎です。

1-2.症状はわかりづらい?

根尖性歯周炎になった歯は、たたくと痛みがあります。しかし、根尖性歯周病は痛みを伴わないタイプがあるのです。痛みを伴わない場合は、知らない内に進行してレントゲンを撮るまでわからないことがあるので注意しましょう。

2.根尖性歯周炎になる原因

根尖性歯周炎になってしまうには原因があります。その原因についてチェックしておきましょう。

2-1.虫歯が進行する

根尖性歯周炎になる原因の中で最も多いのが虫歯の進行によるものです。虫歯を放っておくことで歯の周りが炎症を起こし、根尖歯周炎になるのです。虫歯は、しばらく放っておくと痛みが無くなることがあります。

しかし、放っておいた虫歯の神経は、次第に腐って毒素を出すようになるのです。その毒素が出続けることで歯茎の炎症が進みます。その炎症がひどくなると根尖性歯周炎になるのです。根尖性歯周炎になると歯茎が腫(は)れ出すのが特徴。歯茎に膿(うみ)がたまりズキズキと痛み始めます。

2-2.根管治療を行う

歯の神経を治すことを「根管治療」と言うのです。その治療が根尖性歯周炎を招くことがあるのを知っておきましょう。根管治療とは、歯の根を薬によって消毒し細菌の感染から守る治療のこと。この治療では、歯の神経を残すため寿命を延ばすことができます。

しかし、この根管治療の成功率は8割。さらに、歯の神経の状態が複雑であればあるほど治療が困難になってきます。そのため、根管治療を行うことで根尖性歯周炎を招くこともあるのです。

さらに、何度も治療することで歯自体がもろくなり割れることがあります。根尖性歯周炎になるときは、歯茎の治療や抜歯が必要となることを覚悟しましょう。

2-3.歯に強い衝撃が加わる

事故やけがで歯に強い衝撃が加わると根尖性歯周炎になることがあります。歯が折れていなくとも内側の神経が死んでしまうと炎症することがあるので注意しましょう。根尖性歯周炎の原因は、歯自体ではなくて内側にある神経です。その神経にダメージがあると歯茎にとって悪影響な毒素を出し続けます。

2-4.かみ合わせが悪い

根尖性歯周炎になる人の中には、かみ合わせの悪さが原因となっている人がいるのを知っておきましょう。かみ合わせが悪いと歯それぞれに掛かる力が変わります。そのため、一部の歯に余計な力が加わることで神経にダメージが加わるのです。

3.根尖性歯周炎の症状

根尖性歯周炎になるとさまざまな悪影響が出てきます。その症状についてチェックしておきましょう。

3-1.ものをかむとき痛む・違和感がある

根尖性歯周炎になるとかむだけで痛み・違和感が出てきます。かんで痛みが出るのは、歯の根から出てくる毒素が炎症を起こしている証拠です。根尖性歯周病は、歯茎に膿(うみ)が出る場合と突然痛む場合に分かれます。継続的な場合は、痛みは出ないことが大半です。しかし、歯の根っこや歯茎に膿(うみ)ができてしまいます。

これに対して、突然痛むときは、歯が浮くような感覚と共に痛みが走るのが特徴です。痛みの程度は人それぞれ違います。しかし、歯茎の腫(は)れを放っておくと我慢できない痛みへ発展することもあるのです。

3-2.歯茎が腫(は)れ出す

根尖性歯周炎がひどくなると歯茎が腫(は)れてきます。腫(は)れているときは、歯の根元に膿(うみ)がたまっている可能性があります。膿(うみ)がたまり始めると歯茎が盛り上がり赤・黄色に変色します。変色が進むと共に痛みも強くなるのです。また、歯茎が腫(は)れるとほおや唇まで痛み出します。顔の外側まで影響が出る頃には、歯茎の中は膿(うみ)でいっぱいの状態です。

4.根尖性歯周炎を引き起こす細菌

根尖性歯周炎は、神経が死ぬことで引き起きる病気です。では、どのような細菌が原因かチェックしておきましょう。

4-1.根尖性歯周炎に影響しているばい菌はある?

「根尖性歯周炎」は歯の健康状態が悪化して発症します。特殊なばい菌などは関係ありません。根尖性歯周炎は、死んだ歯の神経をそのままにすることで菌が出始めます。その菌が口の中でたまり続けることで毒素を出しはじめるのです。

4-2.口の中から細菌を追い出すことはできるか?

根尖性歯周炎をはじめとする口の中で起こる病気はさまざま。その予防として口の中から細菌を無くせばいいと考える人がいます。ですが、それは間違いです。

私たち人間は、さまざまな動物と共に菌も一緒に共生しています。その菌たちと共生することで体を守ってもらえる側面があるのです。そのため、菌をすべて殺してしまうと口内環境の悪化につながります。口の中の健康を維持するためには、常に歯磨きや定期的な歯科医による診察を受けるのが一番です。

5.根尖性歯周炎の治療法

5-1.基本的な治療法

根尖性歯周炎になったとき、歯が自力で治ることはありません。近くの歯科医へ向かいましょう。軽い根尖性歯周炎の場合は、腫(は)れや痛みを取るため歯の根に詰まった膿(うみ)を取り出します。軽い症状のときは、これでほぼ痛みは無くなるのです。

5-2.治療後について

治療後、再発しないように抗生物質や鎮静剤を使いながら歯の神経を守るようにしていきます。同時に、感染した部分を削り取ってリスクを軽減するのを知っておきましょう。根尖性歯周炎が継続的に出てくる場合は、歯の根元を定期的に清掃・消毒を繰り返すことになるのです。神経が死んでしまうと自力で治ることはありません。そのため、定期的に治療を受ける必要があります。

5-3.歯が弱っている場合

歯の根が完全にダメになっているときは、根の先を切って治療するのを知っておきましょう。根尖性歯周炎がひどくなった場合、歯茎からダメになった歯を切り取って膿(うみ)を取り出します。細菌の元を取り除き根尖性歯周炎が再発するのを軽減するためです。また、虫歯や根尖性歯周炎がひどいときは抜歯も選択肢の中に入ってきます。

まとめ

この記事では根尖性歯周炎についてまとめました。根尖性歯周炎とは、歯の神経が死んで根の部分から炎症を起こすこと。根が炎症を起こすことで歯茎全体が痛み出します。また、痛みが無くなると歯茎に穴ができて口臭がひどくなることもあるのです。根尖性歯周炎は自然と治りません。歯茎に膿(うみ)が出たときは、歯医者へ向かいましょう。軽度の場合は膿(うみ)を出しながら洗浄と痛み止めを行います。ひどいときは、神経の切断や抜歯を行う必要があるため早めに歯科医へ向かいましょう。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供