すきっ歯の原因と治療法を紹介!放置すると歯周病になる恐れも!

すきっ歯の原因や治療法をご存じですか? すきっ歯に悩んでいる人は意外に多くなっています。歯にすき間があると見た目も気になりますし「虫歯になりやすい」と言われているのです。悪化する前に治療を検討してみてはいかがでしょうか。

「すきっ歯の原因を知りたい」「子供の前歯がすきっ歯で悩んでいる」「レジンによる治療の値段はどのくらいなのか?」

そんな疑問をお持ちの方のために、すきっ歯の悩みを解決する方法をご紹介します。

  1. すきっ歯になる原因
  2. 子供のすきっ歯について
  3. すきっ歯の治療法
  4. すきっ歯を放置することによる影響

1.すきっ歯になる原因

1-1.すきっ歯とは?

すきっ歯は正式名を「空隙歯列(くうげきしれつ)」と言い、歯と歯との間にすき間が空(あ)いていることを言います。この場合、すき間は自然にできたものであり、虫歯などが原因ではないのです。虫歯や歯周病によって奥歯をなくすと前歯がすきっ歯になってしまうこともあります。すき間に食べ物が詰まって虫歯になりやすい傾向にあるため、治療することが望ましいでしょう。

1-2.生まれつきのすきっ歯

すきっ歯になる原因にはさまざまなものがあります。生まれつきすきっ歯になりやすい人もいるのです。たとえば、生えてきた歯が生まれつき小さい場合や、生えてくる予定の歯が欠損して生えてこない場合などに、すきっ歯になりやすくなります。成人の場合は上下の永久歯が28本ありますが人によっては不足していることも。本来あるべき場所に歯が生えてこないため、すき間ができてしまうのでしょう。

また、歯とアゴのバランスが崩れることですきっ歯になることもあります。つまり、歯の大きさに対してアゴが大きすぎる場合や、アゴの大きさに対して歯が小さすぎる場合などに、歯にすき間ができやすくなるのです。

1-3.習慣によるすきっ歯

すきっ歯の原因が、子供のころからの習慣である場合もあります。この場合は、たとえ治療しても再発する可能性があるため、まずは習慣を直す必要があるでしょう。まず、頻繁にほおづえをつくクセがある人は、奥歯の噛(か)み合わせがおかしくなり、すきっ歯になりやすいのです。

また、就寝時に毎回同じ姿勢で寝る人も要注意。人の骨格は本来、仰向(あおむ)けで寝るように成長しています。小さいころからうつ伏せや横向きで寝るクセがある人は、歯列やアゴの骨がゆがみやすくなるのです。ほかにも、食べ物や飲み物を飲み込む際に、舌を前歯の裏に押し付けるクセのある人は、前歯が徐々に開いてすきっ歯の状態になってしまうでしょう。

2.子供のすきっ歯について

2-1.心配のないすきっ歯

子供のすきっ歯は心配のないケースがほとんどです。時期がくると、乳歯の下から永久歯が生えてきます。乳歯は押し出すように抜けることになるでしょう。永久歯は合計28本、乳歯は親しらずを含めて20本あるため、乳歯の後ろにも2~3本生えることになります。一部の乳歯は永久歯より横幅が大きくできており、永久歯が入りきるようになっているのです。

つまり、乳歯のときに歯並びに余裕がある方が、永久歯はきれいに並びやすいということになります。乳歯のすきっ歯は永久歯になる際、悪影響を与えることはないのです。

2-2.注意が必要なすきっ歯

乳児期を過ぎてからのすきっ歯は、注意が必要な場合もあります。たとえば、生まれつき永久歯の本数が少ない、歯が通常より小さいなどといった場合は、余分なスペースができてすきっ歯になりやすいでしょう。

また、歯と歯の間に本来ないはずの歯が埋まっている場合も、永久歯が正しい方向に生えることができず、すき間ができることがあります。そのままにしておくと発音障害や歯周病のリスクを高めることになってしまうため、できるだけ早めに歯医者を受診しましょう。

3.すきっ歯の治療法

3-1.ダイレクトボンディング

天然の歯を削らずに、コンポジットレジンを直接盛り付けることですきっ歯を治す方法です。
治療費は1本につき5万円程度。着色や変色を防ぐために、定期的に通院する必要があるでしょう。プラスチックのため2~3年経過すると黄色くなってきますが簡単に修理できます。

3-2.ラミネートべニア

歯の表面を0.5~0.7mmほど削り、薄いセラミックを貼り付けることで治療する方法です。すき間が3mm以下であればこの方法で治療可能でしょう。セラミックなので変色がなく、汚れも付着しにくいのがメリットです。ただし、天然の歯を削る必要があります。この治療法の場合は自費診療だけ対応しており、1本10~15万円程度です。

3-3.クラウン

すでに詰め物が入っている、歯の神経がなくなっているなどの場合に行われる治療法です。歯を削って被(かぶ)せものをすることにより、歯の大きさや形を変更してすきっ歯のすき間を埋めます。ラミネートべニアに比べて歯を削る量は多くなるでしょう。しかし、全体的にバランスのとれた前歯に変えることが可能です。金額は1本8~15万円程度になります。

3-4.マウスピース矯正

定期的に歯型に合わせてマウスピースを交換しながらすき間を埋めていく方法です。マウスピースは透明で目立たないため、人目を気にする人に向いているでしょう。ただし、1日15時間以上装着している必要があります。この治療法では、ホワイトニングを同時にすすめていくことができるでしょう。金額は20~80万円で、3か月~1年ほど期間がかかります。

3-5.ワイヤー矯正

歯の両側につける矯正装置を使い、ワイヤーの力で歯を動かしながらすき間を埋めていきます。歯を動かすスペースは十分にあるため、抜歯せずに治療ができるでしょう。装置を装着してしまえば24時間歯を動かす力が作用します。

また、歯の移動にかかる時間も、マウスピース矯正より短く済むでしょう。ワイヤー矯正のメリットは、天然の歯を生かすことができるという点。歯を動かさずにすき間を埋めるということは、結果的に歯を太くすることにつながるのです。

4.すきっ歯を放置することによる影響

すきっ歯を治療せずに放置した場合、将来どのような影響を受けることになるのでしょうか。歯の間にすき間があるということは、息もれをしやすくなるのです。つまり、発音障害を引き起こす可能性があるでしょう。

特に、サ行の発音に影響が出やすくなります。もちろん、英語の発音にも影響が出ることが考えられるでしょう。

また、食べ物が詰まりやすく歯周病になりやすいというデメリットも。正しい歯並びだと歯と歯がくっついているため、食べ物が挟まらないようになっています。しかし、すきっ歯のようにすき間がある場合は、食べ物が挟まりやすくなるのです。このとき、食片によって歯肉が傷つき、歯周病の原因になります。

このように、すきっ歯による影響は見た目だけではないのです。今は問題がなくても、将来困ったことにならないように、早期に治療法を検討しておく必要があるでしょう。

まとめ

すきっ歯の問題は見た目だけではありません。悪化する前にできるだけ早く治療を始める必要がある場合も。すきっ歯になる原因や治療法を知り、自分にとってベストな選択をしてくださいね。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供