歯茎がかゆい!そんなときの対処法は?原因を知って正しく対策しよう!

歯茎がかゆい時どうしたらいいの?

歯茎がかゆいとお悩みではありませんか? 歯肉炎や歯周病など、歯の疾患にはさまざまなものがあり、その症状の一つに歯茎のかゆみがあります。それ以外にも、歯磨き粉に反応してアレルギーを起こしている可能性もあるでしょう。いずれにしても、何らかの原因があるはず。原因を知って正しく対処していきましょう。

この記事では、「歯茎がかゆい原因を知りたい」「ストレスで歯茎がかゆくなることもあるのか?」「歯茎がかゆいときの対処法は?」このような疑問を解決していきます。

  1. 歯茎がかゆくなる原因は?
  2. 歯茎がかゆいときの対処法
  3. 歯茎がかゆいときにやってはいけないこと

1.歯茎がかゆくなる原因は?

歯茎がかゆくなる原因

歯茎がかゆくなる原因にはさまざまなものが考えられます。自分の症状が当てはまるものはないかチェックしてみましょう。

1-1.歯周病

歯茎がかゆいとき、まず考えられるのが歯周病です。歯周病の場合「むずむずするようなかゆさ」「いたがゆさ」などの症状が特徴的でしょう。歯周病は日本人の80%がかかっていると言われている生活習慣病の1つ。歯を支える組織が壊れる病気です。

かゆみが現れるのは、歯周ポケットと呼ばれる溝に汚れがたまることが原因で、歯や歯茎周辺の組織に炎症が起こっているため。症状を改善するためには、歯周病を治療するしか方法はありません。

1-2.虫歯

虫歯になると「歯が痛む」というイメージしかない人も多いでしょう。しかし、初期の虫歯では痛みのほかにも「冷たいものがしみる」「硬いものを食べると歯茎がむずむずする」といった症状が現れることもあるのです。特に、歯がしみる症状と一緒に歯茎のかゆみが出ている場合は、虫歯である可能性が高いでしょう。

1-3.親しらず

親しらずが生えてくるときに、歯茎のかゆみが生じることもあります。生え始めのころは歯と歯茎との間に炎症が起こりやすくなるのです。かゆみのほかにも、痛みや出血、腫れなどの症状があります。

1-4.アレルギー

「口腔(こうくう)アレルギー症候群」という口の周りに出るアレルギー症状があります。歯の治療に使用した金属の詰めものや、食べ物、歯磨き粉などにアレルギー反応を起こすものです。違和感やしびれ、腹痛、呼吸困難が伴うことも多いため注意が必要でしょう。自分が何に対してアレルギー反応を示すのかを知るためにも、きちんと検査してもらうことをおすすめします。

1-5.ストレス

ストレスを感じると無意識に歯のくしばりや噛(か)みしめをしてしまいがちです。歯を支えている組織に負担がかかり、歯茎の炎症が起こりやすくなるでしょう。

また、ストレスによって唾液の分が減ることも、歯茎のかゆみが発生する原因になると考えられています。もちろん、睡眠不足などで疲れているとき、風邪などで免疫力が落ちているときなども、歯茎の炎症を起こしてかゆみが現れやすくなるでしょう。

1-6.ウイルスによるもの

歯肉炎や歯周病以外にも、風邪やヘルペスなどのウイルスによって歯茎がかゆくなる場合もあります。こういった場合は一時的な症状であるため、風邪やヘルペスを治せばかゆみもなくなるでしょう。

歯茎がかゆくなる原因は複数あるんですね。
はい。しかし、自分では原因を特定することは困難です。かゆみが続くようなら早めに歯医者に行ってください。

2.歯茎がかゆいときの対処法

歯茎がかゆいときの対処法

では、歯茎がかゆいときはどのように対処すべきなのでしょうか。

2-1.正しい方法で歯を磨く

歯周病の炎症や歯茎につまったゴミなどが原因でかゆみが発生している場合は、毎日正しい方法で歯磨きをすることが必要になります。歯周病対策として効果的なのは、歯ブラシを歯に対して45度の角度で当て、歯と歯茎の間に毛先を入れるようにして磨く方法です。ブラシが小刻みに振動するように磨きましょう。

間違った方法で1日に何度も歯磨きをするよりも、正しい歯磨きを1回行う方が効果的です。
最低でも1日1回はきちんと時間をとって歯磨きをしましょう。また、歯間ブラシを使うのもおすすめです。

歯茎のかゆい部分に歯間ブラシをとおすと痛みを感じ、出血することもあるでしょう。しかし、出血がひくとかゆみがおさまる場合も多くなっています。歯茎のマッサージも一緒に行い、血行をよくすることも必要でしょう。

2-2.うがい薬を使う

うがい薬を使って強めにうがいをすることで歯の間にある細胞を軽減し消毒効果が期待できます。また、うがい薬を歯ブラシに付けて歯茎のマッサージを行うのもおすすめです。

2-3.アレルギーを起こすものを避ける

アレルギー反応によって歯茎のかゆみが出ている場合は、アレルギーを起こすものを避ける必要があります。特定の食べ物で毎回症状が出るなら、その食べ物を口にしないようにしましょう。

また、歯磨き粉でアレルギー反応を起こしている可能性もあります。歯磨き粉を別のものに変えてみて、症状がおさまるか確認してみましょう。一番よいのは、アレルギー検査を受けることです。体に合わないものを使用したり食べたりしていないか、しっかりと把握しましょう。

2-4.ストレスや疲労をためない

かゆみの原因であるストレスや疲労をためないことも大切です。日ごろからストレスをためやすい人は、自分なりのリフレッシュ法を見つけて上手に発散しましょう。長めの入浴や軽い運動、音楽を聴くなど、どんなことでも構いません。

気持ちを落ち着けてゆっくりと休める時間を作るようにしましょう。疲労回復のために、できるだけ規則正しい生活を心がけることも大切です。

2-5.歯科医に相談する

かゆみの原因が何であるかは、自分でなかなか分からないものです。自己診断では危険な部分もあるため、歯医者さんに行って相談してみましょう。原因が歯周病や虫歯であるなら、早めに治療してもうことでかゆみも改善できるはずです。まずは、信頼のおける歯医者さんを見つけてください。

歯みがきの方法を変えるだけでも歯茎のかゆみが取れることがあるんですね。
はい。正しい歯みがきの方法も歯医者で教えてもらえます。ですから、1度は歯医者に行ってください。

3.歯茎がかゆいときにやってはいけないこと

歯茎がかゆいときにやってはいけないこと

歯茎がかゆいときにやってはいけないことがいくつかあります。対処法を間違えないように、ぜひチェックしておいてください。

3-1.直接歯茎をかく

歯茎がかゆいからといって直接手やつまようじなどで歯茎をかいてはいけません。歯茎が傷つく原因になるため、かゆみから痛みに変わってしまう恐れがあるのです。もちろん、そこから細菌が入って腫れたりすることも考えられるでしょう。

また、ヘルペスなどウイルスが原因である場合、触ってしまうことで周囲の人に感染を広げてしまう可能性もあるのです。歯茎のかゆみは皮膚とは違い、かいてもすっきりすることはありません。

3-2.歯ブラシを強く当てない

歯茎がかゆいとつい歯ブラシでゴシゴシ磨いてしまいがちですよね。しかし、過度にブラッシング圧をかけると歯茎を下げる原因にもなります。歯ブラシを強く当ててしまうことでほかの症状まで引き起こすことになるでしょう。歯磨きの際はあまり力を入れずに、やさしくマッサージするように磨くようにしてください。

力任せに歯ブラシで磨いてはダメなんですね。
はい。歯茎を傷めてしまいます。

まとめ

歯医者さんに相談してかゆみの原因を突き止めま しょう

歯茎のかゆみを訴えている人は、意外と多いものです。かゆみの原因が分からなければ正しく対処することもできません。まずは、歯医者さんに相談してかゆみの原因を突き止めましょう。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供