八重歯は抜歯したほうがいい?そのままにしておくと口臭の原因になるって本当?

「八重歯がチャームポイント」と言われている芸能人はたくさんいます。実際に、笑うと見える八重歯がアクセントになり、かわいらしいイメージがあるでしょう。しかし、最近になって八重歯を矯正する芸能人も増えています。八重歯をコンプレックスに感じている人も多いのではないでしょうか。

見た目の問題だけではありません。実は、八重歯があることにはさまざまなデメリットも。

「八重歯を抜歯すべきか迷っている」「八重歯を抜歯するメリットを知りたい」「そのままにしておくとどうなるのか?」そんな人たちのために、八重歯を抜歯するメリットとデメリット、そのままにしておくことの問題点などをまとめてみたいと思います。

  1. 八重歯を抜歯するメリットとデメリット
  2. 八重歯をそのままにしておくとどうなる?
  3. 抜歯以外の選択肢は?

1.八重歯を抜歯するメリットとデメリット

八重歯を抜歯するメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。抜歯すべきか迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

1-1.八重歯の役割は?

まずは、八重歯の役割についてご説明します。多くの人が、とがった犬歯が前に出ている状態のことを八重歯だと思っているでしょう。しかし、そうではありません。

正確に言うと八重歯は「生えている位置に異常がある歯」のこと。生えている位置に異常があれば、どの歯でも八重歯と呼ぶのです。犬歯が八重歯になってしまう主な原因は、歯が生えるスペースに関係しています。

乳歯から永久歯に生え変わる際に、十分なスペースがなかった場合、ズレた位置に生えて八重歯になってしまうのです。

特に、犬歯はほかの歯と比べて永久歯が生えてくるタイミングが遅く、高い確率で八重歯になってしまいます。また、もともとアゴの骨が小さい人は歯が生えるスペースが狭いため、八重歯になりやすいとも言われているのです。

1-2.八重歯を抜歯するメリット

では、八重歯を抜歯するかそのままにしておくか、どうすべきなのでしょうか。八重歯を抜歯する大きなメリットは、歯みがきがしやすくなるという点です。八重歯があると言うことは、歯並びが悪いことを意味します。

当然歯みがきがしにくくなり、虫歯や歯周病を引き起こしやすくなるでしょう。八重歯を抜歯することで歯並びがよくなるため、そういったトラブルの可能性を低くすることができるのです。

また、八重歯があると犬歯が前に出ている分、口が閉じにくくなります。口を開けている時間が長くなるため、口腔(こうくう)内に細菌が繁殖しやすくなるのです。八重歯を抜歯すればそういった問題も解決できるでしょう。

1-3.八重歯を抜歯するデメリット

八重歯を抜歯することにはデメリットもあります。歯には1本1本にそれぞれ役割があり、犬歯はどの歯より長くて太い根を持っているのです。その犬歯を抜歯することで以下のような弊害が生じる場合もあるでしょう。

  • 歯並びのバランスが悪くなる
  • 口元のふくらみが減り、容貌が変化してしまう
  • 丈夫な歯を失うことになる
  • ほかの歯と歯との間にすき間ができて矯正が必要になる
八重歯は、かみ合わせに悪影響を与え、歯周病や虫歯になりやすくなるんですね。
はい。八重歯はコンプレックスになることもあるため、早めの治療が大切です。

2.八重歯をそのままにしておくとどうなる?

では、八重歯を治療せずにそのままにしておくと、何か問題が生じるのでしょうか。

2-1.口内炎ができやすい

八重歯があると食事中に唇や舌を噛みやすくなります。また、転倒した際などに口の中にケガをしてしまう可能性も高まるでしょう。そういった理由から、口内炎ができやすくなります。「すぐ口内炎ができる」という人で、原因が八重歯にあったというケースは少なくないのです。

2-2.知覚過敏の原因に

犬歯には、ほかの歯にかかる負担を軽減する大切な役割があります。犬歯が八重歯になってしまうことで、その働きが弱まる可能性があるのです。ほかの歯にかかる負担が大きくなることで知覚過敏を引き起こす原因になるでしょう。

2-3.口臭の問題も

口臭が気になる人は、八重歯が原因になっている可能性もあります。八重歯があると歯みがきがしにくくなるため、虫歯や歯周病になりやすいのです。口臭の原因は80%以上が歯周病であると言われています。また、八重歯が原因で口を閉じにくくなることも、口臭のもとになる菌を繁殖しやすくしているでしょう。

2-4.加齢にともなう容貌の変化

若いころは「チャームポイント」と言われていた八重歯も、加齢とともにコンプレックスに変わっていく人が多くなっています。年齢を重ねるとほおの脂肪が減り、ほうれい線が目立つようになってくるでしょう。そうなると、八重歯がさらに目立つようになります。八重歯が原因でほうれい線の位置が左右不均等になる場合もあるのです。

デメリットがたくさんありますね。
はい。だからこそ早めの対処が必要です。

3.抜歯以外の選択肢は?

そのままにしておくとさまざまなデメリットがある八重歯。抜歯以外に治療の選択肢として、以下のようなものがあります。

3-1.矯正治療

ワイヤーを使って、歯並び全体を少しずつ正しい位置に戻していく治療法です。時間をかけてゆっくりと戻していくため、体への負担はほとんどありません。ただし、八重歯がおさまるスペースがない場合は、歯を削ったり抜いたりする必要が生じるでしょう。

3-2.差し歯

八重歯を抜いて人口の差し歯に換える方法もあります。矯正のように時間がかからないため「すぐに八重歯を何とかしたい」という人にはおすすめでしょう。八重歯が原因で起こるさまざまなトラブルを解消することはできます。しかし、犬歯である八重歯を抜いてしまうことでほかの歯への負担が大きくなる可能性はあるでしょう。

3-3.自分に合った治療法を見つけよう

今回は、八重歯を抜歯して治療することのメリットとデメリットをご紹介しました。矯正治療の場合も、費用が高い、矯正中はものが食べにくいというデメリットがあるように、どの治療法を選ぶべきか難しい問題です。信頼のおける歯科医を見つけ、じっくりと相談にのってもらうことが大切でしょう。そして、自分に合った治療法を見つけてください。

矯正は子どものうちにやったほうがいいんでしょうか?
大人になってからでも可能ですので、一度歯医者に相談してください。

まとめ

八重歯を抜歯するメリットについてご紹介しました。

  • 八重歯を抜歯するメリットとデメリット
  • 八重歯をそのままにしておくとどうなるのか
  • 抜歯以外の選択肢は?

「八重歯の抜歯を考えている」「抜歯のメリットやほかの治療法を知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供