虫歯とストレスは関係している? ストレスに潜んでいる虫歯の危険性

ストレスに潜んでいる虫歯の危険性
「しっかり歯磨きをしているのに虫歯になる…」と悩んでいませんか? そのような場合、ストレスによって虫歯になっている可能性があります。ストレスは私たちの体にさまざまな悪影響をおよぼすのです。

虫歯を防ぐためにも虫歯とストレスの関係、自分でできる虫歯対策、定期的に歯医者へかようメリットについて説明します。虫歯で悩んでいる人は要チェックです。

  1. 虫歯とストレスの関係
  2. 自分でできる虫歯対策
  3. 定期的に歯医者へ通うメリット

1.虫歯とストレスの関係

虫歯とストレスの関係

人によって虫歯の原因はさまざまです。ストレスも虫歯と密接に関係しています。歯磨きをしているのに虫歯ができる…と悩んでいる人はストレスに注意してください。虫歯とストレスの関係について詳しくチェックしていきましょう。

1‐1.過剰なストレスによって唾液量が少なくなる

唾液には虫歯を防ぐ効果があります。歯についている虫歯の菌を流してくれるのです。唾液の量が少なくなるほど口の中が乾燥してしまい、菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。過剰なストレスは唾液の量を減らす傾向があるのです。ストレスを感じると、交感神経が活性化します。交感神経が活性化すると唾液の量が減るので注意しなければなりません。

たとえば、緊張するとき口の中がカラカラになりますよね。過剰なストレスを受けているときも口の中がカラカラになるのです。唾液の量が少ない=虫歯の菌と戦えないため、できるだけストレスはためこまないでください。

1-2.血行障害が起こりやすくなる

過剰なストレスを感じると新陳代謝が低下します。新陳代謝の低下は体中の血行が悪化する原因のひとつです。よって、過剰なストレスは血行障害が起こりやすくなります。

なぜ血行障害が虫歯に関係しているのでしょうか。理由は「細菌と戦うメカニズムが崩れてしまうから」です。虫歯のもとになる菌が口の中に侵入したとき、白血球やリンパなどが細菌をやっつけるため働いてくれます。しかし、血行障害が起こると白血球やリンパなどの免疫細胞が弱くなってしまうのです。細菌と戦うメカニズムを失ってしまいます。

特に、もとから血行不良、冷え性を持っている人は注意しなければなりません。ストレスとうまく付き合うのはもちろん、体の冷えも改善しなければならないでしょう。

1‐3.ストレスの悪影響は虫歯だけじゃない

虫歯とストレスは密接につながっていることがわかりました。しかし、関係しているのは虫歯だけではありません。虫歯以外にもストレスの悪影響はたくさんあります。

たとえば、歯周病です。虫歯と同じく問題になっている歯周病は歯ぐきが不安定になる病気になります。歯ぐきの腫れから徐々に歯がグラグラし始め、最終的に抜け落ちてしまうのです。ストレスによる交感神経の活性化も原因はありますが、歯ぎしりによって歯に負荷がかかるケースもあります。ストレスを感じるとき、無意識に歯ぎしりをする人は要注意です。

ほかにも、口臭がひどくなる、虫歯の痛みが再発するなどのさまざまな症状が起こります。

過度なストレスが体にかかると虫歯になるリスクも高まるんですね。
はい。そのため、こまめな歯のケアが必要になります。

2.自分でできる虫歯対策

自分でできる虫歯対策

2‐1.ストレス解消できるものを見つける

ストレスによる虫歯の対策はストレス解消です。何よりストレスがかからない生活習慣を続けていかなければなりません。日ごろからストレスを感じている人はリラックスできる時間・空間をつくってください。読書をする、アロマオイルをたく、映画・音楽鑑賞をする、スポーツをするなどさまざまなリラックス方法があります。自分にとってストレス解消できるものを見つけることがポイントです。習い事や趣味を始めるのも構いません。

なかなかストレス解消できないときは、少しでも体を動かしてください。体を動かすと血液の流れも良くなるため、冷え性を改善できます。虫歯を予防して冷え性も改善する一石二鳥の方法です。

2‐2.規則正しい生活習慣を心がける

ストレスは不規則な生活が原因になっている可能性もあります。よって、生活が乱れている人は規則正しい生活習慣に改善しましょう。栄養バランスが整った食事、睡眠、適度な運動の3点セットは必要不可欠です。

特に、睡眠と食事は大きなポイントになります。新陳代謝を高めるためには栄養を食事からしっかり補給しなければなりません。

また、睡眠不足状態が続くと免疫力が低下します。虫歯の菌と戦える免疫機能が弱まってしまうため、最低でも7時間の睡眠を確保してください。虫歯を防ぐには歯磨きだけでなく、生活習慣にも目を向ける必要があります。今までどのような生活を送ってきたのか、見直し改めるチャンスです。

規則正しい生活も効果的なんですね。
はい。睡眠時間が十分に取れれば、免疫力がアップしやすくなります。

3.定期的に歯医者へ通うメリット

定期的に歯医者へ通うメリット

3‐1.歯医者で調べてもらうことが大切

歯医者=痛いというイメージから嫌がる人が多いでしょう。しかし、虫歯を防ぐには自分でできる対策だけでは限界があります。徹底的に防ぐためにも歯医者へ定期的にかよい続けなければなりません。歯科医師がしっかり歯の状態を確認して、どのような環境になっているのか把握することが大切なのです。そして、状態によって適切な処置を施すことができます。

特に、虫歯を繰り返している人は環境が悪い証拠です。口腔(こうくう)環境を改善しなければならないので、歯医者で検査を受けたほうが良いでしょう。いつまでも同じことを繰り返してしまい、大切な自分の歯を失う危険性まで出てくるのです。問題がないかどうか定期的にチェックしてもらいましょう。

3‐2.自宅と歯医者のケアで徹底的に防止する

定期的に歯医者へかようメリットは「未然に虫歯を防ぐこと」です。虫歯になったから歯医者へ行くのではなく、虫歯を予防するために歯医者へ行くのだと思っておいてください。歯医者はもちろん虫歯治療が可能です。けれども、虫歯予防に向けての治療を大切にしています。虫歯予防に力をいれている歯医者ほど安心してケアできるでしょう。

いつまでも健康的な自分の歯でい続けるには、自宅ケアと歯医者でのWケアが必要不可欠です。毎日自宅で正しい歯磨きをする、規則正しい生活習慣を送る、ストレスとうまく付き合ってください。

そして、2か月~3か月に1回と定期的に歯医者でメンテナンスをしましょう。自分とプロのWケアによって徹底的に虫歯を防ぐことができるのです。虫歯で悩み続けるよりはとても効率的な防止策になります。虫歯になってからよりも事前にメンテナンスを続けたほうが費用も節約できるのでおすすめです。

定期的に歯医者に通うことが大切なんですね。
はい。虫歯や歯周病の早期発見に繋がり、完治できる可能性も高まります。

まとめ

虫歯とストレスの関係についてのまとめ

虫歯とストレスの関係、自分でできる虫歯対策、定期的に歯医者へかようメリットについて説明しました。生活習慣が乱れている人、歯医者へ長い間行っていない人は注意しなければなりません。まずは1度歯医者へ行き、歯の状態を確認してください。

  • 過剰なストレスによって‟唾液量”が少なくなる
  • 血行障害が起こりやすくなる
  • ストレスの悪影響は虫歯だけじゃない
  • ストレス解消できるものを見つける
  • 規則正しい生活習慣を心がける
  • 歯医者で自分の状態を調べてもらうことが大切
  • 自宅ケアと歯医者でのWケアで徹底的に予防する

以上のポイントはぜひ押さえておいてください。虫歯とストレスは密接につながっています。虫歯にならないためにも、ストレスをためこまない生活習慣を送りましょう。そして、定期的に歯医者でメンテナンスを受けてくださいね。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供