歯周病から歯を守るために知っておきたい初期症状は? 自分でチェックする方法

歯の周りに炎症を起こす「歯周病」は本当に怖い病気です。歯周病を放置すれば、いずれ歯が抜け落ちてしまいます。一生自分の歯を取り戻すことができなくなるでしょう。いつまでもキレイな自分の歯でいたいですよね。最悪な状態にならないためにも、歯周病の初期症状について把握しなければなりません。

そこで、歯周病の初期症状や歯周病の症状チェック項目、注意点と対処法について説明します。歯茎からの出血が気になっている人は要チェックです。

  1. 歯周病の初期症状
  2. 歯周病の症状チェック項目
  3. 歯周病の注意点と対処法について

1.歯周病の初期症状

細菌の感染によって起こる歯周病は、歯茎が炎症する症状が主になります。歯と歯茎の境目に細菌が入り、浸食していくのです。早めに治療することが1番の対策だと言われています。そこで、歯周病の初期症状を一緒にチェックしていきましょう。

1‐1.歯茎が真っ赤に腫れる

歯周病の初期症状は自分の目で確認できます。「初期症状はなかなかわからないのでは…」と心配になる人もいますが安心してください。基本的に何もしていないのに「歯茎が真っ赤に腫れる」といった症状が歯周病の初期段階になりますよ。本来の歯茎は「ピンク色」をしているものです。しかし、歯と歯茎の間に細菌が入ると次第に歯茎が真っ赤に腫れていきます。

真っ赤に腫れるのは細菌をやっつけようと免疫細胞が戦っている証拠です。歯茎の表面から細菌が入らないように、免疫細胞が血液を集めます。そして、細菌をやっつけようとしているため歯茎が赤く腫れあがるのです。歯茎が赤く腫れたときはできるだけ刺激を与えないことが大切になります。

1‐2.歯石や垢がつきやすくなる

「歯石」や「歯垢」がつきやすくなる症状も歯周病の初期症状になります。細菌が入ると歯茎が腫れると同時に歯石がつきやすくなってしまうものです。いつもどおり歯磨きをしているのに汚れがたまり、歯が黄ばむようなら気をつけなければなりません。歯周病になっている可能性が非常に高いです。歯石や歯垢をそのまま放置すると、さらに歯周病が悪化します。

特に、歯石は歯周病を起こした菌の住みかになるのです。歯石があるほど菌が力を増すので、できるだけ歯をキレイに磨いていかなければなりませんよ。歯石を効率的に取りのぞくため、デンタルフロスを使ってみてはいかがでしょうか。定期的に歯石や歯垢がついていないかどうか歯を確認してくださいね。

1‐3.歯茎から出血する

歯磨きをしているとき出血したことはありませんか? 歯茎から出血するケースも歯周病の初期症状です。出血した部分には歯周病のもととなる菌が潜んでいます。歯周病となる菌が残っているからこそ出血が起こるのです。

また、赤く腫れている歯茎に無理やり歯ブラシを当ててしまうと出血しやすくなります。できるだけ腫れている部分は刺激を与えないほうが良いですよ。

そして、出血があまりにも続いた場合は歯医者へすぐに行かなければなりません。出血が続くほど歯茎の中で大切な骨が溶けています。いずれ歯茎から歯が抜け落ちてしまうでしょう。できるだけ早めの対処が必要です。

2.歯周病の症状チェック項目

2‐1.チェックしておきたい8つの項目

簡単に歯周病かどうかチェックできる方法があります。以下の8項目のうち、何個当てはまるかどうかチェックしてみてください。

  1. 歯と歯の間に隙間が出てきた
  2. 歯が長くなった(下に垂れてきた)
  3. 歯茎にかゆみや痛みがある
  4. 歯茎が赤く腫れている
  5. 口臭が気になる
  6. 歯磨きをするときに出血する
  7. 起床時に口の中がネバネバする
  8. 硬い食べ物がかめなくなった

以上、8つある項目のうち「3つ以上」当てはまる人は要注意です。高確率で歯周病になっています。すぐ近くの歯医者に診せ対策を立てたほうが良いでしょう。「6つ以上」当てはまる人はすでに歯周病が進行している可能性があります。さらに放置状態が続くと非常に危ないのですぐ治療を始めなければなりませんよ。

そして、もし「すべて」当てはまるのなら初期症状をとおりこして症状が進行している可能性があります。歯を抜かなければならないケースもありえるでしょう。

2‐2.歯並びに変化があるかどうか

歯周病の症状チェック項目は以上の8つ以外にもたくさんあります。1番にチェックしてほしいのは「歯並びに変化があるかどうか」です。毎日歯磨きをすると思いますが、必ず鏡で歯並びを確認してください。キレイな歯並びが少しでも乱れている、歯が1つ浮き出ている、かみ合わせがおかしくなったなどの症状が出た場合は要注意です。

歯周病になると歯茎が不安定になるため歯がぐらぐらしてしまいます。ぐらぐらすると歯並びやかみ合わせも悪くなってしまうのです。できるだけ毎日自分の歯を鏡で確認しておかしい部分がないかどうか調べてくださいね。

3.歯周病の注意点と対処法について

3‐1.歯周病が悪化する要因

歯周病になる原因はほとんどが「歯磨きの仕方」や「不規則な生活習慣」になります。あなたが毎日してる歯磨きは果たして正しいやり方でしょうか。今まで正しいとやってきた歯磨きでも実は間違っていたというケースが多いのです。正しい歯磨きの仕方は歯医者で教えてもらえます。自分がかよっている歯医者でぜひ教えてもらってください。

そして、「不規則な生活習慣」も悪化する要因です。毎日甘いものや高カロリーのものばかり食べてしまうと、口の中がネバネバしてしまいます。そとからやってくる細菌がくっつきやすくなってしまうのです。できるだけ栄養バランスのとれた食生活や十分な睡眠をとっていきましょう。ストレスや喫煙、薬の長期服用なども要因になっているので気をつけてくださいね。

3‐2.適切な対処法は?

歯周病の初期症状によって適切な対処法があります。今以上悪化しないためにも正しい対処法をしっかり確認しておきましょう。まず、歯茎が腫れたときは「正しい歯磨きの仕方」が大切になります。できるだけ刺激を与えないようにやさしく丁寧に歯磨きをしていきましょう。正しい歯磨きをすれば歯茎が引き締まり腫れも自然と治まります。歯石や歯垢がついたときも歯磨きが大きなポイントになるでしょう。

口臭が気になるようなら歯周病治療を受けつつ、マウスピースを利用するのも1つの対処法です。マウスピースは殺菌効果があるため、口臭を抑えることができますよ。自分での対処法が不安、いくら対処しても治らない場合はすぐ歯医者へ行きましょう。歯医者でハッキリと原因を突き止め、専門的な治療をしてください。適切な治療をほどこしていけば改善できますよ。

まとめ

歯周病の初期症状や症状のチェック項目、注意点と対処法について説明しました。少しでも歯や歯茎に不安を持っているのならすぐに歯医者へ行くことをおすすめします。自分の歯を守るためにも正しい処置が大切になるでしょう。

  • 歯茎が真っ赤に腫れる
  • 歯石や歯垢がつきやすくなる
  • 歯茎から出血する
  • チェックしておきたい8つの項目
  • 歯並びに変化があるかどうか
  • 歯周病が悪化する要因
  • 適切な対処法は症状によって異なる

歯周病を未然に防ぐためにも正しいやり方で歯磨きを続け、規則正しい生活習慣を維持しましょう。自分の歯磨きが正しいかどうか確認するため、歯医者で正しい歯磨きの仕方をマスターしてください。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供