金歯、銀歯、セラミック歯の特徴とは?比較してみました。

虫歯の治療をするとき、「削ってかぶせ物をしましょう」といわれることがあります。
かぶせ物とは、皆様もよくご存じの銀歯のほかに、金歯やセラミックがあるのです。
そこで今回は、この3つのかぶせ物の特徴やそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。
歯の治療は健康保険が適応になるものとならないものがあり、値段にも幅があるのです。
ですから、どの治療にするか迷う方も多いでしょう。
歯の治療中の方は、ぜひこの記事を読んでかぶせ物を選ぶときの参考にしてください。

  1. かぶせ物の役割とは?
  2. かぶせ物の種類とメリット・デメリットとは?
  3. かぶせ物を選ぶときのチェックポイント
  4. やはり歯磨きは大切
  5. おわりに

1.かぶせ物の役割とは?

虫歯の治療は、歯を削ります。
歯はエナメル質の下に象牙質という層があり、その下に歯髄(しずい)という神経と血管が通っている場所があるのです。
虫歯はまずエナメル質を削り象牙質、さらに歯髄(しずい)へと進んでいきます。
虫歯を治療するには、その部分をすべて削り取る必要があるのです。
そのため、治療が終わった歯は大きな穴があきます。
それをそのままにしておくと、そこに食べ物のカスなどがつまって新しい虫歯の原因になるのです。
しかも、固いエナメル質がなくなっているのですから進行も早まるでしょう。
そのため、かぶせ物をして歯を保護するのです。

2.かぶせ物の種類とメリット・デメリットとは?

では、かぶせ物にはどのような種類があるのでしょうか?
この項では、かぶせ物の特徴やメリット・デメリットをご紹介します。
比較してみれば、選択の参考になるでしょう。

2-1.銀歯

かぶせ物で最もポピュラーなものです。
銀を主成分として、このほかにパラジウム、銅、金などが含まれています。
銀歯は健康保険が適応されるため、治療費がそれほどかかりません。
また、歯科医も患者が何もいわなければ、銀歯を使うところも多いでしょう。
特に、奥歯など見えにくいところは銀歯でもかまわない、という意見もあります。
しかし、銀歯は収縮率が高いので、かぶせ物を作成しているうちに縮むのです。
そのため、型を取っても歯にぴったりと合わないことも多いでしょう。
さらに、金属アレルギーを発症する可能性もあります。
元々金属アレルギーを持っている方は、銀歯の使用はやめた方がよいでしょう。
さらに、耐久年数が短く数年で交換が必要になります。

2-2.金歯

金を主成分にしたかぶせ物です。
といっても金の含有率は75%程度で、銀や銅、パラジウムなども含まれています。
つまり、銀歯と材料は同じですが金の含有率が大幅に高くなったものなのです。
金は非常に安定した物質であり、金属アレルギーも発症しにくいといわれています。
さらに、収縮率が低いので銀歯よりも歯にぴったりとフィットするでしょう。
また、耐久年数も長く銀歯の数倍は持ちます。
デメリットは、健康保険が適用されないこと。
金歯の値段は各歯科医院によって違いますが、おおよそ4万円~8万円が相場です。
また、金歯は銀歯よりも目立ちます。
そのため人目を引きやすく、見栄えが悪いと感じる方もいるでしょう。

2-3.セラミック

セラミックは陶器の一種で非常に固いのが特徴です。
このセラミックのかぶせ物を選択する方が最近では増えてきています。
セラミックのかぶせ物の最大のメリットは、目立たないことです。
金歯は金色、銀歯は銀色ですから白い歯に装着すれば当然目立ちます。
しかし、セラミックは歯の色とほとんど変わりません。
ですから、どこにかぶせ物をしたかも分からなくすることもできます。
また、セラミックは陶器なので金属アレルギーの方も安心です。
デメリットは、金歯と同じく健康保険が適用されないこと。
自費になりますので、やはり4万円~8万円の治療費がかかります。
さらに、セラミックは金属よりも粘りがありません。
ですから、歯ぎしりなどをすると割れる可能性があるのです。
そのため、奥歯にセラミックのかぶせ物をするとすぐに交換が必要になることもあるでしょう。

3.かぶせ物を選ぶときのチェックポイント

この項では、かぶせ物を選ぶときの目安をご紹介します。
自分の歯の性質やライフスタイルに合わせることも大切です。

3-1.審美性から選ぶ

銀歯や金歯はどうしても目立ちます。
30年ほど前まで、日本では歯の審美はあまり気にされませんでした。
ですから、年配の方の中には前歯など目立つ場所に銀歯や金歯を入れている方も珍しくありません。
しかし、今では歯並びだけでなく歯の色も気にする方も多いのです。
ですから、審美性からかぶせ物を選ぶ人も多いでしょう。
審美性が最も高いのはセラミックです。
前歯などのかぶせ物には最適でしょう。

3-2.耐久性から選ぶ

かぶせ物を取りのぞいたら中が虫歯になっていた、というケースは珍しくありません。
これは、かぶせ物と歯の間に隙間ができてしまったため、そこから食べかすと虫歯菌は入ってしまったことが原因です。
前述したように、銀歯は安いですが前述したように伸縮率が高く、腕のよい歯科医でも歯にぴったりとかぶせるのは難しいことも少なくありません。
さらに、使っているうちにかぶせ物ががたついてくることもあるでしょう。
その点、金歯は最初から歯にぴったりとかぶせられるので、内部が虫歯になってしまったということも少ないのです。
銀歯を何回も作り直しているという方は、金歯やセラミックへの交換を検討してみましょう。

3-3.健康面から選ぶ

口の中は体内です。
ですから、銀歯や金歯を入れるということは体内に異物を入れるのと同じことになります。
そのため、銀歯を入れた結果金属アレルギーを発症してしまったというケースもあるのです。
また、銀歯に含まれている成分の中には、金属アレルギーを発症させやすいものもあります。
ですから、健康を考えてかぶせ物を選ぶならば、セラミックが一番でしょう。
ただし、歯ぎしりをするくせがある方にセラミックはお勧めできません。
歯ぎしりをすると奥歯に100キロ以上の負荷がかかります。
すると、粘度が低いセラミックは負荷に耐えきれず欠けてしまうでしょう。
ですから、奥歯を金歯に前歯をセラミックにと使い分けるとよいですね。
金歯は銀歯よりも安定していますから、金属アレルギーを起こす確率も低いでしょう。

4.やはり歯磨きは大切

しかし、最もよいのはかぶせ物をしないことです。
虫歯もごく初期ならばエナメル質の表面をわずかに削るだけで治療は完了します。
ですから、歯磨きをしっかりするだけでなく、定期的に歯医者に通って歯の点検をしてもらいましょう。
歯医者が苦手という方は少なくありません。
しかし、点検だけならば数分で終わりますし、痛い思いをすることもないのです。
ぜひかかりつけの歯医者を作っておきましょう。

5.おわりに

いかがでしたか?
今回は金歯、銀歯、セラミックの特徴やメリット・デメリットを比較してみました。
なお、金歯は財産になるからお勧め、という意見もあります。
確かに、金歯には75%の金が含まれているので、貴金属に分類されるでしょう。
しかし、金歯を買い取ってくれるところは限られています。
金はここ10年間で値上がりを続けていますが、だからといって金歯1本くらいなら、驚くほど高値で買い取られることはありません。
ですから、売れるからという理由で金歯にするのはやめましょう。
さらに、今まで銀歯や金歯にしていたけれど、かぶせ物を交換したいという場合は歯科医院で相談してみてください。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供