歯のぐらぐらは危険信号!原因を知って予防対策強化へ

危険8020運動をご存じですか? 80歳まで自分の歯を20本維持しようという啓発活動。歯科医院では、患者の口腔(こうくう)環境をきれいにする意識向上に向け、8020運動の呼びかけを行っています。
自分の歯を残せるのは、見栄えの良さだけに着目しているわけでありません。自分の歯でしっかり噛(か)める喜びを、患者さん自身で感じ取ってもらいたいからです。
若いころは、歯が抜け落ちてしまう心配などなかったでしょう。しかし、加齢・生活習慣・ケア不足などの悪条件が重なると、自分の歯を維持できなくなります。
若い方でも、歯がぐらつくなどの症状を引き起こすことも。
歯がぐらぐらする原因や対処法などをご紹介しましょう。

  1. 歯がぐらつく原因
  2. ぐらつきを放置したことによる影響
  3. 歯がぐらついたときの対処法
  4. まとめ
マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供