喫煙が歯に与える影響は?汚れがつくだけではないの?

タバコの吸い過ぎは健康に悪い、ということは広く知られています。特に、肺ガンははじめとする悪性腫瘍(しゅよう)の発症リスクが高まることは有名でしょう。しかし、喫煙は歯にも悪影響を与えるのです。

そこで今回は、具体的に喫煙が歯にもたらす影響についてご紹介します。口の中は、タバコの煙が最初に入ってくるところです。ですから、タバコを吸う量によっては肺よりも口の中に悪影響が強く出すこともあるでしょう。

また、タバコを吸わない人でも家族に喫煙者がいれば影響を受けることもあります。タバコをやめる決心をつけたいという方もぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 喫煙者の歯が汚い理由はタバコのせい?
  2. 汚れ以外の悪影響は?
  3. 受動喫煙の方も要注意禁煙を成功させるには?

1.喫煙者の歯が汚い理由はタバコのせい?

喫煙者の歯は汚れやすい、という話を聞いたことがある方もいるでしょう。タバコを吸うと、タール(ヤニ)というネバネバとした黒っぽい汚れが煙に混じって発生するのです。喫煙ルームなど、タバコをたくさん吸う部屋の壁紙は黄ばんでいますね。これがタールの影響です。歯や歯ぐきも同じように汚れがつきます。タバコを吸うと真っ先に口の中へ煙が入り、歯や歯ぐきにタールがつくのです。ですから、喫煙期間が長い人や1日に何本もタバコを吸う人ほど、歯や歯ぐきが汚れています。

また、自分ではタバコを吸わないけれど喫煙者が身近にいるという場合も、歯や歯ぐきにタールがつくこともあるのです。喫煙者ほどひどくはありませんが、喫煙者と一緒にいる時間が長いほど、汚れはつきやすくなるでしょう。タバコのタールは粘り気があるので、歯磨き程度では中々落ちません。

2.汚れ以外の悪影響は?

しかし、タバコが歯に与える悪影響はこれだけではありません。この項では、汚れ以外の悪影響を具体的にご紹介します。

2-1.タバコを吸うと血流が悪くなる

タバコの中に入っている成分の中には、血管を収縮させて血流を悪くさせるものがあります。喫煙をすると手足が冷たくなる、という方もいるでしょう。それは、気のせいではありません。血流が悪くなれば手足の先の方へ血液が行きにくくなり、体温が下がってしまうのです。

歯には血液が通っていませんが、それを支える歯肉には血液が通っています。タバコの煙が直接当たる歯肉は、ほかの部分より血流が悪くなりやすいでしょう。そうなると、老廃物の交換がうまくいかず歯肉炎を発症しやすくなるのです。

2-2.口の中の感覚が鈍くなるデメリット

血流が悪くなるデメリットは、それだけではありません。感覚が鈍くなり痛みを感じにくくなるのです。通常、歯肉炎になると歯ぐきが赤くはれて歯を磨くと血が出ます。

また、痛みを感じることもあるでしょう。そうなると、「歯医者に行かなければ」と思うはず。しかし、喫煙者の場合は血流が鈍くなっていますから、痛みも出血も少ないのです。ですから、歯肉炎がかなり進み歯周病になっても気がつかないケースがあります。当然、治療も大変になるでしょう。

2-3.喫煙者は治療の効果が出にくい

喫煙者が歯肉炎や歯周病になっても気づきにくいと前述しましたが、治療の効果も出にくいのです。タバコに含まれているニコチンは細胞の増殖やコラーゲンの生産を低下させます。ですから、傷や病気が治りにくくなるのですね。これは歯に限ったことではありません。病気の治療を受けるときに喫煙の有無を聞かれ禁煙を勧められるのは、その方が治りは早くなるからです。

また、喫煙をしていると歯垢がたまりやすいというデメリットもあります。歯周病の治療は、進行具合によっては長期間にわたることも珍しくありません。治療が進まないと歯が抜けていってしまう可能性も高いです。

2-4.インプラントやブリッジが行えなくなる

インプラントとは、歯ぐきにねじを入れて人口の歯をかぶせる治療です。より自然の歯に近い義歯として、人気が高まっています。しかし、歯周病にかかっているとインプラント治療は受けられません。インプラント治療を受けるには、歯ぐきやあごの骨が健康であることが大切なのです。ですから、喫煙をして歯ぐきが弱っているとインプラントや歯と歯の間に人口の歯を渡すブリッジ治療なども難しくなるでしょう。

その結果、若くして総入れ歯になる方も珍しくありません。入れ歯になると、食事が楽しめなくなることも珍しくないでしょう。そうなると、残りの人生がずいぶん寂しいものになるかもしれません。

3.受動喫煙の方も要注意

喫煙者でなくてもタバコの煙を吸うだけで歯ぐきに汚れがつく、と前述しました。これ以外にも、受動喫煙の期間が長いほど喫煙者と同じように歯周病を発症するリスクが高まります。今は、喫煙できる場所がどんどん少なくなっていますが、家の中では自由に喫煙ができるのです。タバコは嗜好(しこう)品ですから、むりやりやめさせるわけにはいきません。喫煙者にもタバコを楽しむ権利があります。しかし、家族に子どもがいた場合は、影響が早く現れやすいでしょう。

ですから、タバコを吸う場所を決めてもらったり空気清浄機を導入したりするなどして、対策を立てましょう。

4.禁煙を成功させるには?

さて、どうですか? ここまでの記事を読んでいただければ、タバコがどれだけ歯に悪影響を与えるか、お分かりいただけたと思います。

特に、40代以降は非喫煙者でも歯周病のリスクがアップするのです。ですから、喫煙者は自分の健康のことをもう一度考えてみましょう。中には、「何度も禁煙にチャレンジしたけれど、うまくいかなかった」という方もいると思います。

タバコに含まれているニコチンは、強い依存性があるのです。朝起きたときにタバコを吸いたくなるのは、寝ている間にニコチンがきれてしまったため。ですから、タバコを長期間吸ってきた人ほど、禁煙は難しくなります。努力や根性ではどうにもならないでしょう。

そんな場合は、禁煙外来を受診するのがお勧めです。禁煙外来を受診すると、「ニコチンパッチ」というはり薬をもらえます。これは、ニコチンを皮膚から吸収できるもので、これを使えばタバコを吸わなくてもイライラすることはありません。医師の指導の元、ニコチンパッチの量を減らしていくことで、禁煙ができます。

また、口寂しさを感じる方は自分で克服しましょう。あめやガムなどを使えば口も歯も動きますから、口寂しさを感じにくくなります。

おわりに

今回は、タバコが歯や歯ぐきに与える悪影響についてご紹介しました。すでに長期間喫煙してきたという方は、ぜひ定期的に歯医者を受診してください。歯周病や歯肉炎になっても、気づかずに過ごしている可能性があります。

禁煙には時間がかかりますから、歯医者で歯の様子を見ながら行うと歯の疾患も防げます。今は、若い女性が「タバコを吸うと食欲が落ちてダイエットになる」という理由で、喫煙を開始することがあるそうです。しかし、食欲が落ちる代わりに歯が汚くボロボロになってしまったら、美しくなるどころではありません。タバコは一度数週間がついてしまうとやめるのが大変です。喫煙をするかどうか迷っている方は、この記事を読み直してよく考えてみてください。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供